2017年07月05日

宇野昌磨inグッと!スポーツ

しょうまが出るってことで、初めてこんな番組があったと知りました。

嵐のI葉くんとアンジャッシュの大島…じゃなくて児嶋さんがMCやってるアスリートとのトーク番組、でいいのか?
終始しょうまの天然とオトコマエなとこが炸裂してて、楽しかったよ

最初にまず、フィギュアスケーターが大体やらされる「ぐるぐるバットで目が回るかどうか」
なんとここで、しょうまが太ももに筋肉付け過ぎて三輪車に乗れないことが判明。
デニム穿いてたのも厳しかったみたいね。
しかしリハーサルやらないんだ、あの番組
デースケみたいに、ぐるぐるは全然余裕って程じゃないけど、ダーツの腕に関してはデースケより遥かに上を言ってました。
最後に決めたシーンはカッチョよかった

クワドフリップを決めてギネスに初認定された件に関しても「初めてみたいですね」と淡々。
「羽生くんも跳べないんだよね」とズバッと斬り込むI葉くん。嵐は自称絶対王者に紅白をぶち壊された過去があるからか、容赦ないぜ。
でもしょうまは「人によって得意なジャンプは違いますから」と、賢く躱してました。
初認定のTCCのVTR、背景のフェンスに『ジャグラー』というスポンサー見つけて、ちょっと叫んじゃった
当時は勿論オーブは始まってなかったんで全然気にしてなかったけど、そんな会社あったのね。でもジャグラーって「詐欺師」の意味なんだよな。いいのか?

そして一番心を許す、仲のいい先輩として刑事登場。
ベタにBGMは「太陽にほえろ!」
この手の、横一列に並んで歩いてるシーンのBGMにはGメンとかのお約束の使い方って、今だとどれくらい通じるのかな?
お腹がすくと機嫌が悪くなるとか、一旦ハマった曲は延々使い倒すとか、観光に全然興味が無いとかの日常をバラされてたっす
それにしても野菜食べなさすぎだろしょうま
ていうか、肉を食べ過ぎなのか……オレは多分一般人よりはほぼまんべんなく食べられる方だと思うけど、人生そっちのが楽しいよ(余計なお世話)
身体には気を付けてね。

そして最後は真央ちゃんとの関係性について。
有名な、「カワイイから、スケートやりなよ」の一言でフィギュアを選んだというエピがしょうま自身の口から語られました。
真央ちゃんGJ
あまりにも大事すぎて、真央ちゃんには敬語になっちゃうと言ってたな。
デースケのことも好き過ぎて、逆に語れないとインタビューで答えてたっけ。
真央ちゃん本人から「世代が違うし、接点が無い」と言われたにも関わらず、「弟みたいに可愛がっていただいて〜」だの「ジャンプのたびに彼女が心の中で生きてて〜」だの、テキトーなセリフを垂れ流す絶対王者の薄っぺらさとは大違いだわ

最後に、来年のオリンピックについて聞かれ「笑って終われるといいなと思います」と答えたようま。
叶うといいね

ラベル:宇野昌磨
posted by 風見零 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする