2017年01月31日

ポーの一族「春の夢」 2話

170131_1135~01.jpg去年40年ぶりの新作が発表されて話題になった、萩尾望都先生の「ポーの一族」の2話が掲載。


前回、売り切れ店続出で増刷がかかったせいか、今回は普通に入手出来るくらいの部数を出したみたいでした。


戦火を逃れてイギリスにやって来たドイツの少女ブランカは、出会ったエドガーへの想いを募らせるが……エドガーが自分以外の人間と触れ合うのが気に入らないアランは「僕が眠ってると、君は浮気をするんだ。やだ…」なんて言ったりしてます(*^m^*)
エドガーの手でバンパネラになったアランは、メリーベルがそうだったように血が薄いタイプで、時々眠りに入ってしまう。

そんなアランのためにエドガーが呼んだのが、吸血鬼仲間のファルカ。
あの時代に女装なんかしてる、気のいいお兄ちゃんでした。
萩尾先生らしい、チャーミングなキャラ。

彼はエドガーが大老ポーから血をもらった事も知っていて。
エドガーが変化させられた時に「幸運な子だ、キングの血をもらえるとは。一滴でもと皆が望んでいるのに」ってセリフがあったな。
ドラマ化の時もだけど、結構覚えてるもんだ。やはりオタク(≧ω≦)
先生が何かのインタビューで答えてたけど、大老ポーはローマ時代から生きてるらしい。


その大老ポーが作ったバラの村から電報が来て、エドガーが使者に会いに行ったところで以下次号。

次からは連載なので、毎回読めるのね(*^_^*)
先生、大変でしょうが頑張ってくださいm(_ _)m
posted by 風見零 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

今週のジャンプ 2017 9号

●ワンピース

過剰に美化された似顔絵って、薄い本とかPIXIV的な?

●背すじをピン!と

おお、なかなかちゃんとキャプテンやってるっぽいなつっちー

●食戟のソーマ

全然息の合ってない幸平父子がらしくて笑う

●鬼滅の刃

主人公がラスボス倒す宣言したのに、まだ力不足だからその下を相手にしようねとさらっと窘められるとか

●ハイキュー

サーブで失敗するってキツいよね、やっぱ。

●左門くんはサモナー

にゃんこは好きだが、いまいち可愛くなかったような……

●歪のアマルガム

敵の元々の正体が判明。
そろそろかな……
ラベル:少年ジャンプ
posted by 風見零 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

今週のスーパーヒーロータイム(1/29)

昨日の「世界一受けたい授業」でビーストの永瀬くんがゲスト出演し、保父さんライダーに変身してました。
そのBGMが何故かウィザードじゃなくて、ビーファイターでした
なんで?と思ったけど、他のゲストに笹野高史さんがいたからかな。
もしそれが理由なら、選曲したの密かな特オタかもね

●ジュウオウジャー

あー、この流れだとバドは無事そう。良かった

とはいえ、ジニス様が仕掛ける最後のゲームで世界は大ピンチ
父親とモヤッてた大和でしたが、小さい頃から抱えてた忿懣を吐き出して、やっと和解。
まあ、分かり合えるならそれに越したことはないよね……

地球を危惧したラリーが思いついた手段は、地球だけを切り離して保護すること。
でもそうしたら、ジュウランドとの繋がりも切れてしまう。
レオ達はそれを拒否。大和たちも一緒にジニスに決戦を挑みます。

まず地上で指揮をしてたナリアを撃破。サジタリアースを引きずり落として、ジニスも…とは簡単に行かないのが最終決戦(爆)
井上さんのえろい声が聞けるのもあと一回かあ……ちょっとザンネン

●仮面ライダーエグゼイド

「俺はお前を……」って、飛彩先生そこでセリフ切ったら誤解されるよ一部の視聴者に(大爆)

ニコが永夢を恨んでた理由は、小学生の時にゲームでボコられたからだと判明。
でも「手を抜くのも失礼かと思って…」ていう考えも、正論っちゃあ正論だな。
しかし天才のあだ名がMとNって、デスノートかよ

結局ニコのゲーム病は、バグスターの自爆?で完治。いいのか?
彼女に振り回されるブラックジャックくんが、意外とウブなカンジで微笑ましいッスね
posted by 風見零 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

相棒シーズン10 19話 罪と罰 再放送

神戸シーズンの最終回が再放送されました。

あの話は正直辛くて、再放送あっても見返したりしてなかったんだけど、卒業後も神戸が厚遇されてて気分的にも落ち着いたんで今回は見てみたよ。
2時間超えの番組を2時間内の再放送枠に収めるために、最初の方にあった「実は出頭した母親ではなく妹が犯人」というネタバレをまるっとカット。
でも正直その方が流れとしては自然だなと。普通に、母親がやったかと思いきや、犯人が別にいたというミステリーとして成立するし。
ダークナイトも初っ端でいきなり「カイトがダークナイトでしたよ〜」ってやらずに最後まで引っ張れば、あそこまでフルボッコにされずに済んだのかな?いやダークナイトだった時点でやっぱアウトか

右京とのやりとりで揺れ動いたり、大河内さんに胸の内を訴える切なげな姿見てると、今もきっちり特命係との絆を繋いでいる神戸にほっとします。
大河内さんとの絆は、次の放送で確認できるかな。ふふふ

放送中にテロップが流れてたけど、劇場版Wとシーズン14,15のオフシャルガイドブック出るのね。
今までは劇場版は別に発行されてましたが……まあそこらへんはごにょごにょ
でも神戸くんの記事次第ではゲットしちゃうかも。

ノベライズや試写会見た人の感想だと「相棒の劇場版で一番おもしろい」って評判みたいだし、楽しみ
やはり期待を裏切らない人だな、太田さん

そういや、太田さんが初めて出版したミステリー『犯罪者〜クリミナル』が文庫化されました。
続編の『幻夏』の方を、ミッチーの帯に釣られて先に読んじゃったけど、これでキャラクターが判るわ。
ラベル:相棒
posted by 風見零 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

科捜研の女 シーズン16 11話

葛山信吾くんがゲストでした。

彼、シーズン4で木場さんの部下の上原刑事役でレギュラーだったんだよね。
土門さんの内藤さんや日野所長の斎藤さんも、以前別の役でレギュラーやってましたが、レギュラーだった人がゲスト出演するのって珍しいんじゃないかな。

フレンチレストランのメートルドテルというギャルソンのトップ的な役。
そこの客が殺されたんで、捜査のために土門さんとマリコがそこに食事に行くという展開だけど、乾くんがいた頃の話でもフレンチレストランでの事件に二人で食べに行くってネタあったっけ。

葛山くんが怪しそうにミスリードされてはいましたが、遠藤雄弥くんがホテルマンだった時点で犯人だってのはバレバレでしたね(爆)
わざとらしく首筋掻いてたし(大爆)
相棒の「ピエロ」では奥さんと産まれてくる子供のために頑張るよきパパで、こっちは惚れた相手の為に殺人を犯しちゃう残念男子でした。

来週は土門さんが出張なので、代わりに戝前博士が代役らしい。
佐野史郎さんは、以前植物学者の犯人役で出てましたね。
幼馴染が作ろうとした自然公園が、逆に絶滅危惧種のベッコウトンボの遺伝子を変異させてしまう可能性があることを動機として、その友達を殺しちゃうキャラでした。
このベッコウトンボの生態を説明するのに、科捜研のみんなが紙で作ったトンボの模型がやたらカワイかったのが印象的だったな

乾くんがいた頃の話はもう何回となく見てるんで、似たエピソードがあると思い出すよ……




ラベル:科捜研の女
posted by 風見零 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

相棒劇場版W 完成披露試写会

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000002-mantanv-ent

もう半月ちょっと後に公開が迫った劇場版W。
完成披露試写会があって、ミッチーは「主に再放送で活躍中の元特命係・神戸尊です」と言ったそう
でも来週はついに本編にも登場して活躍(多分)します。

昨日のミラクル9の途中のCMだけでも滾りました
ふふふ、待ち遠しいぜ。

ミッチー本人は毎週、ちょっと嫌なカンジの外科部長とGTMに出演中。
先週のGTMのゲストがボイメンで、バロンことゆーちゃむとの絡みがありました。
しかしミッチー、あのキャラでライダーやってたとは思わないだろうな。カイトの影も形も無いよ小林君(爆)
ミッチーと呼ばれて「呼び捨てするな」と、半分くらいマジで嫌がってた

今週はゴールデンボンバーと超特急ってダンスユニットがゲストでした。
ボイメンは知ってたが、超特急は知らなかった。
個人的にはMAN WITH A MISSIONに出て欲しいな。



ラベル:及川光博 相棒
posted by 風見零 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

全米&カナダナショナル

ネイサン事件です!

と、一定以上の年齢層にしか通じないパロが、ここ数日ネット上で飛び交いました。
全米選手権でネイサン・チェンが史上初のフリー4種5クワドを決めて優勝
すげぇ……

ついにリアルがここまで来たか。

ネイサンの凄いとこは、クワドもりもりでも滑りや演技でちゃんと訴えかける演技が出来ること。
「ジャンプが決まらないと見るべきところがない」と海外コーチに言われた、元日本チャンピオンとは大違いだね
それでも得点は312点台。
2種類のクワドで330点出た歴代最高得点が、いかに異常だったかが浮き彫りに。
でも彼のオタは「4Tと4Sだけでそんなに出る彼の演技が、それだけ凄いってことよねっとお花畑発言……頭使わない人間がファンだと選手は楽でいいね

そしてカナダナショナルは、4Sを入れてまとめたPちゃんが優勝。
頑張った
2位は復活のクワドエルフ・ケヴィン。
しかし、一応初認定って事になってる4loがあれで認定なら、とっくにケヴィンのが認められても良かったのにさ。

しかしネイサンもボーヤンも、そして4lo入れる発言してるしょうまも、次世代エース達はみんなとんでもないな〜。
20台の選手とは違う次元で滑ってるカンジ。
以前は、ベテランがジャンプの不利をスケーティングや演技で補う戦い方が出来たけど、今の若手はそこらへんもぬかりないし。
もしかして来年のオリンピック、この3人が表彰台だったりして

でもちゃんと開催出来るのか?(爆)
posted by 風見零 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

マギ 32巻

アラジンとアリババの再会で盛り上がる最終章ですが、個人的にこの巻は



紅玉ちゃんかわえええええええええ




でした

アリババに見栄を張ってみせたり、それをアラジンに指摘された後「アリババくんよりも僕がいいってこと?」と言われ「あなた、調子にのらないでくださる?」とさらっと返して、いーーーーってするとことか激カワでした。

国際同盟の定例理事会に乗り込んで離脱を表明し「私自らの意志で、あなたを許したいのです」と言ったあと「今の平和はあなたのおかげです、ありがとう」とシンドバッドに礼を言うシーンは凛々しかった

成長したなあ紅玉ちゃん。
最初は戦隊モノの悪の女幹部とか言っててゴメンね。
しかしあのカンジだと、彼女アラジンと……なのか?マギって普通に結婚とか出来るんだろうか?
ちょっと予想外の展開でビックリだ。

後はアルバと戦うモルジアナが「あなたがアルマトラン最強でいられたのは、ファナリスと戦ったことがなかったからです」と言い切ったところもカッチョよかったぞ

基本マギは、女性キャラの方が強いよねいろいろと。
シンドバッドも本質的にはもろいとこあるし。
おまけマンガのユナンには泣けた……シンも幸せな人生の終わりが迎えられますように。

ラベル:マギ
posted by 風見零 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

今週のジャンプ 2017 8号 

松方弘樹さんがお亡くなりに……「猿飛佐助・闇の軍団」の舞台挨拶で、ご本人を見ました。
若手イケメン俳優に混じって渋いオーラ放ってらしたよ……ご冥福をお祈りします。

●約束のネバーランド

巻頭カラー。
こういうジャンプっぽくない作品がちゃんと受けてるらしいのは、なんか嬉しいな
どういうふうに決着つくか全然先が見えないのがいいね。

●背すじをピン!と

いきなり二年経過してて「え?まさか最終回!?」とビビった
土井垣パイセンが全然変わってないのには笑ったが

そしてつっちー、流石に最上級生になると大人っぽくなってるな。

●僕のヒーローアカデミア

No1候補がなんというか……残念なカンジって、太刀川くんポジってことかな。

●食戟のソーマ

つまり薊パパは、ソーマパパへの思慕を拗らせて、今の状態になったと(爆)

●鬼滅の刃

『知性も理性も無さそうだったのに』って、いくら脳内とはいえ酷いな炭次郎

●左門くんはサモナー

なんか今回が一番、ラブコメしてたような気が……

●火の丸相撲

稀勢の里、横綱昇進おめ
日本人横綱は19年ぶりとか。すげえ。

ラベル:少年ジャンプ
posted by 風見零 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

今週のスーパーヒーロータイム(1/22)

●ジュウオウジャー

大和パパが母親の死に目に間に合わなかったのは、バドを助けていたからでした。

鳥男の顔見て、ビックリしながらも治療してあげる大和パパはやっぱり親子だね。
その事実に、バドが自分を救ったのは父親のおかげだと知って混乱する大和。
惑いの中でもジューマンたちと協力して、アザルド・レガシーを撃破。

大和が父親のところへ行ってる間に、アザルドに対して名乗るシーン、最初にまだ大和がメンバーじゃなくて本当の意味でのジュウオウジャーだった時の面子なのが、最後に向けたサービスっぽくていいですね。

いろんな意味で人と人の繋がりが描かれてきたジュウオウジャーも、残すところあと2話。
バドの運命もまだヤバげだし、ジニス様も余裕たっぷりだしで、ジュウオウサイドの勝利は判ってても個人的気になるポイントがまだまだモヤってて……

●仮面ライダーエグゼイド

ゲームのやり過ぎで倒れて、これじゃイカンと医者を目指したって、結構アバウトだな永夢。
改造手術はやっぱり戝前教授(おっと博士だっけ)の仕業でしょうか?

彼がウィルスに感染したと知って、確かめるために攻撃を仕掛ける飛彩。
ブラックジャックから「感染の事実を知ったら、そのストレスで症状が悪化するかも」と言われ、理由を口にしないって、なんかもうすっかりデレちゃってますね。
伝わらないけど(爆)

そしてパラドだからパラドックスという名前の、まんまなライダーが登場しました。
レベル50とか、いきなり上がったな。
戦闘してる脇での「フィフティって?」「50だよ」という、会話にちょっと笑った

posted by 風見零 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

氷艶 チケットGet!

5月にある、歌舞伎オンアイスのチケットを無事にGetしたっす

でも相当数はけてて、残ってたのは1番最後の列でした
かなりデカい箱なんで大丈夫かと思ってたけど、みんな狙ってたみたいね。
いやむしろ公演成功間違い無しで喜ばしい
楽しみだぜ

喜ばしいといえば、しょうまと知子ちゃんがJOCのシンボルアスリートに選ばれました。
なんか、しょうまが日本チャンピオンになるのを待ってたかのような展開に笑った
これでしょうまが、名実ともにフィギュア日本男子の顔になったって事だね。
あの2人なら、前の日本チャンピオンみたいに働かないなんて事はないだろうし。
ソチ後、協賛企業に挨拶に行ったのはデースケだけで、一緒にシンボルアスリートやってた金メダル様はスルーしたらしい。
そんな真似してるからクビになるんだよ。

デースケは、8年という異例の長さを勤めあげてスケ連に貢献したから、しょうまもいろいろ心構えとか教えてもらうといいよ
ラベル:高橋大輔
posted by 風見零 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

芥川賞と直木賞

発表されましたね。

直木賞の恩田陸さんは、以前「雪月花黙示録」っていう本にどう見てもミッチーというキャラ登場させてたから、おとといの相棒の予告編にオレ同様小躍りしたのか?とも思ったけど、発表が気になってそれどころじゃなかったかな

文庫化されると読んでる乾石智子さんの「オーリエラントの魔道師」シリーズの新刊「紐結びの魔道師が去年の11月に発売されて、そのあとがきを書いてたのが声優の池澤春菜。
彼女は、芥川賞作家・池澤夏樹の娘さんです。
それを思い出して、「そういやお父さんの本は読んだことなかったっけ」と、帰省から戻る時に受賞作の「スティル・ライフ」を買ってみました。

さっくりいうと、バイト先で知り合った友人に頼まれて、彼の仕事を手伝う話。



……ホントにざっくりだな、オイ

そしてなんとなく、主人公とその友人の関係ってちょっと萌えるかもなんて思ったオレにはバチがあたるでしょうか(爆)

しかし純文学ってすんごい久々に読んだんで「あー、最後にオチとか無いんだっけ」と、妙に納得したり。
ストーリーよりも雰囲気と文体を堪能するカンジかな。
それでもスティル・ライフはまだ判りやすかったんですが、同時収録の「ヤー・チャイカ」が読みながら???でしたよ。
ところどころに挿入される、恐竜を飼ってるオンナノコのモノローグは何だったんだ
メインキャラの娘の心象風景なのか?

そして父親と、彼が知り合うロシア人との関係にもちらっと……いや二人ともオジサンだけどさ💦

読む本のジャンルはミステリーが一番多くて、どうしてもラストにオチを求めてしまうオレには、純文はちょっとハードル高いかも。
けどその後、また池澤さんの短編集「君のためのバラ」を買っちゃった。
こっちは理解できるんだろうか?

posted by 風見零 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

相棒 シーズン15 12話

今週は予告に全部持ってかれました

神戸くんと大河内さんが同じフレームに
シーズン11の最終回で会話してる設定はあったけど、直接顔を合わせるのって5年ぶりくらい?
ああ、嬉しすぎる
期待を裏切らない人だわ、太田さんありがとう
でも来週はお休みなんだよね。なにこのじらしプレイ(爆)

実は既に劇場版のノベライズは出てます。
本屋で見かけて、神戸くんの出番確かめそうになったけど、ぐっとガマンしたさ

えっと、本編は他の人の手助けがあった「ボーダーライン」的なストーリーでした。
向井博士ならぬ笹野さんの思いが切なかった……

そして序盤に冠城くんが「仕事帰りにワイングラス傾けようなんて刑事はいないんですかね」と言った時に「そういう警察官は一人知っています。君の先輩に当たる人物ですよ」みたいなセリフをサラっと言ってくれたら、次の話に繋がって良かったのにな。

ラベル:相棒
posted by 風見零 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

神戸ふたたび

再来週の相棒は劇場版のプレエピソード。

ってことで、神戸くんがテレビシリーズには卒業以来の出演
いやあ、いつかは出てくれないかなとは思ってたけど、やっと実現したよ
たとえ番宣?だとしても嬉しいぜ

脚本は当然太田愛さんで、キャストには神保さんの名前も。
大河内さん出るのね
神戸くんと顔合わせてくれないかな。贅沢言い出すとキリないが。

あ、米沢さんも出ます(爆)

ラベル:相棒
posted by 風見零 at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

日本アカデミー賞 優秀新人賞

千葉雄大くんが、「殿、利息でござる」で日本アカデミー賞優秀新人賞を受賞。

まだ見てないけど、そのうちDVDレンタルしてみようかな。
日曜から始まった、ミッチーも出演してるKタクドラマの枠で先週放映された「しあわせの記憶」にも登場。
言ってる内容は正論だけど、言い方がキツいバイトリーダーでした。
でも本当は自分のやりたいことが見つからず悩む、イマドキの青年。
世界のケン・ワタナベから胸ぐらを掴まれるという、役者としてはかなり美味しいポジかも。

主演した「MrMaxman」もレンタルしてみた。
これ、東映の特撮部門総出演の作品で、キャストにはヒーローサポート枠として鎧武のメロンお兄ちゃん、キョウリュウゴールド、ウイザードのビーストなんかが出てます。
千葉くん演じる正義の父親はアギトの氷川くん。
子供の頃に亡くなった設定なんで、年的には大丈夫。
アメコミ大好きなドジっ子キャスターがたまたまヒーローのパワーを手に入れ、父親の敵を討つ……という笑えるヒーローものなんだけど、変身シーンはさすがにお手の物で気合い入ってました。

これ、正義の弟がヒーローの力に目覚めるという続編が出るけど、弟役はキョウリュウレッド。
弟の方が10cmくらいでかいな(爆)

ラベル:千葉雄大
posted by 風見零 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

今週のジャンプ 2017 7号

●鬼滅の刃

表紙&巻頭カラー。

結構好きなので、頑張ってくれてて嬉しいな
鬼殺隊のA級メンバー(違)柱が登場。
思いっきり濃い面子ぞろぞろです。義勇も比べるとまともに見える

●ワンピース

サンジ姉、なんだかんだといい人でした。
ああいうタイプは生き残って欲しいが、さて……?

●背すじをピン!と

部長とリオ先輩、進学せずにダンス続けるってプロになるってことなのかな?
ひらりんちゃんに、新しいパートナーが見つかりますように。

●左門くんはサモナー

入浴ネタでも、これだとえろくなんないな

●食戟のソーマ

ソーマパパアディオス。
ここで捨てられた記憶(爆)が、薊パパのトラウマになって、今みたいにやさぐれたのかね。

●ハイキュー

それぞれのキャラが、いろんな部分で少しずつ成長してる。
オーソドックスだけど、これがスポーツものってカンジ。

●約束のネバーランド

最後のコマの擬音、やっぱ……なのか?




ラベル:少年ジャンプ
posted by 風見零 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

今週のスーパーヒーロータイム(1/15)

おお、ギャバン&デカのコラボが公開されるのか。
行ってみようかな。(まんまと)

●ジュウオウジャー

村上くんのバドが、物語の中心になった回でした

彼が気付いた、アザルドの身体がジュウオウキューブと入れ替わったのは、本体がその力で封印されてたから。
それはかつてケタスが封印した太古の魔物。
よくいる脳筋の幹部その一じゃなかったのね(爆)ゴメン。
アザルド・レガシーというらしい。デザインも邪悪っぽくてカッチョいいぞ。
それを見つめて「面白くなりそうだ……」と呟くジニス様も大物感漂っててステキ

そしてバドが見つめる先には風切家が。お医者さん家だけあって結構豪華。
前に大和のことを「あの人に似て来た……」と呟いてたのは、大和パパのことかなやっぱ。

大和とパパの確執は、仕事×2で家庭を顧みず、母親の死に目にも駆け付けなかったからというまあありがちなネタではありました。
ちょっと、科捜研で乾くんが父親とは別の道を選んだ下りと似てるかもね。

次ではアザルドとの決着と一緒に、父親との問題の解決もつくらしい。
あと一ヶ月も残ってないのね。
しんみり……

●仮面ライダーエグゼイド

映画では、永夢は遺伝子をいじられてたらしい。
改造手術ではなく、遺伝子レベルでウィルスに適応する身体にされてたのか。
最後に闇医者くんが感染の事実を発見してたけど、もしかして抗体出来てるとか?それとも陽性なだけで、普通に発症してない感染なのか?

分裂したエグゼイドは、片方の一人称が「僕」でもう片方が「俺」
謎の女子のコメからすると、元々は「俺」のが永夢のべースっぽい。
ウイルスのせいで二重人格化したってことかな。

グランダインを救うために飛彩を煽ったシーン、一瞬別人格化したのか?とも思ったけど、普通に陰謀をめぐらしたくさいな。
飛彩先生、今回は手術がメインでした。
専門用語たっぷりで、中の人のセリフが大変そう
最後「俺は失敗しないからな」と言いださないかと、ちょっとドキドキしたのはヒミツ


posted by 風見零 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

仮面ライダー平成ジェネレーションズ

やっとギリギリで行ってきました。

ウィザードまでのご本人登場でしたが、鎧武の佐野くんだけ出番ナシ。
スケジュールの都合でしょうか、ちょっと残念

メインはエグゼイド&ゴースト。
敵はパックマンで、その天敵の名前がゴーストらしいが、元のゲームでもそうなのかな?
やったことないんで判らん。

ボスのドクターパックマンが、佐野史郎さん演じる戝前博士でした。
これはやっぱ白い巨塔的なアレから来てるのか。
ただ他の遺伝子研究所のメンバーが、どう頑張ってもその手のシンクタンク所属に見えないのが残念
棚橋さん、大好きなライダー映画出演はおめでとうだけど。

公開が12月の上旬だったので、監察医がピンピンしてるのが涙を誘った……
社長もまだネコ被ってるし。
先週登場したエグゼイドの分裂形態?はここで登場済みだったのね。

春の映画よりは登場ライダーの数が絞られてたんで、ストーリー的にはそこまでむりくり感はありませんでした。
進ノ介がちゃんと結婚指輪してたり、ラストで子供が産まれましたという、細かいフォローはいいカンジ。
晴人はせっかくだから、もうちょっと背景描いて欲しかったかも。

もう今はジュウオウVSニンニンが始まってます。
最近戦隊VSは見てなかったが、これは過去のレッド総登場みたいなんで行こうかなと思ってたり。
そして今年の春の映画はどうなってるんだろう……

posted by 風見零 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

高橋大輔in日経ビジネスアソシエ

170113_1916~01.jpgデースケのインタビューが載ってます、日経ビジネスアソシエ。
何故ビジネス雑誌に?

『あきらめない力 トップアスリートの提言』というコーナーなので、毎回アスリートのインタビューが掲載されてるのかも。
タイトルは「今の自分にすべてを賭ける・上」
上ってことは来月に下が載るのか。


今月はソチ前後の、モチベーションとケガに苦しんだ当時の心境をかなり赤裸々に語ってます。

こんな風に言葉に出来るようになるまで、どれくらいかかったのか……そう考えると胸が痛むよ。
でもそれを乗り越えたからこそ、全日本の真央ちゃんへのエールが言えたんだろうな。
他の誰にもやれない事だよね。

「苦しみながら得たこの経験は、後輩が世界で戦うために役立つ財産になるのであればいいな、と思っています」というラストの言葉が、自分以上にフィギュアスケートというスポーツの事を思ってる彼らしいな。
posted by 風見零 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

相棒 シーズン15 11話

まさか、相棒レギュラー陣で私生活が映像として初めて登場するのがてるおだったとは!!!!

誰得なんだ……そして想定内の、家庭内でのハブられ具合に笑った
そんなこんなで結構意外性のあった回でした。

てるおこと中園参事官が内村刑事部長に反旗を翻すのは初めてじゃないけど、ついうっかりじゃなくて画策した上でっていうのは初めてかも。
そして青木くんと衣笠副総監の裏取引も判明。
神戸が当初命じられてたことを、青木君は自発的にやってたのね。
「特命係の終わりの始まりだ(にやり)
」と悪い顔してたけど、結局どんでん返しありそう。
最後に衣笠さんが見てた特命係のレポートに、神戸の名前が映ってそこもにやり
ただ小野田官房長まで出たのに、亀ちゃんの名前は映らなかったような……やっぱいろいろあるんですかね?

腹黒い父親と違って、娘の方は捻てはいてもきっちり正義感もあるし頭もいいしで警察官向きっぽい。
それでもJCなんだから、夜道で一人にしちゃアカンだろ特命係。
まあそうでないと話が進まないけどさ。

そういや、キャストに草川佑馬さんの名前があって「え?どの人?」と思ったら、てるおの同期の現職刑事さんでした。
科捜研で風丘先生の前に監察医やってた人ね。
あの頃より更に……ってカンジになってたな(スミマセン)



ラベル:相棒
posted by 風見零 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする