2017年07月08日

ウルトラマンジード 1話

去年のオーブは開始時期に気付かず、2話まで見逃してました

んで、今回はちゃんとチェック。

脚本の安達寛高って、シリーズ構成の乙一の本名なのね。
脚本を手掛ける時は本名で出るそうな。
ちなみになんでジードのオファーが来たのかについては、息子がXでウルトラマンと初遭遇して衝撃を受けたのを見て、オーブの感想なんかをツイで呟いてたかららしい。
ただ一番ビックリしたのは、彼の義父が押井守だってこと
そうだったんだ……あ、だから音楽担当が川井憲次さんだったのかな

本編に関しては、まずやっぱり「デカくなったな濱田くん」でした。
赤ん坊の頃に発見され普通に地球人として成長してたけど、怪獣が出たことでべリアルの遺伝子を持つと認定され、ウルトラマンに。
相棒にペガッサ星人いるのに「ウルトラマンなんて都市伝説」とか言ってたとこ見ると、宇宙警備隊の存在が知られてない設定の世界なのか。
ガイは2枚のカードで変身してましたが、リクは2個のカプセルで変身。
そのあたりは既視感バリバリだったよ

ちなみにジードは「じーっとしてても、どーにもならねえ」というリクの口癖から。
いいのかそれで
あと、去年のライダーをうっかり思い出す口癖もありました

小説家がシリーズ構成のせいか、1話完結じゃなくずっとストーリー的には繋がって、引っ張っていく展開に。
そのうち他のウルトラマンも出てくるらしい。

でも多分、最後まで母親が誰かは判らない気がする(爆)


ところで、今まで土曜日の放送を流してた火曜日17時からのBSジャパンで、来週からは『ウルトラマンオーブベストセレクション』をやるらしい。
11日は1話「夕陽の風来坊」ひゃっほう
セレクションだからどれだけやってくれるかは判らないが、それでも楽しみ
オーブで重要な回はほぼジャグラー出てるし、期待しちゃうぜ
posted by 風見零 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451628777
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック