2016年06月30日

LOVE ON THE FLOOR 開幕

160630_1549~01.jpgデースケ出演の舞台が今日から開幕。

それに合わせて婦人公論に、浦井健治くんとの対談が載りました。

友達同士だったんだ、この二人。
浦井くんが35才なのにビックリ(-o-;)
でもデビュー作のクウガが、もう16年前だしね……


デースケが初の銀メダリストになった07年のワールド、会場で見てたらしい。
オレもいたよ(*^m^*)


どっちも表現者なんで、そのうちコラボできたら嬉しい、それが氷上であってもいいしという浦井くんに「えっ、氷上?滑れるの?」と返したデースケ。
やっぱ天然だ(^-^)


舞台は来週見に行きます。
楽しみだ♪
posted by 風見零 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

五反田一郎 出征

今日の放送で、とと姉ちゃんの五反田一郎氏が出征していきました。
これでしばらくは出番ナシかな
しかし落ち込むヒロインに「哀しい顔は美人には似合わないよ」だの「泣きたいなら僕の胸を貸すから」みたいなことさらっと言っといて、戦況を愚痴る時のひとこと。



「僕みたいな年寄りまで駆り出さなきゃならないなんて……」



いくつなんだ年齢設定
空襲受けたあと家に戻って「家内も息子も無事だった」って言ってたから、まだ一緒にいるってことはそれほど大きい子供じゃないんだよね。


てゆーか、妻子持ちなのにあんな歯の浮くようなセリフをヒロインに言ってたんかい五反田一郎(爆)

さすがだミッチー
ネタバレ的には、ちゃんと戻ってまた雑誌の仕事をするのは判ってるから、まあ来週?を楽しみに待とうかと。
それにしても、見てるこっちはもうしばらくで戦争が終わるのは知ってても、当事者にとっては見えない明日なんだよね。辛いわ……

posted by 風見零 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 及川光博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

ジョーカーゲーム 原作本

160628_1917~01.jpgアニメバージョンのカバーがいつまで取り扱ってるか不明だったんで、とりあえずゲットしたっす(*^_^*)


1巻の結城中佐以外は、2巻が三好で3巻が神永、4巻が甘利かな。
キャラクターがいまいち覚えきれずに、公式ホームページで確認しちった(爆)


これからぼちぼち読んでみます。
posted by 風見零 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

今週のジャンプ 2016 30号

●ワールドトリガー

林藤「……だろ?次期遠征の引率者さん」


マジっすか!?


忍田さんが次の遠征のリーダーなのね


まあ、マスコミに発表しちゃって注目度も高いから失敗するわけにはいかない=実力者をキャストっていうのは判るが。
いやあ、てっきり遠征ネタになったら忍田さんの出番無くなるだろうと勝手に思ってたから、すんげええ嬉しい
これで太刀川くんも一緒とかだったら泣くよオレ

それはともかく、城戸司令にヒュースの入隊を認めさせるべく挑むオサム。
ヒュースが本国に戻る事情が出来たこと、そのためにボーダーの遠征に同行するのが一番早いと判断したことを伝えます。
でも、あくまでもアフトの情報は提出しないという姿勢に色めき立つ幹部連。

オサムは、アフトに関すること以外なら協力出来ると主張。
レギーを撃退したことは、上層部も把握してました。
やっぱヒュースが玉狛を抜け出せたのはわざとだったのね。

ヒュースが玉狛に入れば戦力になるというのは、あくまでも玉狛の利得であって我々の利得じゃないと正論を展開する唐沢さん。
彼の加入がボーダーにとってどう特になるのかとの問いに、忍田さんが林藤さんに「どう考えている?」と尋ねます。
林藤さんは、長い遠征の中に部外者が紛れ込むのはリスクが大きいと、むしろマイナスの回答を。
でもこれ、多分オサムが最初に林藤さんに頼んでたんだよね。

オサムは未知の近界を旅するのに、ネイバーであるヒュースの案内が不可欠だと主張。
忍田さんも「ヒュース自身にアフトへ戻る目的があるから、道中は協力的にならざるを得ないわけか」と、オサムの意を汲んだコメントを。

その言葉に、流れはオサムの意図した方へ向きかけたと見えます、が、まだ最後の砦の城戸司令が残ってて。
さあどうだ?と、ユーマが表情を変えない城戸さんを窺うところで以下次週。
まだもうひと波乱ありそうだな。

今週の作者※で、歌川くんの誕生日に折り畳み自転車を送って来たファンがいたと書かれてました。
バレンタインも複数送った人したし、人気あるなうってぃー

●背すじをピン!と

これで咲本組に勝つ流れかな。

●食戟のソーマ

えりな嬢が殺せんせーみたいになっておられる……

●火の丸相撲

見て相手の技をコピーするって誰かいたなと思ったら、黒バスの黄瀬くんだったわ。

●ハンター×2

おおっと、ラムちゃんがアナウンスやってる(爆)

●ゆらぎ荘の幽奈さん

懐かしいなあ、マリみて

●ニセコイ

ここにきてそのネタか💧
確かクロードの声、アニメでは子安だったんだよなあ。
おマヌケ具合がそれっぽいかも。

posted by 風見零 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドトリガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

今週のスーパーヒーロータイム(6/26)

●ジュウオウジャー

洗脳に不具合が生じてザワールドを呼び戻したジニス。

彼に自分のエネルギーを抽出したコインを注ぎながら「私だけがお前を理解できる……」と囁く井上さんが、いつもながらエロくて死にそう

ザワールドが人間の姿に戻ったことから、彼を元に戻せないかと悩む大和。
真理夫おじさんによると、野生の馬も面倒見ようとした大和だから……みたいに言われましたが、馬と一緒なんかワールド💦

ザワールドと戦うも追い詰められる大和。
彼が言った「お前、死にたいのか?」というセリフ聞いた時、ファイズで草加が巧に「お前、死にたいんだってなあ?」と言ったのを思い出しちゃった。
村上くんいるしね。

なんとかジュウオウジャーたちの気持ちが通じて、元の人間である操の意識を取り戻すザワールド。
しかしガオの時の月麿もそうだったが、動物系の6人目は上半身脱がないといけない法則でもあるのか(爆)

●仮面ライダーゴースト

アカリがアイドルの振り付けに挑む中、アランは猿、豚、河童と共に修行。
マコトは自分自身と戦ってます。

リズム感?なにそれ美味しいの?なオレにとって、一番大変なのはアカリの修行かもしれん(爆)

舞台上であからさまに捻挫演技をしてみせたアカリに変わって、ホナミが再び舞台に立ち、仲間との絆を取り戻す。
アランも3匹のお供たちと息を合わせた動きが出来るようになり、めでたくたこ焼きゲット★って、どこまでもたこ焼き推しか……
死に場所を求めて彷徨うジャベルとのバトルで、改めて自分の戦うスタンスを確認しました。

でも自分と戦ったマコトは意識不明に

ガンマイザーがムゲン魂に敗れ続けるアデルお兄ちゃんは、彼らと一体になることを決意。
いやもうちょっとよく考えた方がいいよ

今週、ファイズギアのコンセレのインフォがずーっと画面に流れてて、ちょっとぐらつきました。
半田くんの巧のセリフの新録があるんだよな……

http://p-bandai.jp/b-boys-shop/special-1000006184/

彼のインタビューでの「「コレ、何に使うの?」っていう言葉だけは使わないようにしてほしい」ってのが、あまりにも正論でははーーーってカンジです
posted by 風見零 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

うしおととら 最終回

ついに最終回。

うしお&とらVS白面のラストバトル。
実は自らが陰の気から生まれたが故に、陽の存在である人間や妖たちに憧れていたことを認めた白面。

先週もオールスターでしたが、今回はヒョウさんもあの世からピンポイントリリーフで現れてくれて涙
流お兄ちゃんも一緒でした。
雷信とかがりのところへは十郎も。こっちも泣ける。

うしおママのピンチに、颯爽と駆けつける紫暮パパもカッチョいいぞ

戦いの中、とらに甦る500年前の記憶。
獣の槍を守るために、とらごと封印してうしおが現れるのを待っていた…この設定、連載最初からあったのかな。
だったら凄いわ。
白面から槍の気配を隠そうと、致命傷になると判りながら自分の身体に槍を突き立てるとら。
獣化しつつ、とらと共に白面に最後の攻撃を仕掛けるうしお。

白面は本当は畏れられる存在ではいたくなかったと呟きながら消滅。

とらも「俺を喰うんじゃなかったのかよ!」と叫ぶうしおに、「喰ったさ。腹一杯な」と笑いながら消えていきました
今週は暗殺教室でも殺せんせーが光になって消えていったっけ。

自分も獣になる覚悟を決めたうしおの前に現れたのは、ギリョウとジエメイの兄妹。
二人の魂でうしおの獣化を止め、妖たちが石化して日本列島の土台を支える事で全ては元通りに。

翌年の春、とらと出会った蔵を見つめて「……でも、楽しかったぜ」と呟くうしお。
とらは妖、いつかまた出会うかもしれない……というところでラストでした。

あれだけの長さの原作を3クールにまとめたんで、はしょられたり巻いたりして部分もあるけど、昔の作品なのにきっちりアニメ化してくれたのはやっぱり嬉しいな。
毎週サンデーを楽しみにしてた当時が蘇ったよ。

スタッフあんどキャストの皆さん、お疲れ様でした
posted by 風見零 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

三平 小松菜

160624_1857~01.jpg前回はホウレン草でしたが、別の店で今度は小松菜発見。
デザインもビミョーに違う。

他にも何かあるのかな。


ワートリのインフォメーションに、来週の予告が来てました。
ちゃんと掲載されるのね。嬉しい(*^_^*)

忍田さんもいたよ(≧ω≦)
オサムの援護を?とか書かれてたが、どこまで合ってるのかな。
そして忍田さんから質問された林藤さんが、なんかとんでもない事を言うらしい。


気になるぜ。
posted by 風見零 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

Dance×3

160623_1255~01.jpg月曜日に発売された、アイスショーの特集本。

うっかりしてたら、最初の3件で売り切れてて焦った(-o-;)
フィギュアコーナーのある本屋で2冊残ってた内の、1冊をゲット★
良かった(*^_^*)


デースケのロングインタビューがメイン。
何故か「一年半におよびファンの前で滑っていなかった」という、去年のクリスマスオンアイスどこ行った?ってインタビュアーの凡ミスもあったりしたものの、引退から今度のダンスまでのデースケの揺れ動く内面が窺えて、興味深かったです。


宇野くんの記事もあったけど、こっちも「競技では4回転フリップを入れる予定」って、いつ情報?なコメントでした(^。^;)
記者さんガンバレ★


ダンスのチケットも入手済み。
楽しみだ(*^m^*)
posted by 風見零 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

ジョーカーゲーム アニメ

JのグループKのKくんが主演した映画の原作だなぁ、アニメになったんか〜。
ちっくと見てみっか、くらいで見はじめた『ジョーカーゲーム』

すっごく面白かったっす

第二次世界大戦前、日本陸軍内に設立された諜報組織『D機関』に所属するスパイたちの物語。
設立の立役者結城中佐以外は、毎回メインのメンバーが変わるオムニバス方式。
基本、スーツ姿のイケメンばっかなんで眼復〜

でも1番ツボったのは結城中佐でした(爆)
カッチョいいし、渋いし、意外とツンデレだし。

あと笑ったのが『魔都』の回の及川ってキャラ。
声が藤原啓治さんで、名前が及川で美形とか、もう怪しくない訳ないじゃん。案の定〜でした

そういや最終回で殺されたドイツ人のスパイの名前が『カール・シュナイダー』だったのにも笑った
ミドルネームはハインツかな。サッカー上手そうだ。
それとキーになる花の名前「日本ではカモミールと呼ばれている」ってセリフがあったけど、日本ならカミツレだろ。細かいけど。

ともあれ、最初は全然期待してなかったこの作品。
もしかしたら今期1番楽しむだったかも。
最初の方は流し見だったからDVD出たら見直そうかな。
原作も読んでみたいかも。今ならカバーがアニメバージョンだし。

posted by 風見零 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

うしおととら 38話

ついに白面とのバトルもクライマックス。

妖怪と人間、それぞれが力を合わせて白面に立ち向かいます。

結界に封じられた白面が取った手段は、自分の身体を毒煙に変えて反撃。
脱出する妖たちですが、うしおととらは残ってタイマン勝負。

結界を張る真由子や、炊きだしする麻子や、小夜たちのところにも白面の手の者が現れるけど、戦って来て今は味方のキャラがピンチを救う。
ベタだがいいね、この手の展開。

そして白面の、雷と槍の尾に追い詰められつつも立ち上がるうしおととら。
とらの鎧になってた字伏が、白面への憎しみから自らを白面へと変えて尾を破壊。
何故自分たちは白面へと堕ちるのに、とらはならないのかという答えが泣ける。


とらにはうしおがいたから。


二人の出会いは運命だったのね、って恋愛モノか。
でも下手なラブストーリーよりもラブラブだもんな(爆)

ついに来週は最終回。
うーん、寂しい……

posted by 風見零 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

今週のジャンプ 2016 29号

●ワールドトリガー

今週は掲載。
でも巻末の葦原先生のコメントが「首の調子が思わしくなくなってきました」


……ちゃんと休みとってください

玉狛では勝利祝いの鍋パーティ開催中
そういや作中ではまだ2月なんだよね。

B級4位に浮上し盛り上がる中、陽太郎がヒュースの加入希望をオサムたちに伝えます。
「アフトクラトルまで同行することを条件に、力を貸してやってもいい」と相変わらず偉そうなヒュース

チカを狙っていたアフトの一味だった件をどうするかという、読者の疑問を代弁するのはコナミ。
ニュースは本国に戻ることが優先で、金の雛鳥はどうでもいいと発言。
ユーマは嘘はついてないと言い、チカも「オサムくんがいいって言うなら……」って、いや自分の身の危険に関することなんだからさ、もうちょっとしっかり考えようよチカちゃん。
それもコナミから突っ込まれてました。

ランク戦を見て、玉狛第二が相変わらず得点に関してはユーマ頼りだと指摘し「オレが二人目のエースになってやる」と言いきるヒュース。
角はトリオン体を角無しに設定し、玉狛のエンジニアの親戚の外国人として乗り切ればいいと栞&迅から提案がありました。

ここで初めて言及されたよ、ネイバーのエンジニア。
コミックス4巻で存在が示唆されて以来だな。長かった……しかし「ミカエル・クローニン」って名前のカナダ人とか怪しすぎるぞ💦
まさか「苦労人」とかじゃないよね(爆)

見た目や身元は何とかなっても、最大の問題は上層部をどう説得するか。
ってことで、それは隊長であるオサムの手腕にかかってきます。
あくまでもアフト本国の情報を渡す気はないと言い切るヒュースを、果たして上層部は受け入れるのか?

翌日、城戸さんはじめ忍田さんたち幹部が揃った会議室へヒュースと共に現れた玉狛の面々。
迅がいないから「俺のサイドエフェクトが〜」はナシのパターンだな。
城戸さんが相変わらず怖い顔して「……さて、話を聞こうか」と言ってます。

ガンバレオサム

●ワンピース

クロカンブッシュは、シューを繋ぐアメが甘くてちょっとね💦
しかしはた迷惑なママだな。

●背すじをピン!と

部長、4歳の頃からすでに……だったのね。

●銀魂

「どこの都知事!?」と、まあタイムリーなネタを
多分、実写化に合わせてまたアニメ化するだろうけど、その時にきっちりこのネタ使うんだろうか?

●ものの歩

なるほど、そういう手があったか。

●ハイキュー

「日本、高さとパワーの前に敗れる」―――うーん、現実はそうなっちゃいましたね
せめてマンガの方は頑張ってくれ★

posted by 風見零 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドトリガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

今週のスーパーヒーロータイム(6/19)

●仮面ライダーゴースト

昨日総選挙やってた某グループの初期みたいな、アイドルユニット登場。
突然、周囲の心の声が聴こえてきて悩むハメになるメンバーのホナミは、ウィザードのコヨミでした。
うわー、全然わからんかった💦

そしてまた、タケル、マコトとの戦力差をガンマイザーに指摘されて落ち込むアラン。

ホナミに取り憑いたサンゾウ魂から迷いを払うための修業として、精神世界に送られちゃいました。
そこで待ってたのは、猿、河童、豚の西遊記トリオ。
こいつらが見た目に反して達人で、振り回されるアラン。
空腹で倒れそうになった彼が見たのは、タコ焼きでした。どんだけタコ焼き推しなんだ
「私のタコ焼きを返せ!」と、我を忘れるアラン。
落ち着きましょう(爆)

一方ホナミの聞いた声から、イゴールが何か企んでいると知ったアカリは、アイドルの新メンバーオーディションに。
彼女の…というか、オナリのアイドルのイメージって80年代なのかね。
そういやつい最近、完全な聖子ちゃんカットの50代くらいの女性見てビビったよまだいるんだあーゆー人。

タケルはホナミに、仲間と向き合うように勧めるけど、やっぱりネガティブな声が聞こえた上に眼魔に狙われてすっかり自暴自棄に。

マコトもアデルが放った自分そっくりの存在感と遭遇。
前のアランみたいな軍服?姿で、どっちも暑苦しそう。
そうかと言ったら、アデルの前ではランニングだったな。
丁度いいコスが無いのか……

アカリにはアイドルの才能は欠片も無いけど、ストーリーの都合上(爆)合格
周囲はうそーんとなったところで以下次週。
CMでやってた歴代ライダーの眼魂、ファイズの欲しいな。

posted by 風見零 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吾が手に引き金を 7

160612_1103~01.jpg6月19日 東京ビッグサイト 東6ホール
メ21 Dragon Boy

ワートリオンリーに参加します。
新刊は無いけど、夏コミのスペース案内ペーパーは発行予定。


某駅構内の本屋で、15巻の販促ポスター発見。
先生、身体に気を付けて長く連載してくださいねm(_ _)m
posted by 風見零 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

ミッチーinとと姉ちゃん

今日の放送から、ミッチー演じる五反田が登場。

就職の面接に行ったところを、いきなり「丁度いいところへ!」と有無を言わせず作業に駆り出されるという出会いでした。
ひと段落ついて「よく見たら、君、カワイイ顔してるねそう言われない?」「いえ、別に……」「君の周りの男って見る目ないんだな」という


もんの凄くベタな会話を展開してました。


あからさまにミッチー……つーか、マンハッタンのべっしー的なキャラですな。
無事に就職が決まったところで以下次週。
来週からは唐沢アニキも登場します。

そういや昨日の深夜番組で『仮面ライダーにあの有名俳優が!?』というのをやってました。
もちろん、ZXの時にライダーマンやってたアニキのことでした。
一応ZXはリアルタイムでは見たけど、流石に唐沢アニキのことは覚えてなくて、改めて「はー、これがそうか……」ってカンジでしたね。
3号の時に、ミッチーが出るって知ってたらライダーマンやったのにと語ってらっしゃいましたが、実現したら面白かったのにな。

そういや今年の夏の映画には、エロ男爵こと沢村一樹さんが登場みたいですね。
ちょっと楽しみだ

posted by 風見零 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 及川光博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

東京喰種 トウキョウグール 実写化

なんでもかんでも実写化すりゃいいってもんでもないだろうに……

アニメ見て、リアルタイプ忍田さんだ〜とツボにはまった亜門鋼太郎くんがいる『東京喰種』の実写化が発表に。
キャストとかはまだ。

誰だよ亜門やるの

正直、暗殺教室の烏間先生が椎名桔平さんだった時も脱力したけど(椎名さんは好きな役者さんだが、烏間先生じゃねーだろ)今度もがっかりしそうな悪寒。
はあああああ〜💧

キャストもだが、日本映画のCGの限界を考えるとこの手のSFマンガには下手に手を出さない方がいいと思うんだけどね。
ティーン向けの少女マンガの実写化はそこそこヒットしてるし、そっち系を極めた方がいいんじゃないか?

そういやワンピの実写化ってニュースも出たらしいが、こっちはデマだそう。
良かった

タグ:東京喰種
posted by 風見零 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

家売るオンナ 予告

次クールの『家売るオンナ』の予告があるはずと、同じ枠でやってる『世界一難しい恋』の最終回をチェックしてみました。

千葉くん、ちゃんと1カット出て来たけど実はそれよりも『セカムズ』の1シーンに持ってかれたカンジ

科捜研で谷口刑事やってた丸山智己くんが出てたんですが、彼は上司っつーか社長である北村一輝さんに片思いしてたらしい(爆)
北村さんが結婚することになってヤケ酒のみつつ「彼に会うまでは女性が好きでした」とかカミングアウト★



……え、そんな設定だったんか💦



くそう、もっと前から見ときゃよかった(大爆)
その後、そのネタは特にいじられることも無かったんですが、なんか気になって気になって
北村さんは『池袋@DEEP』でもIT社長で、秘書やってた泉くんとのあれやこれやでちょっと萌えもあったんだよね。
シャアのコスプレが出来るってんで、オファー受けたんだよな北村さん


まさか、次クールでもそのネタ振ったりしないよな!?
ヒロインの北川景子の相手役は工藤くんだろうし、そうすると仲村トオルが余るし(爆)

いやいや、フツーに楽しみにしとくよ
タグ:千葉雄大
posted by 風見零 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

ワールドトリガー トレーディングクリアファイル

160615_1912~01.jpgアニメが終わったんで、グッズも置かなくなるだろうしと、残ってたクリアファイルを某アニメショップから底引き網してきました。
一人くらい忍田さん混じってるのを期待して。






……いませんでした(ToT)




写真以外にも嵐山隊の二人がいるよ。
キャラかぶりがなかったのはせめてもかな。
ガクリ(T¬T)

いくつかは夏コミのオマケに付けようかと企画中。
posted by 風見零 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

今週のジャンプ 2016 28号

●背すじをピン!と

先週、特撮映画のポスターみたいだと書いたら、今週の扉絵がマジでそうなってました(爆)
ホントに特撮ファンなんだなー。

●銀魂

小栗旬で実写化……だと?

なんかいきなり斜め上の展開来たな
しかし小栗があの下ネタの数々を発するのか……どこに向かってるんだ、彼は?

●食戟のソーマ

冷凍卵の天丼か。ちょっと食べてみたいかも
貧乏舌の庶民なんで、多分すごく美味しいと思うぞ。

●鬼滅の刃

矢印の向きに力が働いて飛ばされるって、ソウルイーターのメデューサが使ってた技だな。
懐かしい。

●ハンター×2

まあヒソカがあれで退場とは思えないしね。

●ものの歩

おや、予想に反して負けちゃった。
奨励会どうなるんだろう。

●ハイキュー

日本男子、リオ五輪出場出来ませんでした
やっぱり身長の壁は高いみたいね。
翔陽ガンバレ★

posted by 風見零 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

今週のスーパーヒーロータイム(6/12)

●ジュウオウジャー

ザワールドに追い詰められ危機一髪のジュウオウジャー。
でもジニスのゲームを面白くしたいという思惑で、一旦撤収。
「戻っておいで」という井上さんの声がエロくてもう……

ザワールドへの恐怖を刻み込まれても虚勢を張るジューマンたちだけど、無理をせずに恐怖と向き合おうとする大和の言葉で、改めて戦いの決意を。

トランプ男爵(違)は結構おマヌケだが、やはりザワールドは強敵。
なんでザワールドは大和が引き受けて場所を山中に移動し、タイマンバトルへ持ち込みます。
大和も頑張るんだが、やっぱ新キャラがそうそう簡単にやられちゃストーリー的にマズイんでピーンチに

けど、止めを刺そうとした瞬間ザワールドに異変が。

一瞬『脳の血液交換の時間が来たのか?』と思ったよ(爆)

●仮面ライダーゴースト

先週はカノンのコスプレ回でしたが、今週は男子+アカリがグリム童話のキャラに。
笑うとこなんだろうが、コメントに困る微妙さではあった……

せっかくなら、アランとマコトも網羅すれば良かったのに(爆)

アランといえば、意外と絵心ありましたな

片桐兄弟は要するにでん○ろう先生だったのね。
二人の科学実験イベントで、アカリが科学の楽しさに目覚めたと。
お互い相手を思ってるのに伝わってなかった、そのすれ違いを解いていくって展開多いね。

今週はムゲン魂のお披露目なんでしょうが、そっちより全員アデルお兄ちゃんの顔したガンマイザーの集団がインパクトあったな。
今後もちょいちょい出てくるんだろうか……💧
posted by 風見零 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

うしおととら 37話

もうやる気失くして、このまま消えちゃおうかとやさぐれてたとら。
「胸に穴が開いてる」って、物理的なことより感情的なものの方がデカそうだぞ。
そこへ現れた霊体の真由子。

うしおを人間に戻したくしでとらのたてがみ?をくしけずりながら、とらが人間になったら、うしおと麻子と一緒にデートしようと夢を語ります。

真由子も泣くんだけど、こっちも泣ける

「私をちゃんと食べてね」と言う真由子に「うしおの次にな」とツンデレるとら。
「じゃあずっと食べるつもりないのね」と、判ってる真由子にまた涙

封印の役目を覚悟してる真由子に「今白面をブッ倒せばいいんだろ!!」と叫んでとらちゃん復活
石になってた字伏たちも飛んで来て、とらの鎧に。見た目はアレだが強そうだ。

一方白面と対峙するうしおと妖怪たち。
頑張るんだがあと一歩及ばない。
とらが脳裏を過るも、自分から振り切ったことがどうしても後ろめたくて。
けど、結界が切れて大ピンチなとこへ駆け付けたとらは、いつもどおりの悪態をつきました。返すうしおもいつも通り。
言葉のチョイスが昭和くさいな(爆)

2体そろって最強の存在となった2人。

雷信とかがりの説得に自衛隊の幹部が応じ、ハマー機関の科学者が最後の力を振り絞って、人間も協力します。

白面を押し戻し、いよいよ局面は最終決戦へ。
あと2話か……


昨日は『ゼロ・グラビティ』の地上波初放送もあって、なかなかの小山力也さん祭りでもありました。
あっちもちょっと切なかった……しかし、撮影技術凄いな。
どうやって撮ったんだろう?

posted by 風見零 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする