2016年03月31日

精霊の守り人 2話

なんだかシュガのドジっ子属性が気になって気になって💦

トロガイの交感を無自覚に邪魔したり、挙句の果てには地下に閉じ込められたり
あの監禁エピ、確か原作には無かったよね。どうするんだろ?

トロガイも、高島礼子さんの元ネタ(ネタ?)が判らなくなるくらいの特殊メークぷりで美人女優枠なのにいいのか?と思ったけど、結構アクティブに森の中動き回るシーンがあったし、あれくらいの年代でないとキツイか。
個人的イメージは、夏木マリさんだったな。

1話では魔物にとり憑かれたと思われてたチャグムの中にいるのは、こちらの世界と重なった異世界『ナユグ』の水の精霊の卵だと判明。
その卵を狙う怪物ラルンガからも逃げなければいけないことに。

でも、チャグムを狙う父親の帝が放った刺客も迫ってました。
まっすんがバルサの居所を聞き出すために、女の子に「自分はバルサの恋人で、会いたくて会いたくて震える(とは言ってねえ)」としれっと嘘ついた時にはちょっと笑った

トロガイの家を突き止めた刺客と戦う最中、ラルンガまで現れます。
なんとかバルサたちは抜け出して、残ったまっすんの絶叫が響いたとこで以下次週。
あ〜、彼ここでリタイアなのか?
ちょっと残念。

posted by 風見零 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

スミカスミレ 最終回

見事なまでのベタ展開でしたが、あれくらいゆるいカンジのハッピーエンドが丁度いいかな。

黎が姿を消してたのは、霊力が尽きかけて屏風の封印に取り込まれそうになったから。
ただ、その後の5年間どうやってあんなセレブ生活送ってたのかは謎のまま。
スミレのピンチを救ったシーンで「霊力を5年ぶりに使った」って言ってたし、術とかじゃないよな。
やはり誰かお偉いさんを垂らしこ……ゲホゴホ💦

黎の力が完全に尽きれば、スミレは澄のまま戻れず、黎も再び屏風に封印されてしまう。
真白への想いを押し込めるスミレを黎は「70の老婆なら70らしく、厚かましく胸を張って図々しく生きろ!」と、一喝。
真白のお見合い場所へ駆け出すスミレを、複雑な表情で見送る黎。

途中で澄に戻った事に気付かず、料亭から真白と一緒に逃亡。
澄の姿で真白に「愛してます」と告白。黎と共に戻ろうとした澄を呼び止め、真白はプロポーズ。
「70歳でもかまわない」という真白に「生まれてきて、本当によかった」と涙する澄。
すると逃げ出していた猫魂が澄の身体に戻り、またスミレの姿に。
契約が成就したことで呪いが解け、スミレも黎も自由に。
「スミレ様、お幸せに」の言葉を残して黎は消えていきました。

最後はレギュラー勢揃いでスミレと真白の結婚式。
ミッチはなんだかんだと、結構霊感のある跡継ぎになりそうかな。

黎はスミレに想いを馳せながら雪白と一緒に、何故か雪山へ。何処だアレ。
ま、それぞれ最初に設定されてたカプがそのままくっついておしまいでした。
ラストのベタベタな新婚さんいらっしゃいも、ご愛敬か。

黎ってキャラは、もろにミッチー全開で楽しかったっす。
やっぱ金曜深夜とミッチーって合うな。

posted by 風見零 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 及川光博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

ワールドトリガー アニメ72話

ついにラス前です

チカの弱点を解決出来るかもと、自分の隊の作戦室に誘うユズル。
一緒に来たチカと出穂ちゃんを見てテンションの上がる光ちゃんが、弟が初めて女子を家に連れて来たお姉ちゃんの反応でした

ユズルが薦めたのは、鉛弾を使うこと。
チカのトリオン量なら、ライトニングを使えば弾速の低下を補えるかもと提案します。
そしてそれはドンピシャ★
標的に当たった鉛弾を見て、三輪くんを思い出すチカ。

ここで会議中の三輪くんがくしゃみするという、ベタな演出が入りました。
迅から「風邪か?」というこっちもベタなツッコミが。

感心する出穂に、元々は鳩原先輩が考えたんだと告げるユズル。

一方オサムとユーマは、エネドラッドからヒュースの事情を聴いてます。
アフトは四大領主制で、その一つの当主がハイレインであること。星の神を探す遠征に出たけれど、見つからなかった時の保険に、配下の家から一番トリオン量が多い人間を神にしようとしていたこと。その生贄候補が、ヒュースの主君に当たるエリン家の当主であること。家族のように育てられたヒュースが、ハイレインの企てに障害となりそうなので、神候補が見つからなかった場合は置き去りにされる予定だったこと。
なにくわぬ顔でヒュースにエネドラを嵌める計画を語ってるハイレインが、なんかものすごく腹黒そうに見えるよ💦

属国が近付いていることから、ヒュースが動くだろうと伝えて、仕事は済んだとばかりに「女サイボーグが出る映画を見せろ」とねだるエネドラッド。
捕虜生活満喫してんな

ヒュースの話を聞いて人目かもしれないと言うユーマに、オサムはまだ判らないと返します。
「まあ、ネイバーだし難しいよな」とユーマが言うと、オサムはさらっと「そこは別に問題じゃない。空閑だってネイバーだ」と、当然のように答えて。
いい奴だ、オサム。
個人ランク戦へ向かうユーマと、オサムは一旦別行動を。

原作だとこの回のラストにガロプラ勢をチラ見せするけど、今回はそこは飛ばして、惑星国家の軌道図を見つめるヒュースのシーンが先に入りました。
陽太郎がやって来て「しんぱいするな。いつかちゃんとうちにかえれる」と慰めてあげます。
こっちもいい子や……

そしてまた場面は影浦隊の訓練室へ。
アイビスで鉛弾を撃ってみたら、さすがに超低速でふよふよ漂うカンジに。
でも出穂ちゃんが触ったところ、巨大なウニみたいな鉛弾が出現。これネットで二宮くんが浮いてるコラが出回ってて笑った
ああでもないこうでもないと、いろんな手段を楽しそうに話し合う姿に『青春だな……!』とほくそ笑む光。
やっぱお姉ちゃんだわ。

そして上層部の防衛会議も終了。
風間さんに話しかけられて忍田さんが振り向くシーンがめっちゃ笑顔でした。
むしろ先週の「会議を始めよう」というシーンの方が原作だと笑顔っぽかったんだが、こっちはアニメだとキツめの表情にされてたな。

三輪くんにフレンドリーに話しかけるもスルーされる太刀川くん。
でも東さんにはいい子のご返事な三輪くんでした。
「今度また焼肉でも食いに行こう」と誘う東さんに、素直に「ありがとうございます」と頭を下げます。
それを脇で聞いてた沢村さんが「あっ、いいなー」とヨダレ垂らすセリフはカット。桑島さんを呼ぶ予算が無かったのか(爆)
このシーン、今見るとかつてのチームメイト同士の気安さがあるんだなと感じられていいね。
そしてチームに関係無い太刀川くんはスルー(大爆)

個人戦に向かうユーマは道に迷ってうろうろ。
そこに声をかけたのは、柿崎隊の柿崎隊長。
親切に案内して、辿り着いたところに現れたのは加古さん。
いきなりユーマをスカウトし、柿崎くんの度肝を抜いたとこで以下次週。

いやマジで、ほぼほぼ原作通りに進んでて全くたたむ気配無し
予告ではガロプラもいたから、これから戦闘開始だ!ってとこで終わりかな。

100倍講座では、今回本編では食事シーンの無かったヒュースがひたすら食べてました。
食べ物の中に、ぼんち揚げとコラボした時のパッケージが混ざってたのがゲーコマ。
そして『角のせいでうつ伏せにしか寝られない』という、彼の重すぎる業も明かされました。
強く生きろヒュース……


posted by 風見零 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドトリガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

今週のジャンプ 2016 17号

●ワールドトリガー

ランク戦を前に、各チーム最後のミーティング。

オサムは香取隊と柿崎隊の特徴を語ります。
今回はスナイパーがチカだけ。「頼んだぞ」と告げるオサムに、「うん!」と頷くチカ。
MAPはおそらく、狙撃の射線が通らない建物のある場所が選ばれると予想。
そこでオサムのスパイダーが活きる状況を作り出して、有利に進める作戦です。

柿崎隊は、いいアニキ的な柿崎隊長を中心に和気あいあいなムード。
『このチームは、こんなとこにいるべき部隊じゃねえんだ……!』という決意の元に、ランク戦に向かいます。

一方対照的なのが香取隊。

連敗して中位に落ち、なげやりなカンジになってる隊長のヨーコちゃん。
やる気なさ気な彼女に、若村くんはイライラ。
登場時はクールなメガネキャラかと思ったら、実力不足な自分と、実力はあるのに気分屋なヨーコをもどかしく思ってる、意外と熱い奴だったことが判明。
なんかこういうギスギス感も、青春だなあ。

転送されたのは工業地区。
合流を目指すユーマに、「勝てばいいんでしょ、勝てば」と言いつつ向かって行くヨーコちゃん。
まあ玉狛第二にやられるのは規定路線だとしても、敗北から何かを学ぶ展開来るかな。

●背すじをピン!と

プロを目指すには、パートナーとの実力差がありすぎると自覚して、引き際を見極めるリオ。
ちょっとワートリと被るな。

●ハイキュー

アニメ2期終了。
及川くん負けちゃった……まあ仕方ないけど切なかったぜ。

本誌は音駒のリベロがリタイアしてぴーんち?
でも、ストーリーのテンプレ的に大丈夫でしょう(爆)

●食戟のソーマ

アリスがツンデレだったことが、えりなにバレた回でした。

●僕のヒーローアカデミア

番外編のハブなのかマングースなのか……の娘が、やっぱりツンデレだったという。

●こち亀

うわー、あからさまな省エネあーんど販促話だ。
でもこういうの、赤塚不二夫さんも似たようなことやってたらしいね。



このままフェードアウトするかと思われてたハンター×2が、4月から再開。
さて今度は何週間保つかな?



posted by 風見零 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

今週のスーパーヒーロータイム(3/27)

ああついに来週がワートリアニメ最終回……『未来へ』っていうサブタイが切ないぜ

●ジュウオウジャー

去年は戦隊とライダーの合体スペシャルでしたが、今年はお互いの番組にお互いが顔を出すカンジのコラボでした。
タケルや大和がなんでそれぞれの世界に来られたかの描写はナシ。
もしかして、映画見たら理由判るの?

しかしタスク、あからさまに告白フラグ立てといてオチがそれか……まあ、お子様向けのニチアサ的には正しいのかもしれんが。

アムとタスクがもめてる間に、他のメンバーが出会ったのはシオマネキング。
キャストは春映画には欠かせない関智です。今年もノバショッカーの首領(いるよね?)きっと彼なんだろうな。
なんか結構1号映画評判いいみたいだし、ちょっと楽しみかも。

一旦やられたシオマネキングが巨大化した時、タケルが「どうやってあんなデカいのと戦うの!?」と焦ってましたが、確かにあれが普通の人間の反応だよなあ。
すっかり毒されてる自分を認識しましただよ。

●仮面ライダーゴースト

うーん、やっぱりアラン餌付けされてる💦

マコトを救うために、アランの力を借りればというカノンの提案に、難色を示すタケル。
そんなタケルに、オナリにとり憑いた五右衛門魂が「自分は目的のためなら鼠小僧とも共闘した」と言うんだけど……そのセリフからずーっと「いや、あんたたち時代が違うでしょ」とモヤついてたんで、タケルがちゃんと突っ込んでくれて助かりました。

その鼠小僧と誤解されてた?のはヤマアラシロイド。
最近じゃヤマアラシロイドのイメージってspiritの方が強いから、あんなお笑い系になってて違和感あったぜ。

やって来た大和というか、この場合はジュウオウイーグルさんと共闘して倒したタケルは、アランも救うことを決意。
実はアドニスパパも生きてたし、アリアお姉ちゃんもイーディスも腹に一物ありそうだし、ゴタゴタは続きそう。

映画的には1号もちらっと出ました。
でも声は藤岡さんじゃなく、ガワ担当の稲田さん。
去年はミッチー本人出たし、サービスは3号の方が良かったかな。

posted by 風見零 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

吾が手に引き金を 6 スペース案内

3月27日 インテックス大阪 Q347b DRAGON BOY 

ワートリオンリー『吾が手に引き金を6』に参加します。
冬コミの新刊だった「Water Mark」は大阪初売り。
行かれる方はよろしくお願いします。

taihuku.gif



posted by 風見零 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

僕だけがいない街 最終回

実写映画も公開されたマンガのアニメが最終回でした。

やっぱりミッチーが演じてるキャラが○○だったよ。
うん、最初からそんな気はしてた……ていうか、ミッチーがキャストされた時点でもうね。

ただ、映画がアニメ(原作?)通りだったら、なんかこの作品って主人公の悟と八代の、誰にも理解してもらえないラブストーリーといえるんじゃないかって気がした(爆)
悟がいなかった15年の間、八代は悟のことだけを考えて、彼のためだけに生きて来たんじゃないかと。
彼を喪ったと思った時、自分が生きる意味も失って後を追おうとしたんだよね。なんかもう、どんだけ熱烈なんだという。
タイトルから、ちょっとイヤンなバッドエンドも覚悟してたんで、ハッピーエンドで良かったです。
あれ、八代的にも実はハッピーエンドっていえるんじゃないかな。

あーやっぱ映画見たくなったかも。

ただ、あのストーリーを2時間ほどの映画でどこまで再現出来てるかは、ちょっと心配。

そしてラストが2010年の設定になってて、バンクーバーオリンピックが開催されてる的なニュースがちらっと流れました。
デースケが、日本男子初のメダリストになったオリンピックですだ。
懐かしいな。

posted by 風見零 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

聖闘士星矢 THE LOSTCANVAS 12話

テンマとサーシャの前に、ハーデスとなったアローンが現れ、ロストキャンバスを使って地上の生命をすべて消滅させると宣言。

凹むテンマは童虎に励まされ、復活。
そんなテンマを暗殺すべく、パンドラが刺客を放ちました。

アルデバランがテンマに稽古をつけてる最中に、刺客のスペクターが襲来。
テンマたちは眠らされたけど、自ら鼓膜を破って睡眠音波から逃れたアルデバランがスペクターと対峙。
テンマのために、死してなお最後の技を放って刺客を倒すアルデバラン。
弁慶の立ち往生ですな。

もう一匹侵入してた雑魚が、そんなアルデバランの遺体を辱めようとしたとこに現れたのは輝火。
借りを返すと、その雑魚をぶっとばしました。ツンデレさんめ。

目覚めて誤解し、突っかかるテンマに一言。

「惰弱な!」

ああ、懐かしい……惰弱って言葉覚えたのは一輝お兄ちゃんのセリフからだったな。
そんなこんなでアルデバランアディオス。
杉田さん、お疲れさまでした。

タグ:聖闘士星矢
posted by 風見零 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

精霊の守り人 1話

上橋菜穂子の長編ファンタジー小説がドラマ化。
NHKが3年かけて、全22話で12巻分のストーリーをやるらしい。

原作も一応全部読んでます。
主人公の女用心棒バルサは綾瀬はるか。うーん、イメージとしては線が細すぎるような気がする。
でも、女座頭市やったり新島八重やったりしてるから、運動神経はいいのかもね。

無双キャラのバルサが、いきなり捕まっちゃったとこから始まるのには驚いた。
あと、二ノ妃がおいろけキャラだったり、クールなイメージのシュガが割と感情豊かだったり、帝がなんというか……新世界の神的なカンジだったり(爆)と、王宮サイドは結構イメージ違いましたね
帝は今なら、城戸司令をもうちょっと若くした雰囲気かも。

バルササイドは、東出昌大がタンダにしてはイケメン過ぎるくらいで、割と違和感無かったかも。
バルサの養父・ジグロの吉川晃司はカッチョよかった

バルサとチャグムを追う王の狩人の一人で、松田悟志くんも出演してます。
久々に見たなあ。

放送90周年記念の大河ファンタジーってことで、力を入れてるのは感じました。
ただやっぱ、CGとかは微妙に浮いてるかも💧ファンタジーだから、そのあたりは頑張って欲しいな。
全話やるなら、今は子役のチャグム皇子も成長していくんだよね。
そこらへんのキャストも期待してます。

posted by 風見零 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

スミカスミレ 7話

黎が姿を消して5年。

なんとか社会人をやってるスミレは、それでも夢に黎が出てくるくらいまだ気にしてました。

そんな時、無理やり誘われた合コンで真白と再会(ついでに進ノ介とも)
またなんとなくいいカンジになりかけた時、でかいビルの前で車から降りる黎を真白が目撃。
この時に映る5年ぶりの黎は、黒いスーツ姿に髪形は若干オールバック気味で、ちょっと『漂流街』のコウっぽい。
そういやあのキャラは「何百年も生きて来た妖怪みたいに演じて」って、三池監督から言われたそうな。
黎も確かに何百年も生きて来た化け猫だしね。

後日スミレは真白と一緒に会いに行くも、黎の態度はけんもほろろ。
真白に至っては、自分たちとは関係ないとまで言われちゃう。
この時の黎、なんと携帯使ってビジネスっぽい会話してましたが、何やってんだマジで。

ラストシーンでは「もう時間が無い……私にも、スミレさまにも」と意味深な呟きを。
全てを知りつつ、真白がスミレにプロポーズしたとこで以下次週。
来週が最終回だけど、どうなるんだ?真白とめでたしめでたしなら、あんまりにもフツーだしなあ。


ここっからはミッチー話。
4月から始まるツアーに合わせてニューアルバムが発売されるんで、最近宣伝のためバラエティに出まくってます。
『火曜サプライズ』でウエンツと地元の成城めぐりをしてる時、長年芸能界にいるとないことないこと週刊誌に書かれると話してました。
その時「水谷さんとの不仲説書かれた時は、二人で顔合わせて笑ったよ〜」とコメント。ウエンツも食いついてたな。
シーズン15で米沢さん(多分)いなくなるし、神戸くんちらっと顔出してもいいんですよ?

posted by 風見零 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 及川光博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

ワールドトリガー アニメ71話

連載開始以来初めて、忍田さんと太刀川くんが同一空間にいる会議が始まりました
向かい合って座ってるんだよ〜ふふふ

「こないだの連中の手下ってことか」
「あくまでまだ予測の段階ではあるが」

会話もしたよ〜

それはともかく。
アフトの属国二つの内、どちらかが攻めてくる可能性が高いけど、迅の予知では人材狙いではないっぽい。
「人材以外ってなに?」と聞く冬島隊長に、さらっと「捕虜の奪還、もしくは処分」と答える風間さんがクール。
流石は隠密部隊。

そこで城戸司令から、今回は対外秘で作戦を行うという指示が。
大規模侵攻+アニメだとエルガテス騒動もあるんで、出来るだけ内密に済ませたいとのこと。
まあね、あれだけ騒ぎになってちゃね。
少数精鋭でいくなら、天羽くんの力を借りた方がいいと東さんが提案します。
彼の黒トリは隠密作戦に向いてないといぶかる冬島&太刀川くんに、SEを借りるんだと答える東さん。
ここで「ああ〜」と、置鮎&浪川の返事が重なります。イケボのツイン攻撃だぜ

一方玉狛では、迅をスカウトしたオサムの行動にコナミが呆れてました。
レイジも発想は間違ってないが、やることが急だなと不思議がります。
この二人は、ユーマの寿命のことは知らないっぽい?
迅より適任がいると言われたというオサムに、やはり見当のつかないコナミとレイジ。
そこで陽太郎が一言。

「ヒュースのことだろ」

そして注目を集めたヒュースは、カツ丼を食べてました(爆)
ハシの持ち方が、若干上達してるな。それでもアレだけど。
そこで迅との賭けの話が。
ヒュースは、迅が勝ったら玉狛に入れと言うつもりだったんだろうと推測してました。
結局まだ、賭けで得た権利は保留してるヒュース。これが先週の展開につながるんだよなあ……そこまでアニメ見たかったよ

そこへ、チカとユーマが本部へ行くと現れ、オサムは一緒に行くことに。
そのあと、食事を終えたヒュースとコナミが「ごちそうさま」を言う言わないでもめる一幕のアニオリが追加。
コナミの命令には従わないのに、陽太郎に言われるとちゃんと「ごちそうさま」するヒュースがカワイイ
それを満足げに見て頷くコナミもかわいいな。

場面変わって、本部で雷蔵を映画のDVDを見ているエネドラッドのオリジナルシーンも。
○ッキーシリーズを堪能している模様。こっちは『ラッキー』になってたが(爆)

チカはスナイパーの合同訓練。
当真が自分ルールで上位者をスナイプした後、訓練を勝手に終了しちゃうシーンとか、終わった後に被弾痕をからかい合うスナイパーたちとかの日常シーンも、上手く入れ込まれてました。
あそこ原作だと見開きの2ページで、当麻が自分の選んだ相手だけヘッドスナイプしたこと、奈良坂くんだけがその狙撃を肩で受けてること、実は出番のまだない実力者のスナイパーが一人いることなんかが、詳しく読み込むと判るようになってるんだよね。
ホントに情報量の多いマンガだわ。データブック明後日増刷予定なので、買えなかった人は頑張ってゲットしましょう。

訓練後年少組で雑談する中、チカの悩みを聞いてたユズルは鳩原パイセンを思い出して、チカに助力を申し出ます。
鳩原ちゃんの声、オサム姉でした。

一方ユーマとオサムは、エネドラッドのところへ。
オサムが付いてきたことに文句言いつつ会わせてくれるたぬきさんは、やっぱりいい人
相変わらず態度の悪いエネドラッドを懐柔するために雷蔵が選んだ手段は、『女サイボーグの出るやつ見せてやるから』という耳打ち。
これはやっぱあれだな、ターミネーター3だな。
エネドラッドは、ハイレインのやり方から判断して属国をけしかけてくるであろうこと、国が「神選び」でごたついてることを暴露。
さらに「ヒュースには知られねー方がいいぜ」とも忠告。
けどオサムはをの話に食いつきました。エネドラッドが語るヒュースの事情とは……で、以下次週。

予告見る限り、フツーに原作通り展開してってるね。
最終回は再来週らしいけど、このままいくと「少しだけ、次の試合にワクワクしてるかもしれない……」までかな。
ガロプラの皆さんも、出た瞬間に終わっちゃうけど(爆)出来ればちゃんと顔見せして喋って欲しいです。

あと2話か……

posted by 風見零 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドトリガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

今週のスーパーヒーロータイム(3/20)

たまたまチャンネル代えてて目にした深夜番組で、欅坂46(だっけ?)の女の子たちが、二次元カレシみたいなのを紹介するってのをやってました。
FREEの真琴や、ハガレンのハボックなんかに混じって、ゴセイナイトを挙げてた子がいたっす。
「ナイト様は、何があっても膝をつかないんですよねっそれで最初は『私のターンだ』って一人で戦うんだけど、心を開いてきたら『私たちのターンだ』に、言い方が変わって〜」とキラキラと語ってました。
うーん、そういう目線でナイトを見てた人もいるのか。

●ジュウオウジャー

ジューマンパワーは、一度貰うと返せないらしい。
このあたりはスミカスミレの黎とは違うな。

ラリーから力をもらったせいで、彼の寿命を縮めたことを知る大和。
自分に力をくれた鳥男ももしかしたら……そう考えて落ち込んじゃいました。
うーん、そのうち鳥男の人間形態として村上くん出てくんないかなと思ったけど、この設定だとヤバそうだ。

それでも、ラリーが「自分は人間を信じる心をもらった。素敵なプレゼント交換だ」と言ってくれたことで立ち直ります。

ただ今回イーグルは全く出番なくて、ずーっとゴリラだったんだよね、いいのか💦

ラリーは人間観察のフィールドワークに出発。たぶんまた出番あるよね。

●仮面ライダーゴースト

アランがなんか、陽太郎に餌付けされたヒュースと被って見えたよ

人間の肉体に戻された?アランを気遣うマコト。
逆にタケルは、眼魔の世界で目にした光景にすっかり怯え、眼魂を使ってこちらの世界との繋がりを絶てないかと思うように。
そんなタケルを見限る眼魂たち。

復活したゲキチョッパ―の攻撃を受けるアランを、一生懸命マコトは庇うけど力尽きて……

って、あの姿は眼魂だったんか。まあ、身体そのものはカプセルの中だしね。

それを目の当たりにして、想いは繋がると信じる心を取り戻すタケル。
先週持ち逃げした(爆)デカい眼魂に10人分の眼魂が宿って強化フォームに。
この時の関智一人芝居はちょっと笑えた

しかしグレイトフル魂って……うーん、あの手の全部乗せタイプのゴテゴテデザインはいまいちシュミじゃないんだよな
フォルムだけだと、クウガのアルティメットとかアギトっぽいんでなおさら。
まあ、今さらバンダイの商法に文句言っても仕方ないけど。


で、来週は去年もやった春映画合わせの戦隊&ライダーコラボです。
さて、1号の出来はどうかな?

posted by 風見零 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

今週のジャンプ 2016 16号

●ワールドトリガー

一旦ガロプラは撤退。

「地上部隊には、もうしばらく警戒区域に残ってもらう」の忍田さんがステキでした

ただ、ガロプラはまだ一か月ほど接触軌道上にいるらしい。
なるほど、今回ボーダー側のほぼ完勝だったのは、まだ第一ラウンドだったからか。
今後の動きについて冬島隊長が「ま、その辺も迅が予知してくれるでしょうよ」と言ってるけど、あまりにも迅の予知頼りってどうなの?
もしかしてここから、迅の予知が逆に危機を招く展開とかあったりして。

とりあえず戦闘が終了し、ほのぼのなボーダーメンバーの一コマが。
ぶよぶよを足に付けられてつるつる滑るよねやんを、弧月ごと振り回して遊ぶ犬飼くんに草w
かつて同じチームだった二宮くんが、三輪くんに風刃を使った迅との共闘について聞いたりしてます。彼、三輪くんの事「秀次」って呼ぶのね。ちょっと萌えた

一方まるきりお通夜モードのガロプラ勢。
特にレギーはどんよりどんんまい★

何故自分たちの動きや情報が漏れたのか不思議がるラタ。
ヒュースからではないと判断します。このあたりで迅のSEが気付かれるとかかな。
そしてしこたま硬かったバシリッサがなんで折られたかという分析も。
太刀川くんが付けた傷の場所に、コナミが寸分たがわず二打目を撃ちこんだことが原因らしい。
メンバーの腕や、ベイルアウト前提で味方ごと斬り捨てる戦法に、ボーダーを侮れないと判断したガトリン隊長。
次の手を考えなけりゃなんないけど、とにかく今は休むことに。
なんかこのシーン、下請けの中小企業社長の悲哀的なものが滲んでたなあ。
ガンバレ。

そしてしばらく全く出番の無かった主人公チームが、やっと登場。
ランク戦に移ります。
玉狛第二の相手は、香取隊と柿崎隊。
解説のとっきーの口から、柿崎隊長が初期嵐山隊のメンバーだったことが語られました。
つまり柿崎out、キトラinってことか。
とっきーはオサムの新技を匂わせる発言も。

見学の迅やヒュースも間に合って、いよいよ試合開始で以下次週。
オサムとチカの成長が見られるね、きっと。

●暗殺教室

最終回。

残りの生徒のその後が描かれ、最終的には教育実習の教壇に立つ渚でおしまい。
しかし6年経ってもヴィジュアルが髪の長さ以外一切変わらないって……割といいとこの学校行ってるはずの渚の実習先が、あんな荒れまくった学校なのも割と謎。

あと先週、駅のホームで繋いでた手をそっと放す描写があった、あの二人は誰なんだという謎も未解決
ネウロが興味を持つタイプの謎ではなさそうだが(爆)

ともあれお疲れさまでした。

●左門くんはサモナー

おおっと、なんかバトルマンガっぽくなったぞ。
流石はジャンプ。

●背すじをピン!と

「恐ろしい子……!」「それずっとやりたかったんでしょ」
ワロタw

●食戟のソーマ

ほうれん草のクレープと鮭かあ、うーん、マジで美味そうだ

●ハイキュー

なるほど、リエーフが前の試合いまいちだったのは、ここで無双が来る前フリだったんすね。

※今週、ヒロアカとブラクロがどっちも「味方の中に裏切り者が!?」という展開になっててちょっと笑った。

posted by 風見零 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドトリガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

聖闘士星矢 セインティア翔 7巻

160318_1916~01.jpg櫻井声のミロが活躍する、聖闘士星矢のスピンオフコミックの7巻が出ました。

この巻にはムウが登場。
主人公にキツいこと言いつつ、聖衣を修復してあげたり手を貸したりと、結構ツンデレ?


でも今巻の個人的萌えポイントは、ミロとアイオリアの共闘♪
ミロカミュメインだったけど、実はミロアイ萌えもあったのだ(≧ω≦)


サガのギャラクシアンエクスプロージョン食らって吹っ飛んだアイオリアを支えたミロが、瓦礫の向こうから立ち上がるシーンはときめきますた(*^_^*)

そして甦ったサガとのバトルに、氷河との闘いを回想するミロにもちょい萌え。
1週間だけの師匠コンビだったなあの二人。



それにしても、星矢って今年30周年なんだ……ぐはあ★
posted by 風見零 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

相棒 シーズン14 最終回

え……もしかして米沢さんOUT?


えええええええええええええ〜



冠城くんが残るのは判ってたから、そっちは全く気にしてなかったけど、意外なとこで衝撃の展開に。
今となっては公式の相棒よりも『真の相棒』なのに米沢さん💧
暇課長にも「俺には米沢の代わりは無理だ」って言われてたし。
一応数年で戻ってくる的なこと言ってたけど……少なくとも、シーズン15には米沢さんいないってことなのか。はうう〜

冠城くんの方は、法務省クビになって、警視庁に天下り?するという技で続投が決定しました。
日下部さん、大河内さんに比べると厳しいと思ったけど、こっちもかなり甘かった。
わざわざ特命係に行けるように取り計らうとは。

事件そのものは、割りと判りやすかったっすね。
あのフラワーアレンジメントに注目した時点で、辞め大臣の関与はバレバレだったし。
あと、総理狙うような計画なら、計画書は燃やすとか下水に流すとかした方がよかったと思うよ(爆)

大河内さんは、最初の監察シーンは必須でも、石坂パパと出てきたとこは視聴者サービス感ありありでしたね。
まあ画面に映ってくれただけでもオッケーっす。

ああ、それにしても米沢さん………
タグ:相棒
posted by 風見零 at 18:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

こづ引退&デースケはぴば

男子シングルの小塚崇彦くんが、引退を発表しました。
先月は婚約者と結婚もしたし、そう遠くないかもとは思ってたけど、とうとう……
お疲れ様でした。
世界チャンピオンになれる才能あったから、そこは残念
最後は怪我との戦いだったな……

所属のトヨタで社員として頑張るみたいなコメントしてたし、中野ゆかりんみたいにフィギュアからは遠ざかってしまうんだろうか。
それは残念すぎる
もうしばらくは氷上にいてほしい。彼ならスケーティング見てるだけでお腹いっぱいだし。



そして今日は高橋大輔の誕生日

昨日テレビの『極限アーティスト』で、彼とプロジェクションマッピングのコラボ企画がありました。
デースケの滑りに合わせて、氷上にアーティストが描いた絵が映し出されるというプロジェクト。
曲はミスチルの『GIFT』で、それはもう美しかったです
やっぱりスケーターは滑れる内は、スケートしてて欲しいな〜。



posted by 風見零 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

ワールドトリガー アニメ70話

一人残ったユーマはカゲとバトル。

スコーピオン使いのアタッカー同士、激しい戦いが繰り広げられます。
そこへ二宮くんの雨のようなハウンドが。
アニメだと、彼の火力のハンパなさが際立つな。
ハウンドの誘導範囲を見切って、二宮くんに攻撃を仕掛けるもそれは釣り。
二宮くんのアステロイドに射ぬかれて、ユーマベイルアウト。

この時の二宮くんの登場の仕方が、雪上で横滑りしたっぽく見えてちょっと笑った

それぞれの隊長が残り、膠着状態に。
結局タイムアップし、二宮隊が勝利しました。
原作が載った時も話題になった二宮くんの雪だるまアニメでもちゃんと再現されてたよ

オサムも努力はしたけど、他の隊員も同じように努力してるんだから「自分の成長」という不確かな要素だけでは駄目だと、風間さんに言われてしまいます。
努力全否定とか、ジャンプマンガでよく通ったな。

それを受けて、迅を玉狛第二に勧誘するオサム。

その前に、賭けに負けた陽太郎が、ヒュースにおやつのたい焼きを食べられるシーンが。
オリジナルが追加されてて、よりヒュースの容赦のなさが強調されてたっす。
ぼろぼろ涙ながしながら、オサムたちに「いいんだ。みんなはよくがんばった」と言える陽太郎はいい子

オサムの苦肉の策を、迅はあっさり拒否ります。
ただ、「俺より適任がいる」とも告げて。
これの答えが、今週の原作で出たんだよね。計算してたなら凄いタイミングだ。
ユーマをレプリカに会わせたいという気持ちから焦るオサムも、彼らに借りがあると悔やんでた迅も、その迅に貸しがあるなんて思ってないと言えるオサムも、みんな優しいね。

一夜明けて、風間と共に会議室へ向かう迅。
そこにはA級隊長、城戸司令、沢村さん、そして忍田本部長がいました。
エネドラッドとレプリカ特別顧問の残した情報から、近付いてきている惑星国家があるという。
この時忍田さんが「まもなく3つの惑星国家がこちらの世界と接近する」と言うんですね。
「え?3つ?なんで?」と思ったけど、原作でも3つでした。
その内のガロプラとロドクルーンがアフトの属国だからって展開に来週なるんだよね。一瞬焦った。

ここまでホントに原作に忠実だから、どのあたりで切るのか見当つかない💦
ガロプラの面々の顔見せして、さあ今からバトルだってカンジかな。

あとのこり僅かなアニトリ。
毎週噛みしめていこうと思います。

posted by 風見零 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドトリガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

今週のジャンプ 2016 15号

●ワールドトリガー

アフトに故郷を蹂躙された過去を持つレギー。
その時のトラウマから、アフトにずっと悪感情を抱いてた彼は、ヒュースに陽太郎を攫わせて玄界の眼をアフトに向けさせようとします。

「断ると言ったら?」
「当然遠征艇には乗せられない」
というレギーの返事を受けて、ヒュースが取り出したのはスコーピオン。

それで陽太郎を一突きに

レギーも、様子を窺っていた迅も、流石に動揺を隠せない。
一人ヒュースが淡々と「これでもまだ疑うか?さっさと遠征艇に案内しろ」と告げます。

それに逆ギレしたレギーが、アフトの上層部からいざとなったらヒュースを始末してもいいと言われていたことをぶっちゃけました。
「お前は国に捨てられたんだよ!!」というレギーの叫びを聞いたヒュースの、なんともいえない哀しげな表情が沁みる。

でもそのレギーの言葉に「それはつまり、ヒュースはかえれないってことか?」と反応したのは、刺されたはずの陽太郎でした。

2人で示し合わせて『刺されたふりスコーピオン』の一芝居。
「嵌めやがったな」とレギーはまたキレて、自身のトリガー剣竜(テュガテール)を発動させます。
ヒュースも返してもらったランビリスを起動。
剣竜って結構カッチョいいトリガーなんだが、流石にアフトの強化トリガー・ランビリスの敵じゃなかった
あっという間に瞬殺されてベイルアウト。
感情豊かだし、ガロプラからの視点で見れば正論を言ってて、割りと好感度高いキャラではあったんだけど、相手が悪すぎたね。
強く生きろよ、レギー。

事態が収束されて現れた迅。
彼に、ヒュースは保留にしていた賭けの権利を伝えました。
「どんな手を使っても、オレをアフトクラトルへ送り届けろ」

了承した迅が返したのは「おまえにぴったりの席が空いてる」
昨日のアニメで、玉狛第二に入って欲しいとオサムに頼まれて「俺より適任がいる」という展開があっての、原作のこの流れ。
相変わらずタイミングいいなあ

●背すじをピン!と

先週の作者コメントが『CSファイズギアが再販だと!?乾巧ってやつの仕業だな!?嬉しい!』でした。
横田先生ファイズファンかうおお、これは応援しなくては(オイ)

ダンスでも最初動かない戦法?あるんだ。
まっちーが第九でその方法使ってたな。
あとフィギュアのカップルは、別に私生活ではパートナー率高くなかったりするらしい。

●暗殺教室

卒業から6年?
それぞれのその後が茅野メインで描かれ、今週出番の無かったカルマと渚が登場して最終回かな。
烏間さんとビッチさん、仲良し夫婦でなにより。

●ハイキュー

ああいう手を使う相手はきっついよな。

●BLEACH

浦原さん、なんかソウルのシュタイン博士みたいになってんね。

●食戟のソーマ

緑色ってなんだろう?
先週は女子2人が脱いだけど、今週は男だから一人だけのサービス?なのか。

posted by 風見零 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドトリガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

今週のスーパーヒーロータイム(3/13)

●ジュウオウジャー

先週のサブタイはリンかけから?だったけど、今週のも『ジャングルの王者ターちゃん』ってマンガが昔あったな、と。

ゴリラのラリー登場。
いきなり警官から撃たれて人間不信に。でも、お巡りさんは最初は威嚇射撃すると思うけどな、ってマジメか。

でも同じ学究の徒としての大和と心を通わせ、彼のピンチを自分のジューマンパワーを与えることで救いました。
しかし、イーグルなのにゴリラでパワーアッブか……まあおかげで敵の幹部倒せたけど。
1話でもおもったが、あっさり幹部がやられるな。あのままやられっぱなしなの?

そしてパワーを与えたせいで、ラリーの精気が減っちゃった的な?
この展開、一昨日の深夜にも見たぞ(爆)

●仮面ライダーゴースト

あら、アドニスパパやられちゃった。
大帝なのにあれでアディオス?

アデルが暗殺し、アランに濡れ衣を着せました。
アリアお姉ちゃんは見抜いたけど、呼び出されたアランはあっさり魂の器?を破壊され、元の身体を目覚めさせられたっぽい。
マコトの身体もそんなふうに保存されてたっす。
タケルも大量の肉体が保存されてる場所にたどり着き、中身が崩壊していくのを目撃。

アランを巡ってマコトとアデルがバトってるとこにタケルも出くわし、二人逃げる最中アランとも合流。
アランの力でこっちに戻りました。
そこで待っていた甲冑眼魔と、サシの対決。「楽しかったぞ」の言葉を残してアディオス。
結局性別はどっちだったんだろう?

アデルはゲキチョッパーをまた復活させてました。
あのデカイ眼魂も、何かのパワーアップアイテムなんだろうな。

posted by 風見零 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

スミカスミレ 6話

160312_1441~01.jpgミッチーが、如月家の飼い猫じゅりちゃんについて語ってるインタビューがありました。
あの子保護猫で、猫種も正確な年齢も判らないんだとか。
意外だったな。
番宣用のポスターでミッチーが抱いてたのは白地に茶トラのぶちのにゃんこだったけど、何かの事情でじゅりちゃんに代わったのか。


ミッチーは彼女に振り回されてるらしいが「じゅりは監督の言うことも聞かないワガママ女優だから、仕方ないのさ」なんて語ってました(*^_^*)
喜んで振り回されてるんだろう。


本編では、真白を救うためにスミレが自分の精気を与えて、元の65才に戻ってしまいました。
連絡が取れなくなったスミレを心配する真白。

意を決したスミレ…じゃなく澄は、真実を真白に告げました。
普通なら信じられないだろうけど、黎が胡散臭すぎたからな〜(爆)
納得しちゃう真白であった(*^m^*)


真白に別れを告げて落ち込む澄を見た黎は、誕生日のプレゼントとしてもう一度自分の精気を澄に分け与え、姿を消しました。
なんだかんだと、黎もスミレを想ってたと。
婚約者のはずなのに、雪白が割と冷静だったのが意外。
やっぱ親同士の……?


スミレの姿を取り戻したけど、真白は留学するってことでヨリは戻らず。


5年後、希望していた映画会社に就職したスミレ。
おや、そこまで話進むんだ。
てっきり大学の中で展開していくと思ってた。

予告では、社会人になった真白+髪型が若干ぴっちりになった黎との再会があるっぽい。
最終的にはどっちとくっつくんですかね?
posted by 風見零 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする