2009年08月05日

魔人探偵脳噛ネウロ コミックス23巻

ついに最終巻です。

表紙はネウロ&ヤコと、背景にオールキャラ。
帯のアオリが『ジャンプ史上に残る異色探偵漫画』になってて、なんか納得しちゃった。
デスノも探偵モノなのかもしれないけど、"謎解き"という点でより探偵漫画してたのは、やっぱネウロだよね。

もう笹塚は語られる思い出にしか登場しませんが、彼らの中でちゃんと生きてるんだなあ。
特に吾代の『あの刑事のことならよく知ってる』というセリフにじ〜ん……たらーっ(汗)
本編では数えるほどしか顔合わせてないのにそう言いきれるってことは、見えないトコで会ってたんだよねきっと黒ハート(ということにしておいて下さい)

2ページにわたる松井先生のあとがきによると、ネウロはアンケート的には安定してて、打ち切りの心配は全然無かったっぽい。
くそう、掲載順に一喜一憂してたオレのハラハラをどうしてくれる←八つ当たりふらふら
でも良かった……ジャンプでそういう展開でかけて、思い通りのラストを迎えられる作品てほんとに少ないと思うから。

松井先生、4年間お疲れ様でした。

しばらく休んで、英気を養って、また新しい作品を見せて下さい。
願わくはそれにまた萌えがありますように……黒ハート



posted by 風見零 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

魔人探偵脳噛ネウロ 22巻

遂に始まったネウロVSシックスのラストバトル。

この巻の個人的見所は、笹塚の分まで闇を背負っていく決意をした笛吹と、Xの最後の笹塚への変身。

松井先生にとっても予想外だった(爆)笛吹の成長っぷり。
確かに、4巻で推理外した挙句眼鏡すり落としてた人と同一人物とはとても……(^^;)
これからも警察で笹塚の分まで頑張ってね。ほろりたらーっ(汗)
笹塚に関しては、私としてはあの廃墟で撃たれたふらふら時点でもう終わってるんだけど、やはりヤコちゃんにとっては言葉が必要だったんでしょう。
しかし、登場人物紹介のコメには泣けたよもうやだ〜(悲しい顔)

このあたりは連載中に毎週ハラハラ…うーんちょっと違うなあせあせ(飛び散る汗)、逆に何が起こっても受け止めてやるくらいに腹をくくって読んでました。
コミックスも残すところあと1巻。
もう来月には発売されます。
勿論最後まで話は知ってるけど、やっぱりちょっとドキドキしちゃうかも。


posted by 風見零 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(1) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

魔人探偵脳噛ネウロ コミックス21巻 発売

ついにこの日が来てしまいましたふらふら

帯に書いてある"最後に彼は、微かに笑った"という文字を見ただけで泣けてきますもうやだ〜(悲しい顔)

今は、ヤコちゃんや他のみんなが全部乗り越えて、未来に向かってってるのは知ってるけど、でもだからこそ笹塚の微笑が切ない。
その未来に、彼はいないんだよね………



やっぱり私にとって、ネウロという作品は笹塚とイコールだったんだなあと思い知らされました。

ご冥福をお祈りします。




うううう…………たらーっ(汗)


posted by 風見零 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

魔人探偵ネウロとわたし(作文?)

ジャンプにネウロが載っていない月曜日って、もしかして私がハマってから初めてかも……
松井先生、計画的な人だったからなあ。

ネウロは、第1話を読んだ記憶が正直ありません。
多分気にしてなかったんだろうな……ゴメンなさいあせあせ(飛び散る汗)
実は、ネウロに関する一番最初の記憶は、竹田が豹変して窓から忍び込んでるシーンだったり(爆)
あれをたまたま目にして『……なにこの凄い絵はたらーっ(汗)』とビックリしたのが読むようになったきっかけ。
私、驚くとついハマっちゃう傾向があって(^^;)
でも、しばらくは読んでるだけだったんですよね。
萌えが発生したのは、パトロン編。吾代とユキの絡みがツボでさ。
その時の冬コミで2人の本無いかなと探してみたっけ。当然無かったけどたらーっ(汗)
で、年明けにコミックスの4巻が出たんですね。それでまあ、試しに買ってみようかなと思って購入。

―――そのあと、一気に1〜3巻まで揃えました。
実は笹塚は、それまで全く気にしてなかったんですよ(^^;)
でも、まとめ読みした後はどっぷりと彼にハマってました。
暗い過去をしょった、実はイイオトコ黒ハートもろツボじゃんハートたち(複数ハート)なんで気が付かなかったんだろう(><)
吾代と笹塚という、好みのタイプが2人もいたので一気に盛り上がったものの、あの独特の作風から打ち切られるかもと結構毎週ビクついてたのも、今ではいい思い出です(苦笑)

ハマってからは3年ちょっと、本当に楽しませてもらいました。
ずっと願ってた、笹塚に幸せになって欲しいという願いは叶わなかったけど。
彼は多分、自分の一生に悔いは抱いてないと思います。ドラマとしても判りますよあの展開。
でも、ファンのわがままを承知であえて言わせてください。

どんなに見苦しくても、満足のいく結果が得られなくても、生きてて欲しかった。

私の好きになるタイプからして、今までにも色んなキャラに死なれてきましたがたらーっ(汗)笹塚ほど、その死が完膚なきまでに"存在の消滅"として認識されたキャラはいなかったような気がします。
ただひたすら、死んでしまったのだという事実を受け入れるしかないという現実。
切なかったなあ……
その中で、吾代だけが笹塚の本性に気付き、本当なら一人で死んでいった笹塚の最期にヤコちゃんが間に合ったのだけは、救いと言ってもいいかも。
ありがとう吾代。
笹塚が生き延びてれば、いいコンビになれたろうにね(カプでも可・爆)

さまざまな危機を乗り越えて、4年間描ききった松井先生に、今はただご苦労様と言いたいです。
ネウロという作品を生み出して下さって、本当にありがとうございました。



posted by 風見零 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

今週のネウロ ジャンプ21号 最終回 謎

遂に最終回。
カラーの扉絵は、ネウロと卒業証書の筒を持ったヤコちゃんが桜の中にいる絵です。
ネウロの手に"THANK YOU"の文字が……ホロリたらーっ(汗)

ヤコは探偵を続け、吾代はもっちーのところで相変わらず(髪が早乙女社長に拾われた頃にまで戻ってたのにみょーに感動)で、石垣と等々力も、早坂ブラザースも、そのほかの人たちも基本相変わらずな日々。

そして、葛西が生きてた☆
うわービックリそうきたか。シックスより長生きしたいという、彼の望みは叶ったわけだ。
ちょっとカンドーしたよかわいい

そしてそして、飛行機に乗ってるヤコの席の窓に足が……バージョンアップした魔界電池の髪飾りをつけて彼が戻って来ました。

とにもかくにも、松井先生4年間お疲れ様でした。

笹塚に関しては、後日別記したいと思います。
posted by 風見零 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

今週のネウロ ジャンプ20号 第201話 人

遂に、来週最終回。なんとセンターカラーです。
いや正直、そこまでいい扱いの最終回が迎えられるとは思わなかったよ(爆)
済みません、松井先生あせあせ(飛び散る汗)

ゼラ(なんと女・爆)から、このままだと死ぬと伝えられて魔界に戻る事を考えるネウロ。
ただし、一旦戻ってしまえば、また同じこの人間世界に戻ってこられるかは判らない……

そんな魔人様の背を押すヤコちゃん。
人間は、すっかりネウロの想像以上に進化していて。
ヤコの頭をネウロが引き寄せたシーンでは、『ページめくったらもしかして……(ちょっとドキドキ☆)』とか思いましたが、そんなこともありませんでした(^^)

でもネウロからヤコへの「留守を頼むぞ、相棒」の言葉が。
多分、最高の褒め言葉だろうな、たとえザ・なめくじ呼ばわりでも(^^;)

ネウロが消え、2年の歳月が流れてヤコは19に。
どんなラストを迎えるのか……
posted by 風見零 at 18:55| Comment(5) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

今週のネウロ ジャンプ19号 第200話 魔

祝・連載200回かわいい

ネウロを救ったのは、春川教授のシステムを使った結也でした。
でもシックスを倒す為に力を使い果たした魔人様は空っぽに。
衰弱したネウロはすんごい色っぽいです(^^)

全てが終わった事を、笹塚の墓(………たらーっ(汗))に報告に行くヤコちゃん。
笛吹さんと筑紫くんが先に来てました。
哀しいけれど、これでやっと笛吹さんは笹塚への気持ちに決着が着けられたのかも。
筑紫君とお幸せに(違)

そして、かなり引っ張ったゲゲゲの人の正体が明かされます。

遂に、ネウロ以外の魔界の住人が登場☆

いやあ、そっちの方向はナシでいくかと思ってたからちょっと意外だったな。
ただ、下っ端の下級魔人だそうですが。

このままだとネウロは死ぬと告げられます。
もしかして、一旦魔界に帰るとか?
以前、シックスの事件が"魔人と女子高生探偵・桂木ヤコの最後の事件"というモノローグがあったけど、女子大生探偵になってたヤコの元にネウロが戻って来るとかいうオチならありえるかも(^^)

さて、どうなりますか……


posted by 風見零 at 18:18| Comment(3) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

今週のネウロ ジャンプ17号 第198話 6

扉の彼は、少年時代の6…だよね。

うわあ、もったいねえあせあせ(飛び散る汗)

なんか、松井先生って少女より少年の方が色っぽく描けるんではという気が。

そしてやられるネウロもお色気3割増しなカンジです(^^;)
お互いの、種としての存在をかけたラストバトルは、ネウロの命をかけた(多分)魔帝7ツ兵器の召喚で決着が。
ずっと気になってたんですが、魔界の王ってきっと出番無く終わるんでしょうね。
この手の話で、ネウロ以外の魔界の住人が一切出てこないって珍しいかも。
あくまでもネウロは"人間と魔人"の係わりの物語だったんだなあ。

過去の犯人の皆さんが、ちらっと出てきたサービス?には笑えました。
鷲尾、一応まだ無事だったんだ。

200話で終わるとしたら、あと2回かあ……頑張って下さい、先生。
posted by 風見零 at 18:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

今週のネウロ ジャンプ16号 第197話 謝

吾代と笹塚って、公式じゃ数えるくらいしか顔合わせてないよね。
確か3回……?
それなのに

「あの刑事のことは良く知ってる」


笹塚の何を知ってるの、吾代くん!?ハアハア←興奮するトコか?

いや、フツーに考えれば、あの短い付き合いの中でも吾代は笹塚の本質を感じ取ってたっていうことなんでしょうが(^^;)
2人とも、大切な人を喪った傷を抱えて生きてきたし、自分の信じる事に対しては真っ直ぐだったし。
正反対に見えて、よく似てたよ。
多分シックスを無事に乗り越えられてたら、いい腐れ縁友達になってたろうなあ……ホロリたらーっ(汗)

そのVSシックス戦もいよいよ大詰め。
来週でネウロが、シックス共々生死不明になって以下次号に一票☆

posted by 風見零 at 18:45| Comment(3) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

今週のネウロ ジャンプ15号 第196話 泣

ここで、XIが最期に見た笹塚の記憶が生きてくるとは。
そして、それがまたXの最期の変身になるとは。



……ちくしょう、オレも泣いたぜもうやだ〜(悲しい顔)



松井先生、ホントにきっちり伏線拾ってくれますね。
笹塚さん、ギリギリまでヤコちゃんのこと気にかけてたんだな。
そしてきっと、ネウロとヤコ、Xとアイとの間にあった語らなくても分かり合えるものが、吾代と笹塚にも通じていたと私の脳内では勝手になってます(爆)

ん〜、でもネウロさえ気付かなかった笹塚の闇に気付いた吾代だから、あながち腐妄想だけではないかも。
ていうか、だったらいいな(^^;)



……今週が、ネウロに笹塚が登場するラストでしょうね。
posted by 風見零 at 21:58| Comment(3) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

今週のネウロ ジャンプ14号 第195話 種

ヤコちゃんは気絶したまんまで、罠を仕掛けたのはXの方でした。

やっぱ少年のがいいな(^^)

でも、シックスの攻撃を喰らい倒れます。X…無事だよねあせあせ(飛び散る汗)
反撃されたシックスもその場から逃走。
魔帝7ツ兵器で追うネウロ。

吾代はやっぱ洞察力あるわ。
ちゃんと血族の本質を見抜いてたんだなあ。
ヤコのところを尋ねたアヤの瞳が血族っぽくなってたのは、彼女が普通の人間とは違う才能を持ち合わせてたってことの表現だったんでしょうか。
葛西もその点では、すごいオヤジでしたね。惜しい人を……

ネウロの、残された髪飾りの電池を全部消費する行為が、クライマックス感を否が応でも煽ります。
ホントに最後の戦いなのね……たらーっ(汗)
彼がヤコちゃんを始めとする人間に残した言葉は何だったのか……決着が着いてからしか判らないのかな。

posted by 風見零 at 18:45| Comment(3) | TrackBack(1) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

今週のネウロ ジャンプ13号 第194話 i

今回は連載4周年記念のセンターカラー。
4年かぁ……しみじみダッシュ(走り出すさま)

最初のコマに笹塚と吾代がいて、もうそれだけで泣けてきましたたらーっ(汗)
隣の笛吹さんも。
今後、吾代や笛吹が出るのは、もう全てにカタがついてからなんですかね。
そう思うとちょっと切ないふらふら

ヤコの脳内に侵入したXIは、そこでXであった頃の自分と向き合います。
そして甦るアイの記憶……シックスの登場に合わせて、彼女がすごくあっさり死んじゃった時は驚きましたが、その潔さがネウロという作品の持ち味なんだろうな。
アイの存在を取り戻したXが取った行動とは……で、いかにもネウロ&ヤコ大ピーンチで続く☆
松井先生がこういう場合どんなかわし技を使うかは、4年読んでてもまだ掴めませんあせあせ(飛び散る汗)

ジャンプだからネウロが勝つのは判りきってるけどね(^^;)

posted by 風見零 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

今週のネウロ ジャンプ12号 第193話 X

やっぱりヤコに贋ネウロは通じませんでしたね。
ヤコとネウロ、二人(人?)の絆はここまで深くなってたんだなあ……

作品自体は4年経ってるけど、出会ってからどれくらいの月日をかけてここまで来たのか思うと、感慨深いものが。

Xの記憶をヤコから読み取った時、XIはまたXへ戻ってくれるんでしょうか?
個人的にはXの方が好きなので、是非お願いします。


話は変わるけど、先週の"ケータイ捜査官7"で、桐原がまるで笹塚みたいな過去しょってて笑えました(^^;)
いきなり登場して、いきなり解決。
もうちょっと、今までの内に小出しにしといても良かったんじゃ……
あの作品、デキはいいと思うんですが、いろいろ残念ポイントが多いですねたらーっ(汗)
posted by 風見零 at 18:43| Comment(1) | TrackBack(1) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

今週のネウロ ジャンプ11号 第192話 目

いやあ、ネウロとヤコちゃん超ラブラブじゃん?


の一言ですね(^^;)
目〜と目〜で通じ合う〜るんるん(古い?)みたいな。
ヤコちゃんも成長したけど、ネウロもある意味では成長したんだなあ。
本来分かり合えるはずの無い、人間と魔人が言葉が無くても通じるところまで来たんだなあと。

それぞれVSシックスあんどXIの、おそらくは最後の戦いが始まります。
以前、X相手に彼の中味を洞察したヤコちゃんが、どうやってそこに辿り着くのか…まずはネウロになっての攻撃みたいだけど、ヤコちゃんはネウロに対する耐性あるから、あんまり効かないんじゃって気もするんですがね(^^;)

posted by 風見零 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

魔人探偵脳噛ネウロ コミックス20巻 発売

遂に20巻まで来ました。
表紙は葛西で、タイトルは"笑み"





……これはやっぱ、アレでしょうか。笹塚が浮かべた初めての微笑のことかな。





今回は、吾代が笹塚の闇に気付いて、手負いの身をおして彼の元へ向かうところまで収録されてます。
まだあそこ読んだ時は、吾笹展開に単純に小躍りしてたなたらーっ(汗)

帯の裏面に書かれた『そして事態は急変、衝撃の21巻へ"のアオリに涙もうやだ〜(悲しい顔)

ああ、21巻は発売されて欲しくないかもバッド(下向き矢印)


posted by 風見零 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

今週のネウロ ジャンプ10号 第191話 ちょうてん

今週のサブタイ、金偏に肉って……あんな字無い、よねあせあせ(飛び散る汗)

ジャニュインじゃなくて、6が金の力の主だったんですね。
これで五行が揃ったな。
極限まで高められた攻撃力を発揮する6に対して、魔力が底を尽きかけるネウロ。
ネウロに無力感を味わわせる為に、狙われるヤコちゃんですが……


よく飛んだなあ(^^;)


吾代が回収したとはいえ、目を回してるだけで済んでるあたりが流石です。
ネウロが言った『ヤコは携帯の魔力バッテリー』ていうのは、その場しのぎのウソだよねきっと。
魔人様ってばツンデレなんだから(は?)

勝利を確信して負う、6とXI。
でもXだった頃は、あんなに生き生き悪行を重ねていたたらーっ(汗)XIが、完全に父に従うだけの存在になってるのは哀しいな。
posted by 風見零 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(1) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

今週のネウロ ジャンプ9号 第190話]T

昨日ライダーでオールスター見たと思ったら、今日はネウロがオールスターです(^^;)

お…お久しぶり、至郎田シェフ★
懐かしいな〜。
ライスや綾、大塚まで登場して、文字通り犯人さん全員集合。
もしかして…なんだけど、最終的には笹塚が敵として登場したりして。
最期(うう……たらーっ(汗))に、XIが笹塚の記憶を読んでたし。

ヤコはともかく、ネウロにその攻撃が効くかどうかは謎ですが。
そういや、吾代があれだけのセリフでヤコちゃんを送り出したのもひっかかるな。
なんだかんだと義理堅いキャラなのに。
松井先生の事だから、斜め上の展開が待ってるような気がします。

PS・先週のソウルアニメに出てきた、番犬デスサイズが、ネットで"ヒステリア"って呼ばれてました(爆)
そういやちょっと似てるかも(^^;)
ヒステリアも懐かしい……あの時、笹塚の過去が出てきたんだよね(しんみりバッド(下向き矢印))
posted by 風見零 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

今週のネウロ ジャンプ8号 第189話 完

吾代ってば、ずっと女子高生のカッコして泣きながら徘徊してたんでしょうーか(爆)

ヤコちゃんも復活して、いよいよ最終決戦。
ネウロVSシックスの戦いの火蓋が切って落とされました。
でも、先制攻撃はXIヤコバージョンから。
最初あのシーン読んだ時、状況が把握出来なくて『………え?な、なにが起こってんの?あせあせ(飛び散る汗)』と何度か読み返しちゃいました(^^;)
今まで、Xがヤコに変身した時とは違う、完全に本人になりきっての攻撃。
それがXIの力。
シックスとXIは脱出し、ネウロの傷は癒えない……そして、シックスが呼んだ存在は何なのか?
不穏な雰囲気漂いまくりで、心臓に悪いですふらふら
ゲゲゲとか呟いて、街をさすらってたキャラも気になるし。

最終決戦と言いつつ、まだまだ決着には時間がかかりそうダッシュ(走り出すさま)
posted by 風見零 at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

今週のネウロ ジャンプ4号 第187話 手

あれ……投稿した筈なのに消えてる?あせあせ(飛び散る汗)


今週は、女子高生吾代(爆)とヤコちゃんのネウロへの告白がポイントでしょうか。

いよいよクライマックス感もりもりなところで今年はおしまい。
松井先生のコメントからすると、実際に連載自体が来年でクライマックスみたいですね。
まあ、笹塚のいないネウロは私にとっては……ですが。
でも、最後まで付き合せてもらいます。
posted by 風見零 at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

今週のネウロ ジャンプ3号 第186話 帰

良かった、笛吹さんが無事でたらーっ(汗)

代わりに葛西退場。結構好きだったよあのヒト。

アヤの瞳は、ラストのコマで元に戻ってました。
彼女は、シックスが気付いてなかった血族だったのか、それとも吾代が言ったように元々"新しい血族"なんて存在しないのか……

最後に。本城博士。


『あの刑事に罠を仕掛けたことは済まない』


そんな一言で済まさないでよ(怒)
posted by 風見零 at 18:37| Comment(3) | TrackBack(0) | ネウロ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする