2018年04月17日

パトリック・チャン 引退

Pちゃんが引退を発表。


まあね……間違いないとは思ってたけど、やっぱり現実になると淋しいよ

デースケたちのライバルで、スケーティングは凄くて、決まるとクワドが雄大で、でもアクセルは苦手で。
若いころのビッグマウスには何度もイラッとさせられたけど、それでも一流のスケーターでした。
ソチ後の休養を経て戻ってきた時には、棒っぽかった演技に円熟味が増して、ベテランの風格をまとうようになって。

ここ数年のクワドバトルには正直付いていけなかったけど、クワドばんばん飛ぶボーヤンくんに、これぞフィギュアという圧巻の滑りで逆転した、16年の四大陸は素晴らしかったよ。

デースケが引退した時、新採点への変化を乗り越えた事や、ジャンプがなくてもスケーティングと表現力で楽しませられると評価してくれたのは嬉しかったな。
でもPちゃん本人も、そういう選手なんだよね。

旧採点時代を経験した選手の方が、今の得点を積み重ねる方法で最初からやってる選手より、スケーティングがキレイだし個性的なんだよなあ。
Pちゃんの引退で、一時代が確実に終了したのは間違いないかな。

デースケに「プレッシャーから解放されて、スケートを楽しむ資格が十分にあると思います」と言ったPちゃん。
キミにもその資格は充分あるよ。

お疲れ様でした。
これからはジャンプに拘らない、素晴らしい滑りの演技を見せてね。
ラベル:高橋大輔
posted by 風見零 at 20:05| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

ぼくらはマンガで強くなった 最終回

デースケがナビをやってた、アスリートとマンガの関わりを紹介する番組が最終回でした。

最後は「スーパーサブ」がテーマ。
最強の控えとして、阪神タイガースの投手・藤浪晋太郎と、陸上の藤光謙司が取り上げられました。
藤浪さんのマンガは「ダイヤのA」で、藤光さんは「スラムダンク」
野球の投手が「ダイヤのA」っていうのは分るけど、陸上で何故「スラムダンク」?と思ったら、藤光さんの推しキャラはメガネくんこと木暮くんだそう。
あー、確かにスーパーサブかもね。

途中で、競い合うライバルは誰かと聞かれたデースケは「織田君」と言ってました。
年も近いし、練習拠点が同じなのでいい刺激になったそう。
コーチ問題は、もう水に流してるんだな。そのあたりもデースケっぽい。

そして最後、テレビには慣れましたかと聞かれ「言っていいですか?苦手です!」と断言してたっす
「もし、噛まずに滑舌よく喋れたら大好きになれると思うけど。でもやってみないと得意不得意は分らない。大変な世界ですね」と。

うん、でもデースケならではのものを求めらえてるんだと思うよ。
普通に喋りが上手いだけの人なら、他にいっぱいいるもん。

ともあれ、半年間お疲れ様でした。
これからもがんばって
ラベル:高橋大輔
posted by 風見零 at 21:18| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

デースケ ZERO卒業

デースケがニュースZEROのキャスターを卒業。

2年間のチャレンジでした。

最後はアニメ監督、細田守を取材。
アニメファンでもあるデースケ、細田作品も当然ファン。
「大ファンでした!」と盛り上がってたっす。

新作「未来のミライ」の原画を特別にチェックさせてもらってたけど、手が震えて上手くめくれず。
うん、気持ちは分る

細田監督はこだわりでキャラに影つけてないのね。
「今そういうやり方してるのは僕くらいかも」と言ってました。確かに劇場版なら更に凝る方へと行きがちな昨今。
キャラに影が無いと聞いて、その昔やってたダグオンを思い出した。
ただあれは単に、予算が無かっただけって気もする(爆)ラスト近くになると、さすがに影付くようになったなそういえば。
柳沢テツヤさんのキラキラした絵柄が好みだったわ……って閑話休題。

特別にデースケも、原画を描かせてもらってました。
ちょっと線がブレてたのはご愛嬌?
あの部分も使われるとしたら胸熱

野球のコーナーでは、同じ名前なんで松坂大輔が気になるとコメント。
やっぱそうか。

最後は、過去映像のダイジェストに送られて旅立って行きました。
「いつも温かい雰囲気だった」と言ってたように、彼の人柄にスタッフも応えてたカンジ。
この経験を生かして、これからも表現者として頑張りたいと語ってました。
彼が紹介してくれなかったら、知らない事もいっぱいあったよ。
一番インパクトあったの、やっぱりブルーインパルスかなあ。あれに乗って、あんなに平然としてたのにはビックリ。
あとは、実は英語が堪能だった事にも驚いた。謙遜しまくってたから、もっと喋れないかと思ってたよ。
大して出来ないのにプレカンで英語で話し初めて、途中から「悪いけど通訳通してくれ」と言われちゃうリサイクルマンとは、やっぱ違うね。

これからは、より表現者の方へシフトしてくれるなら嬉しいな。

とにかく2年間、おつかれさまでした

ラベル:高橋大輔
posted by 風見零 at 20:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

言葉狩りかよ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000007-jct-ent&p=2

去年公開された実写版銀魂の監督が、平昌後に金メダリストの言動を「リアルでフィクションを演じてるみたいで恥ずかしい。ちょっと苦手」と評したコラムを掲載。
翌週「あちこちから叱られました」と謝罪しました。

それが先日ツイに「こう思ってる人、結構いるよね」的に紹介されたら、ユヅリストが気付いて監督に凸。
監督はツイで謝罪する羽目に。



どんだけ非常識なんだユヅリスト




あくまでもリサイクルマンを持ち上げてる上で、個人の感想を書いてるだけじゃん。
世界中の人間全員がリサイクルマンを崇め奉るまで、全方位に凸るつもりか?
バカじゃない?

最後「高橋大輔くんは好きだったんだけど」と書いたのも気に入らなかったんだろ。
とっくに引退した人間に、どこまで粘着するんだよ気持ち悪い。

そしてこいういう騒ぎになって「どうせ羽生ファンが悪く言われるんだから、謝罪なんかして欲しくなかった。ゆづの悪口を言ったのは一生許さない」とか言い出す手合いも出てきて、もうカオス。
アンチが利用したとかの被害妄想も広がってます。

自分たちが非常識だからって、一緒にするな。

しかし、ありとあらゆる言論統制を行ってるリサイクルマンの背後って、どれだけ真っ黒なんだろう。
ちょっと怖いわ。




posted by 風見零 at 21:12| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

2018 世界選手権 終了

シングルは最後までハラハラさせられる展開でした。

女子フリーは明け方のライブだったので、録画してから寝て、起きてネットで結果だけチェック。
「え?新葉ちゃん銀!?すげえ。知子ちゃん銅か〜、じゃあ優勝はザギトワだな」と思ったら……


オズモンドかよ!?


朝っぱらから?が頭の周囲に飛びまくりました。

何にせよ、新葉ちゃんノーミスでリベンジ成功おめ。
知子ちゃんはミスありでも表彰台死守。
めでたく来年3枠復活しました。

ザギは、ジャンプ全部後半ブッ込みのリスクがもろに出たカンジ。
一旦負のスパイラルにハマると、抜け出せずにずるずると……まあ、まだ15だし、でもオリンピック金メダル獲れたし、ドンマイ


男子は最終グループが、悪夢のような自爆大会に

その前に友野くんが、若さゆえに怖いものなしな攻め攻めの演技でPBを20点近くも更新。
演技の最中に観客のボルテージがどんどん上がってって、友野くんと一体化していくかのような高揚感が素晴らしかった。
イタリア人って、そういうあけっぴろげなところはいいね。選手もやりやすそう。

でも上位陣はオリンピックに出場した選手も多かったからか、転倒が続出。
しょうまも、最初の4loと4Fで転倒。
足の事もあって、構成どうするんだろうと思ってたら、オリンピックと難度は変えませんでした。
ショートのインタビューで「怒られるかもしれないけど…」って言ったのは、転倒ありきでとにかく難度をそのままにしようという戦略の事かな。
その後も転倒があって、前半終わった時点でコンボ無しに。
でもそれからが凄かった、4T-2T、3A-1lo-3F、3S-3Tと、全部をコンボに。
三連が成功した時は叫びそうになったし、最後のSにTを付けた時はガッツポーズしたよコンボ券使い切りおめ。

終わった後、やっぱり足を痛そうにしてたのが胸に迫った。


本当に足に故障抱えてたらそうなるよねえ?


自己ベストからは遠く及ばないまでも暫定トップ。

その後ボーヤンくんが登場したんだけど……いやあ、ディダクション9なんて初めて見た
どうしちゃったんだ?ショートで4TがUR取られたのに心折れたとか?
こっちもドンマイ。

そしてそのまま、自爆大会で終わろうかというところに登場したのが、ショートトップのネイサン。


凄かった


ぶっちゃけ2位のしょうまとの点差を考えれば、安全策で行ってもあっさりワールドチャンプになれたはず。
でも彼はそんな低い方へ流れるような選択はしませんでした。

本人にも再現は不可能では?と思われてた6クワドに、再びチャレンジ。
しょうまとの点差が50点近いという、圧倒的な強さで優勝。
おめ

けどその構成でも、歴代得点では2位なんだよね。
そして一応1位の記録を持ってるリサイクルマンのオタが「2位じゃないもん、数字的には4位だもん!マスコミの捏造!悪質!」と暴れてます。

アホか。

何度言われりゃ、歴代最高得点が個人ベースだって判るんだ。
ていうか、元々違う試合の得点比較に意味なんてないっつーの。

そいうや、リサイクルマンのオタ、今実写版銀魂の監督に凸ってるんだよね。
「羽生ファンは怖いって噂が流れちゃう」とか言ってるけど、自分たちの行為がそもそも悪質なんだってt自覚持てよ。

ともあれ、しょうまの銀と友野くん5位のおかげで来年も無事に3枠確保。
刑事くんは13位。ライブ放送後に演技が流れたけど、最終グループの自爆大会の後に見ると、結構いいじゃんってカンジ。
お疲れ様でした。

ラベル:宇野昌磨
posted by 風見零 at 21:54| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

2018世界選手権男子ショート

しょうま、欠場も考えたらしい
 
でも彼、責任感強いからな〜。リサイクルマンが逃げた以上、自分に枠取りがかかってるの嫌ってほど判ってるだろうし。
ジャンプ構成は、最初の単独を4Tにして、コンボを3S-3Tにする予定…だったけど、オーバーターンが入って後半が2Tに。
最後の3Aは綺麗に決まりました。
Sにしたって事は、トゥをつく時に痛むのかな。本人は痛み止めとアドレナリンのせいで痛みは感じてなかったから、もっと攻めても良かったかも、フリーは攻めたいと言ってましたが……


無理しないで〜



順位は5位。
クワドひとつアンダー取られたボーヤンくんの下です。
トップはオリンピックの悔しさを晴らしたネイサンくん。
友野くんは11位、刑事くんは14位でした。
刑事くん、得点知った時はどんな失敗したんだと焦りましたが、3Aが2回転になっただけで他は良かったよ。

今回は仕方ないから、2枠になっても構わないよ。無理だけはしないで。
デースケも言ってたように、しょうまにはまだまだ先があるんだから。
その上で、みんなが満足する結果で終われますように(祈)

ラベル:宇野昌磨
posted by 風見零 at 20:40| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

2018 世界選手権女子ショート

今季のラストを飾る、ワールドが始まりました。

女子シングルの後半からはライブ放送。
最近のフジはやる気あるな

さかもっちゃんに代わって出場した新葉ちゃんは、コンボの後半で転倒。
うーん残念。
8位発進です。

地元の期待を一心に受けたコストナー、ジャンプ跳ぶたんびに会場が揺れるくらいの歓声が上がってました。
欧米でのフィギュア人気は凋落の一途を辿ってるけど、やはりオリンピック後で、上位が期待出来る地元選手が出ると違うね。
ジャンプノーミス、若手とは格の違う滑りで80点超え。
まあぶっちゃけ地元アゲと引退(おそらく)ご祝儀もあるだろうけど、高得点に相応しい演技ではありました。

その次はオリンピックチャンピオンのザギトワ。
コンボの3ループがちょっとヤバいカンジで、あーもしかしたらコスは越せないかもと思ったら案の定。
しかし、彼女の得点が出た時の観客の盛り上がりも凄かった。
判りやすいなイタリア人

平昌銅メダルのオズモンドは2Aで転倒…かと思ったら、ディダクションついてなかった。
うーん

最終滑走は知子ちゃん。
彼女もコンボ後半の3Tがヤバいなと思ったら、アンダーローテでした。
でもそれ以外はまとめて3位。
新葉ちゃんと二人で順位キープしたら、来年はまた3枠に戻れます。ガンバレ✊


そして今夜は男子シングル。
しょうまの右足、大丈夫かな。病院で診てもらって骨折じゃないとは判明してるけど。
骨折を疑う痛みがあったって事だよね。
ホントに無理だけはしないで
暖かく見守ろうというデースケの言葉が嬉しかったです。


posted by 風見零 at 20:29| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

リサイクルマン 欠場

リサイクルマンがワールド欠場を発表。

ネットで口を揃えて「うん、知ってた」と言われて笑った

ていうか、エキシ練習で足のケガ設定忘れたみたいにはっちゃけてたの、最初から休む気満々だったからだよね。
だったらさっさと発表しろよ

代わりは無良くんではなく友野くん。
おっと、いきなりの大舞台だが、今後を考えるとここで経験しとくのもいいかもね。
宇野、田中、友野かあ……ほのぼのした面子だな。
デースケのナビとも上手く絡めそう。
共演NG出すような、肝のちっさい男はいないだろうし。

久々に清々しいワールドが楽しめそうです。
みんなガンバレー
posted by 風見零 at 20:29| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

平昌オリンピック 女子フリー

デースケから ま た に げ た

ヒーローズの放送初回、ワールドで派手な逆転負けをしたリサイクルマンは、さんまがゲストなのにもかかわらず、デースケがスタジオにいたからか直前でドタキャン。
その後も彼がナビやってる全日本は不自然な理由で欠場。
次のワールドでは、インタビューしたのは女子アナ。

そして今夜のフィギュアSP番組。
最初に生出演したリサイクルマンのインタビュー相手は、何故か野村さん。
そしてしょうまに代わると、相手もデースケに代わってました(爆)

わ か り や す い な

でもしょうまも、無理やり憧れ設定にされてるリサイクルマンがいない状況で、本当に憧れてるデースケの隣で嬉しそうだったし結果オーライかな。

ともあれ、女子も終わってフィギュアの全日程が終了。

金メダルはザギトワでした。
上り調子の若手の勢いって、やっぱり凄いな。
メドベはショートの差が響いて2位。
フリーの得点は一緒だったんで、まさにショートが明暗を分けた感じ。
ちなみにフリーで同点の場合は、演技構成点が高い方が順位上です。

3位は、おそらく日本中のほとんどの人から「悪いけど失敗してくれ」と祈られていたであろうオズモンド。
でも、自爆癖は発動しませんでした。

そして4位に知子ちゃん。
パーフェクトな演技でPB。おめ。
さかもっちゃんは6位入賞。シニアに上がったばかりでオリンピックに出てこの成績。
凄いよ。
ただ、コスの後に滑ったんで、まだまだお子様な滑りなのが目立っちゃったカンジ。


とにかく、女子は高難度で攻めた選手が他をねじ伏せて優勝といった印象でしたね。
比べて、不透明な加点とPCSを頼みに、低難度に縋った選手が優勝した男子……
バカバカしい。

そして「まだ足が痛むんですう〜痛み止め飲んでてえ〜」と言いつつ、ジャンプ跳びまくってはバカ騒ぎしてるリサイクルマン。
ぶっちゃけ、不信感持たれてるよ。舞い上がって気付いてないかもだけどね。

男子以外は、見ごたえのある試合でした。
みんな、お疲れ様。

posted by 風見零 at 21:23| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

平昌オリンピック 女子シングル ショート

今日から女子。

日本勢はまずはさかもっちゃんが登場しました。
ノーミスで滑り終えて自己ベスト。

そして最終グループ、まずはメドベ。
こっちもノーミスで自己ベストあんど最高得点更新。

それに続いて知子ちゃん。
団体では回転不足取られた最初のコンボ、画面のテクニカルゾーンが黄色になってたんで「うわっ、またか!?」と思ったけど、無事に認定されてました。
こっちもノーミスで自己ベスト。

そして登場したザギトワ。
これもまたノーミスで自己ベストぷらす、ついさっきメドベが更新した最高得点をまた更新。

なんだかもう、くらくらする。
割りとオリンピックは大盤振る舞いの傾向あるけど、とにかく女子はインフレが凄い

結果、ザギメドでワンツー。
3位にオズモンド。
コスはコンボ後半がダブルになったり、フリップで手を突いたりして、さかもっちゃんに次ぐ6位。
日本女子は二人ともフリーの最終グループに入りました。良かった

金銀は、どっちがどっちかはともかくまあ決まってるんで、残る一枠の争いになります。
オズモンドが自爆すれば、知子ちゃんやさかもっちゃんにもワンチャンあるぜ。
ガンバレ★

posted by 風見零 at 20:39| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

平昌オリンピック 男子フリー&アイスダンス

これからは、何年も同じプロを使い回し、低難度のジャンプ構成でも加点さえあれば高難度ジャンプの選手にミスありで余裕に勝てる。
これがトレンドになっていくんですかね(棒)
SとTだけなら、せめて見た目だけでもノーミスしろよ。
あれだけミスって、演技終わったとたん「勝った!!」?
2位と3位のなんですやしょうまもまだ残ってたんだよ?
転倒さえなけりゃ、勝たせてやるとでも言われてた?下衆が。

OR出しながら、まだ滑る選手がいるからと喜びを押さえてた小平選手と比べると、リサイクルマンの精神性の醜さが際立つわ。

優勝に浮かれてしょうまに頭撫でのマウンティングするだけじゃ収まらず、「ペットみたい。でも支配できてない」

……はあ?
日ごろから他人を支配したいって意識が無いと、出てこないよねそんなセリフ。

そしてケガについては、辻褄の合わない時系列と症状をベラベラ。
設定くらいきちんと決めとけよ、カメラの前で喋るなら。
マジで頭悪すぎ。

ワイドショーでコメントしてたこづと佐野さんが、「足が痛むようには全く見えませんね」と口をそろえてたのには笑った。
意識してじゃないだろうけど。あ、もしかしてこづはわざとかもね。

金メダルに必死なリサイクルマンと違って、「五輪も他の試合と変わらない」と言い切るしょうまが大物だったわ。
彼の憧れはデースケだから、試合の結果よりもどう滑ったかが大事なのは当然だと思うよ。
でも報道ではまるでリサイクルマンが憧れみたいに流されてるから、一般人は騙されるんだろうな。
しょうまにとってリサイクルマンは「ジュニアの頃は知らなくて、気が付いたらオリンピックチャンピオンになってて、今でも敬語で喋る人」に過ぎないのにさ。もしくは追い越すための標的。

ともあれ、一名以外はお疲れ様でした。

Pちゃん、ワールドには出ないっぽい。
あれが最後の演技か……引退なら、もうあれ程の卓越した大人の滑りを見せるスケーターは当分現れないだろうな。
しょうまが頑張って続くといいよ。


そして今日はアイスダンスに決着が。
パパシゼ、フリーではトップだったもののショートの点差が響いて2位でした。
しかしバーモイとの優勝争い、物凄かったです。
互いに世界最高得点を更新しまくる、ハンパないガチバトル。
パパシゼの月光はひたすら美麗で、バーモイのムーランルージュは妖艶かつパッショネイト。
この2組が凄すぎて、最初から他のカップルは3位争いだったのがね。
そこを抜け出したのは、アメリカのシブタニズでした。銅メダルおめ。
かなクリは15で終えました。今季のフリーの桜メドレーほんとにすき。
頑張った。

さて、明日からは女子。
こっちも実質3位争いの様相を呈してますが、果たしてそこに滑り込むのは果たして?


posted by 風見零 at 21:31| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

平昌オリンピック 男子ショート

男子シングルが死ぬ日が、ついに来てしまうのか……
正義はこの世には無いの?

予定表には4loって書いてたけど、最初からSとTで行くつもりだったろ?
「ずっとSで練習してたから」のずっとってどのくらい?
団体戦を回避しなきゃならないほど最近まで回復していなかったとか、大嘘だよね。
まあ嘘が判明したところで、リサイクルマンの虚言癖リストに新しい項目が増えるだけだけど。
ただ、最高得点を更新させなかったのは、最後の良心かな。
フリーには4lo入れるのかどうか。入れなかったらライサに土下座しろよ。

しょうまはノーミスでまとめました。でも3位。
団体の時より1点しか上がってないんだよね。本人は満足げだが。
フリーも思いっきりやってやれ。

2位はなんですくん。
トップ二人がSとTって、正直ショボい
でもクリケット加点バリバリ。
まあ、彼のショートは雰囲気にあってて、スケートを堪能させてくれるものだからまだ許せるけど。

高難度ジャンパーのツートップのボーヤンくんが4位。
そしてもう一人のネイサンくんは……ジャンプ自爆して沈みました
デニスくんなんか、フリーに進めなかったよ…リサイクルマンの被害者は、ことごとく悪い運のサイクルに巻き込まれてるカンジ。
けどソチでお腹切られたPちゃんは、なんとか最終グループに滑り込みました。良かった
刑事くんもフリーに進めたし。
彼が冒頭のジャンプを失敗した時、「ああ〜っ!」って観客席で叫ぶデースケが目撃されたそう。

もう、明日で決着か。
一人以外はみんないい演技が出来ますように(祈)



ラベル:宇野昌磨
posted by 風見零 at 20:31| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

平昌オリンピック 団体戦終了

ロシアから来た人々がいなかったら、日本もメダルワンチャンあるかと思ってましたが、流石に無理ゲーでした

ただ、初出場の知子ちゃん、花織ちゃん、刑事くんは個人戦の前にオリンピックの雰囲気経験出来て良かったかも。
しょうまもノーミスは本番でね。

優勝はカナダ。
Pちゃんこれで、団体とはいえ金メダリストか。おめでとう。
以前はビッグマウスにムカついたこともあったけど、やっぱり君の滑りは別格だよ。良かったね

2位はロシアから来た人々。
これ、もしかしてコリャダくんのやらかしが原因……?
なんか男子のショートはしょうま以外ボロボロだったもんねえ
そしてザギトワは、案の定爆盛りでした。個人戦、メドベとザギ、どっちに軍配が上がるのか?

3位はアメリカ。
なんつっても、長洲未来ちゃんの3A成功が素晴らしい
今シーズン認定まではされても、なかなか加点の付かなかった彼女の3Aでしたが、クリーンに決めて加点もバッチリ★
いやあ良かった。オリンピックで3A決めたのは、これで3人目。
個人戦もガンバレ


そして当然のように、リサイクルマンは応援には現れませんでした。
ショートは見てたらしいが、それについてのコメントが「誰よりも勝ちたい」「伸びしろは自分が一番ある」





……はあ?




それだけかよ。
自分がブッチしたせいで頑張ってる日本チームのメンバーに、何か一言無いのか?
そして今日の会見では「こうやってたくさんの方に囲まれて取材を受けられる選手も限られるし」とか、相変わらずの何様発言。
しかも自分の金メダルのおかげで、フィギュアを見る人が増えたとか寝言抜かすし。
ソチ前の方がフィギュアの視聴率、よっぽど良かったよ。
ソチ後に増えたのは、アイドルのおっかけ気分でフィギュアそのものはどうでもよく、世界中に恥を晒すはめになった悪質ユヅリストだけだよ

何度でもいうけど、こんなやり方を許したら男子シングルは死ぬ。
今後のためにも、正義が行われることを祈ります。

posted by 風見零 at 21:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

面倒事って何だ?

昨日調子こいた発言したオーサーですが、リサイクルマンがいつから氷上練習を始めたのかという質問に「いつからかは知らない。彼に聞いてくれ。面倒事には巻き込まれたくない」と応えたらしい。




コーチのくせに、練習再開した時期知らないのか?
それコーチって言えるのか?




もしかして向こうサイドがスケ連に一方的に伝えてた情報がまるっと嘘で、実はピンピンしててとっくに練習もしてるけど、団体に出たくないから嘘ついてた。
で、オーサーが迂闊な事言うとそれがバレるんで、箝口令を敷いたとか?


有り得そうで気持ちワルイ……


今日発売の新潮の記事に、他からの情報で団体回避がバレたから、仕方なく公開したとか載ってるらしい。
つまりバレなきゃシレッと団体直前まで隠蔽し続けてたって事?
どこまで浅ましいんだ……頼むから誰でもいい、あの卑劣漢を叩き潰してくれ。
しょうまやネイサンやなんですくん達がまともに採点されたら大丈夫だけどね。
ボーヤンくんやPちゃんでもいいのよ。
posted by 風見零 at 20:35| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

2018 四大陸選手権 フリー

ボーヤンくん、優勝おめ

しょうま惜しかった。
でもフリー冒頭の4loのどこに刺さる要素が?
謎だ……最初はちゃんと加点まで付いてたのに
でも後半のコンボ券使いきったのは収穫だったね
ショートもフリーもミスありながらも300点近く出たのは、結構好材料かも。

そして今回、衣装を黄色バージョン+オールバックに変えてました。
世間的にはあんまり評判良くなさげだが、個人的には割とアリかもって気がした。
皇帝風味あって。
ただしょうま自身も、オリンピックにはブルーに戻すと言ったらしい。

刑事はジャンプが抜けて、4位に後退。
惜しかった

しょうまがトップに立ってから最終滑走がボーヤンくんという、去年のリサイクルマンとネイサンくんと同じパターンでしたが、しょうまはリサイクルマンみたいに「金が欲しい〜、金くれ、金!」なんて下品なセリフ吐かなかったよね。
あれはホントにみっともなかった

女子はなんと、さかもっちゃんが逆転優勝。
すげえ……彼女のジャンプは、見ててスカッとするわ。
2位は前回女王の三原さん。
最後にまとめられて良かったね。
知子ちゃんは回転不足+サルコウ転倒で3位に後退。
それでも日本女子表彰台独占しました。
オリンピックは、ロシアッ娘にどう立ち向かうかだね。



そして今度の四大陸は、カナダのケビン・レイノルズくんの引退試合でした。
日本大好きで日本のアニメやゲームの音楽でも滑ってくれたケビン。
日本語もペラペラなんだよね。
クワドエルフと呼ばれ、4回転不遇の時代も跳び続けてました。
4loの初認定は、彼にあげたかったな…
ともあれ、長い間楽しませてもらったよ、ありがとう。 
お疲れ様でした

ラベル:宇野昌磨
posted by 風見零 at 20:38| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

2018 四大陸選手権 ショート

オリンピックの前哨戦、四大陸が始まりました。

女子は宮原、坂本、三原が1位から3位まで独占。
まあアメリカとカナダは代表は出てないとはいえ、やっぱり凄い。
さかもっちゃんは70点を超えてきました。

男子はしょうまが1位発進。
もっとも、クワドの後半がダブルになっちゃって、ステップのレベルも2。
それでも100点超え。
本人はやっぱり不本意っぽい。まあ、この構成で次にパーフェクトしたらいいさ。

2位はボーヤン。
こっちはノーミスで初の100点越え。
ケガの間に肉体改造したのか、前よりたくましくなってたっす。
デースケも練習を見て「ジャンプの軸がまったくズレない」と感心してたよ。
しょうまとの点差はほんとにちょっぴり。フリーが楽しみだ
ちなみにこの四大陸でしょうまが優勝すると、彼がランキング1位になります。
それが気に入らないリサイクルマンのオタが、ボーヤンガンバレとか言ってて吐き気した
どこまで下衆なんだあいつら。

3位は刑事。
こっちもノーミス。
いやあ、カッチョよかったよ〜
マジで男の色気むんむんでした。デースケに指導受けられて良かったね。

ただ残念なのが無良くん。
クワドが抜けてダブルになっちゃたんで、ノーカン。10位です。
オリンピックの補欠なんだから、まだ気を抜かないようにね。

今、女子のフリーの真っ最中。
日本女子表彰台独占なるか?

そしてデースケは髪切って、なんかベッカムヘアになってましただ
posted by 風見零 at 21:15| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

バチが当たらないかな

しょうまたち、四大陸に出場する選手が現地入りしました。

フランス大会の時に、しょうまがリンクを貸し切りにしてたというガセネタを流したリサイクルマンのオタが、今度も一週間前から現地入りしてる!ズルイ!と大騒ぎ。
会場にはまだリンクも設営されてなくて、しょうまは日本にいるという証言もあったのにさ。
そしてガセだと判明しても、元ネタを流したリサイクルマンのオタは知らぬ損ぜぬ。
ふざけんな

でももっとふざけんななのは、オリンピックの帯同パスの数が不公正だと思い込んで、刑事に暴言吐いたこと。
基本一人につき二枚で、複数の教え子がいるコーチなんかはそのうちの一枚で入れるから、別に全員の分が二枚ずつだとは限らない。
リサイクルマンは、本来資格の無いスピリチュアル系の整体師をコーチ扱いで発行してもらってる。
オーサーはなんですもいるし、そっちで賄えてるんだろうと想像つくよね。
なのに「ゆづは一枚しかパスもらえてない!城田さんや両親の分まで出してもらわないといけないのに!ソチの時も高橋は何枚ももらってて、ゆづには少なかった!(これもガセネタ)スケ連がいじわるしてる!ゆづは困ってるはず!あたし達が声を上げて、ゆづの不公平な扱いを正さなきゃ!」と大騒ぎ。
まあ、そこまでは通常営業でまたかって感じだが、そこから更に「田中のパス三枚じゃね?ゆづが一枚なのに、なんで田中がたくさんもらってるんだよ!どうせ思い出出場なんだから、ゆづにパス寄越せ!!」と言い出すバカが現れました
 

思い出出場?ふざけんな!



刑事は選考会の全日本にちゃんと出て、2位になって真っ当に選ばれたんだよ。
特例救済出場のリサイクルマンとは違うんだよ!!

大体城田はコーチでもトレーナーでもコレオグラファーでもないし、親同様パスもらう資格なんて無いっての。
もらえたらその方がビックリだ。

リサイクルマンオタの非常識さにはいい加減慣れたと思ってたが、予想の遥か斜め下行くな連中は。
どうかその醜い行為に相応しいバチが当たりますように(祈)

ともあれ、四大陸に出るみんなは実力を出せるように頑張って
ラベル:宇野昌磨
posted by 風見零 at 20:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

ぼくらはマンガで強くなった 必殺技

今回のテーマは「必殺技」

柔道と野球という、必殺技がありそうなジャンルに加えて、最後はフィギュアスケートでした。
取り上げられたのは伊藤みどり。
てことは当然出てきた必殺技はトリプルアクセル。

今のみどりちゃんのコメントを交えて、過去の映像が取り上げられてました。
デースケに向かって「大ちゃ〜ん」と手を振ってたよ。
世代はズレてるけど、やっぱりトップ選手同士繋がりはあるのね。

何度見ても、ポカンとなる高さと幅の凄さ
真央ちゃんや紀平さんのとは、ジャンプそのものが違うカンジ。
あんな3Aが跳べる女子って、今後出てくるんだろうか……

どんなに時代が変わっても、本当の輝きを持ったものは消える事は無いよね。

それが全然判ってないオタだらけのリサイクルマンが、一週間前から練習を開始したらしい。
相変わらず向こうからの情報を伝えるだけの、無能スケ連。
とっとと団体のメンバー決めろよ。しょうまと刑事に迷惑かけてんじゃねえよ

しかし、デースケが「一ヶ月前に通し練習が出来れば間に合う」と言った、そのまんまのタイミングでコメント寄越したな。
まさか擦り寄ったんじゃないよね
ラベル:高橋大輔
posted by 風見零 at 20:14| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

デースケwith綾瀬はるかinコカコーラCM

今日解禁になった、デースケのコカコーラCM

綾瀬はるかがフィギュア選手になり、そのコーチがデースケで……という夢を見て、現実ではコーラ飲みながらオリンピックを観戦するという内容。
一足早くコーチやってみたよ的な?
芸能人の隣にいても引けを取らない華は流石
ただ、肩に手を置いてるけど実際は別撮りで合成らしい。
現役時代にオロナミンCのCMで上戸彩と共演した時は一緒だったから、朝からテンション上がってたとさ
新人営業マンに扮して「外、回って来ました」とリンクでジャンプ。
「回るのは得意なんで」というボケが微笑ましかったっす

ソチシーズンも、シンボルアスリートだったからいろんなCMに出てたな。
アサヒビールのデースケプリントの缶ビール、今でも残してるよ。


そういや、今のシンボルアスリートはしょうまと知子ちゃんなんだよね。
だからJOCのあけおめツイに、フィギュアからは二人の写真が使われてた。
そしたらリサイクルマンのオタが「なんでアレが使われてるのにゆづはいないの!」と公式へ凸。
そりゃシンボルアスリートの肖像権持ってるんだから、使うの当然でしょ。
それも知らずに発狂するという、相変わらずの恥さらし。
本尊は金メダル取ったにも関わらず、その年にシンボルアスリートはクビになったよ。
だから使われないんだよ。
それくらい把握しとけよ。

オリンピックシーズンに、盛り上げるための新作CMの一つも無く、引退したスケーターに話題持ってかれる一応ディフェンディングチャンピオンのリサイクルマンが惨めすぎてもうね……

ともあれこれから、ガンガンCMが流れるかと思うとwktkです
ラベル:高橋大輔
posted by 風見零 at 20:54| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

高橋大輔 正月番組

元日は嵐にしやがれSPに登場。

MJとのアクション対決でした。
襲われているヒロイン?を助けに行って、ゾンビとバトった後シャッターのボタンを押し、閉まる前に滑り込んで脱出出来るかを競うゲーム。
CMでは「MJ、恥をかいてもらいますよ」なんて似合わないセリフを言ってて笑った

デースケが助けるのは平野ノラ。
「お前たちの相手はこの高橋大輔だ!」なんて、宮内さんなら難無く言うであろうセリフも棒気味でしたが、アクションは振り付け同様難無く熟してました。
「今行くからな!」っていう動きながらのセリフはハマってたんで、カッコつける言い方が苦手なのかもしれん。
降りるシャッターの下を、ギリギリですり抜ける姿も振り付けの一部ぽくてカッコ良かった

結局成功したのはデースケとMJだけ。
でもギリギリ具合が評価されて、デースケが優勝
平野ノラからは惚れられそうに。
感想を聞かれて彼女のセリフをもじった「生きてて良かった2018」と、咄嗟に答えてたっす。
バラエティにも馴染んで来たな



3日は「消えた天才」で、デースケが小学生時代1度も勝てなかった相手を紹介する番組でした。
同じ「ダイスケ」くんで、デースケは全敗してたそう。
ただそのダイスケくんは、家庭の金銭的な事情で中学校に上がる時点でフィギュアを辞めてしまったとか。
やっぱり厳しいんだな……そのエピに絡めて「高橋くんも金銭的には恵まれてなかったけど、地域で支えて援助したんですよね」と、きちんと言ってくれたのは嬉しかった。

今は倉敷で、ジャンプの高梨沙羅ちゃんが所属しているクラレの社員になってました。
もしお金の心配が無くフィギュアを続けていたら、自分もオリンピックに行けていたと思うかと聞かれた時は「いえ」と即座に否定。
デースケが靭帯断裂の大怪我から復帰した、あの姿を見たら、自分には無理だと思ったそう。
デースケの日本男子初の銅メダルには、我が事のように嬉しかったと語ってました。
今でも人間として尊敬しているという言葉には、ジーンとしたよ

こういう番組見ると、アスリートって成績さえ残せばそれでいい訳じゃないのが良く判るな
ラベル:高橋大輔
posted by 風見零 at 20:45| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする