2017年07月11日

ポーの一族 春の夢

170711_1145~01.jpg去年、40年ぶりに連載が再開された事で話題になった「ポーの一族」


そのコミックスが出ました。

第二次大戦の戦火を逃れてイギリスの片田舎にやってきたエドガーとアランは、やはり祖国を脱出してきたユダヤ人の少女と出会い……というストーリー。


アラン派なので、今回いつも冷静に振る舞うエドガーが、実はアランがいないと駄目なんだと告白したのは嬉しかったっす(*^_^*)

わがまま言いつつ、もっとエドガーの役に立てたらいいのに…と思ってるアランもかわゆいぜ(*^m^*)

しかし、あの人たちがバンパネラになるとは思わなかったな。
それでも会える存在なのか、会えなくなってしまうのか。
その境目がちょっと切ない(;_;)


そして今回、久々の大老ポー登場。
エドガーでさえ「生きてたんですね……」とビックリしてました。
大老が作ったポーの村が、とあるキャラの暴走により崩壊の危機に。
その毒牙が、もしかしたらエドガーに迫るかも、という含みを持たせて終了。

来年の春に、また新作が始まります。

その告知ペーパーに、さいとうちほの「少女革命ウテナ」の新作も今月末発売の号に載ることが書かれてました。
こっちも懐かしいぜ(^_^)
posted by 風見零 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする