2017年07月26日

とりあえず後回し

今週末がボーダーラインなんで、オーブの感想は来週に回します。

昨日のセレクションは5話。
んで、次はいきなり飛んで11話「大変!ママが来た」(何度見ても笑えるサブタイだ)
マガオロチ復活プラス、べリアルカード初使用の回。
本当は10話の「ジャグラー死す」からやって欲しかったな。
セレクションだけしか見てない人は「お前死んだんじゃ……!?」っていうガイのセリフが?になるだろうし。

ともあれ、あと数日間が勝負だ。

posted by 風見零 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

今週のス―パーヒーロータイム(7/23)

●キュウレンジャー

東映でテレ朝で鳳凰といえば、五星戦隊のピンクとは別に某聖闘士のお兄ちゃんがいますが、こっちもなんとなくオレ様具合が似てるかも。

しかし「コックが戦うなんて理不尽だ」とかって、フジの某アニメにケンカ売ってるのか(爆)
10月からは裏番(30分ずれるけど)になるのに。

彼が倒したと主張してるドン・アルマゲ。でも生きてます。
その謎はとりあえず置いといて、3人の副将軍を呼び出しました。
水戸黄門的なポジですが、副将軍って実際には無い役職なんだよね。

●仮面ライダーエグゼイド

まあそうだろうなとは思ってましたが、やっぱりパラドは生きてました。

死ぬということの恐怖を教えるため、らしいけど、永夢って名前の割りには性格はSだよな(爆)

2人で協力してクロノスを攻略……したはずだけど、リセットの一言で元通り。
ゲームネタっていろいろチートだな。

ところでエグゼイドは8月末終了ってマジなんでしょうか?
確かにこの展開だとあと1ヶ月くらいしか話が保たなそうだが。
posted by 風見零 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

ウルトラマンジード 3話

ゼロ参戦。

まだ完全に復帰してないんで、地球人の身体を借りることに。
選ばれたのは、少年のピンチを救おうとして逆に自分が車と衝突したリーマン。
ゼロが取り憑いたことで、瀕死から一転あっさり退院しちゃうシーンは、ファイズ1話の勇治の逆バージョンっぽかった。
しかしゼロ、win-winなんて言葉知ってたんだ。

絡んできた不良(死語?)をゼロに代わってボコるシーンは、ワートリ1話のユーマを思い出しました。
音楽も川井さんだし(無関係)

やってきたゼロがべリアルと因縁があると知ったリクは、マスコミに印象操作のメールを送ります。
けっこうしたたか。
でもリトルスターを持ってる少年を見つけたのに、お気にのヒーローのフィギュアを入手したいという、己の欲望に負けてました。
しかし濱田くんもまだ少年だろ。

彼のリトルスターをもらって、セブンとレオの力で新しい姿にチェンジ。
この変身時のセリフ言ってんの、どう聞いても桧山修之だよねえ。

ゼロは「あの姿は親父と師匠!?」とビックリ。
一瞬「あれ、ゼロの師匠ってタロウじゃなかったっけ」と思ったけど、タロウの弟子はメビウスか。
なんか混乱した。

posted by 風見零 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

ウルトラマンオーブ 3話 怪獣水域

普通に街を破壊する怪獣も迷惑ですが、嫌さ具合でいったら今回のマガジャッパはダントツに嫌すぎる
水が臭くなって、お風呂に入れないとか最悪。

んで、銭湯の一番風呂をこよなく愛するガイさんが、銭湯の平和のために頑張ります。
「風呂に入るんだ。一肌脱ぐのは当然だろ」
うーん、座布団1枚

山奥でゆっくり水中移動するマガジャッパ。
水の魔王獣なんだけど、デザインのせいかすんごくマヌケ。
やってることも水を臭くするだけだしね。
でもガイさんは「ちゃんと掛け湯してから入れ!マナー違反もいいとこだぞ!」と激おこ
ちょっと怒りのポイントが違うカンジ

そんなマガジャッパの臭い息攻撃を受けて、躱した時にうっかりオーブリングを落としちゃった。
それを拾い上げる手は―――ジャグラー。
「随分と不甲斐ないな。大切なものなんだろ?」と見せつけます。
「大切なものなら取り返してみろよ。こいつも、お前自身も」
嘲笑するジャグラーに対して「昔も今も、俺は俺さ」と応じるガイ。
これも、今になって考えると意味深な会話なんだよね。
拳を交えながら、「本気のお前とやり合いたいんだ」「こんなもんか、今のお前は」と挑発を繰り返すジャグラー。
ガイがオーブリングを取り戻すと姿を消し、次の瞬間ガイの背後に。バック取るの好きだなジャグラー
「完全には錆びついてないようだな」と言って、去って行きました。



ていうか、今回ジャグラーってこの嫌味を言うためだけにガイの前に姿を出したんだよね(爆)



どんだけ構ってちゃんなの、ジャグラー

さて、SSPのメンバーも情報を掴んで渋川さんと一緒に探索へ。
マガジャッパを発見し、避難するように告げる渋川さんに対してジェッタが言う「スクープだけの問題じゃない!炎上しても拡散さえすれば、避難できる人がいるかもしれないだろ!」のセリフがカッコよかった
それを受けて変身し、戦うオーブ。

でもマガジャッパの臭い息攻撃は強烈で、オーブは劣勢。
ここで新しくゲットしたメビウスとタロウのカードを使って、バーンマイトにタイプチェンジ。
「オレに触ると火傷するぜ!」
うん、ガイさんだからこそ言えるセリフだ。
ストビュームダイナマイトでマガジャッパを撃破。
要するにあれ、ウルトラダイナマイトだよね。自爆技だったはずだけど大丈夫なのか。


ともあれ、銭湯の平和は守られました。
一番風呂を満喫するガイ。
湯船にダイブするシンとジェッタを「湯船に飛び込むな!」と一括する、礼儀正しいガイさんでした

今回ガイはジャックのカード、ジャグラーはマガジャッパのカードをゲット。
手にしたマガジャッパのカードの匂いをかぐジャグラーが、もう変態度全開でたまりません。
次はゼロのカードをゲットする回ですが、それは飛ばしてハリケーンスラッシュ登場の5話が放送されます。

中ボスのマガオロチが出てくる一連の回は、続けてやって欲しいな。





posted by 風見零 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

ウルトラマンオーブ 2話 土塊の魔王

ベストセレクションは3話の放映ですが、まずは2話の感想。

お気に入りの銭湯の前で「昔はあのビルの向こうに、綺麗な夕陽が見えたもんさ」としみじみ語るガイ。
ってことは、前にも東京にいたことがあるんだよね。
隣でラムネを飲もうとしてる少年のために、ビー玉を外してあげようとするガイさんですが失敗。
そして夕陽を邪魔してるビルが沈下していきます。

あちこちでビルが沈下していく状況を調査しようとするSSPですが、ナオミは活動費稼ぎのためのバイトへ。

その沈下を画策してるのは、当然ジャグラー。
ダークリングに怪獣のカードをロードさせて、地下に眠る土の魔王獣・マガグランドキングを復活させようと。
そこに響くオーブニカのメロディに、額を押さえるジャグラー。
「相変わらず酷いメロディだな。せっかくのいいムードが台無しだ」
「お前さんといいムードになろうなんて気は、さらさらない」
ジャグラーはガイとの再会をいいムードで迎えたかったのか

一瞬でバトルに突入する2人。
「運命の再会だぞ。随分荒っぽいご挨拶だな」
戦いながら軽口を叩くジャグラーですが、半ば以上本音かも。
魔王獣の復活を止めると言い切るガイに対して「カッコいいねえ」と高笑いしたと思ったら「まあ、せいぜい頑張れよ」と低く吐き捨てるジャグラー。
このあたりが、監督が青柳くんに注文した「一定の芝居をしないでくれ」の部分なんでしょうね。

シュワシュワコーヒーのビラ配りのバイトをしていたナオミは、ジャグラーの背中を見かけて後を着けます。
けれど目を放した一瞬の隙に、ジャグラーはナオミの背後へ。
彼女の肩に顎を乗せて「やあ、お嬢さん。またお会いできましたね」と笑うジャグラー。
変態全開です

「恋は矛盾に満ちている。謎が多い程、危険が多い程惹かれ、虜になっていく。まるでこの世界そのものだ」

はい、今週のポエムキタ――――――

真顔でこんなん語っちゃうとは。
流石にそれ以上はマズイと思ったのか、ガイさん助けに登場。
「あなたたち、一体何者なの!?」混乱するナオミ。
まあ気持ちは判る。

「続きはいずれ、夜明けのコーヒーを飲みながら」と言って、ナオミを放り投げるジャグラー。
やっぱりナオミの扱い雑だな(爆)
復活したマガグランドキングを見つめて「万物は土から生まれて、土に還る。命は一瞬の灯、この世は一瞬の夢」と呟いて。
今週はポエム成分多めでお送りしております

マガグランドキングのビルを貫通させるレーザーと、攻撃を跳ね返すシールドに苦戦するオーブですが、自身のレーザーを跳ねかえさせることで撃破しました。
ガイはタロウのカードを、ジャグラーはマガグランドキングのカードをゲット。

沈下したビルも、あっという間に再建が始まって。
それを見つめながら、ガイはまたラムネ少年のためにビンを開けてあげようとします。
今度は成功。
ここで「せ〜いこう〜」とお茶目に言ってみせるガイさんがカワイイかった

そこへやって来るSSPのメンバー。
「ひとつだけ教えてやる。俺の名はガイ。クレナイ ガイ」
ここでフルネームを披露するガイさんでした。
でも彼の名前は本来ガイだけで、クレナイは地球で活動するために便宜的に付けた姓なんだよね。
クロニクルによると、1950年代にアメリカの秘密調査機関の大尉と行動を共にしてた時、ビーチに沈む夕日の美しさに感銘を受けて、地球ではクレナイ ガイと名乗ることにしたそうだ。
ゴメンね「クレナイとかだっさいネーミング」とか思ってて

posted by 風見零 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

今週のスーパーヒーロータイム(7/16)

飛彩せんせーのデレ期、短かったな
でも人間、無理をしないのが1番です。

先週は恋人のデータと大牙のどっちを選ぶかの二択でしたが、今週はニコちゃんの命かパラドの命かの二択の展開。
社長パパ陰湿だぜ。
そして社長は、たとえ死んでもデータで蘇るからだーいじょーぶと、無神経な発言を。
流石は親子だ。

そして永夢の下した決断は、パラドの消滅でした。
結構、思い切った永夢って黒っぽいな。

社長は、永夢がもうエグゼイドに変身出来なくなると半狂乱に。
でも予告にはちゃんといたし。まあストーリー的に復活するのは当然でしょう。

そういや予告のバラ園、神代植物公園じゃないかな。
前にバラ見に行ったことあるよ。



posted by 風見零 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ウルトラマンジード 2話

いきなり身バレキタ―――

早いな。
基本ウルトラマンは最終回までバレを待つのがお約束で、適応者交代という事情のあったネクサスでさえ、姫矢がネクサスだと弧門にバレたの、4話か5話くらいじゃなかったっけ。

んで、バレた女子と一緒に暮らすことになったリク。
いいのか?本人は16才でも設定上は19才だぞ。
なんてことをこっちが心配しても仕方ないか。

オーブ同様、敵キャラとの遭遇も2話目でしたが、こっちは主人公は敵を認識してない一方通行タイプ。
割りと悪役としてはオーソドックスなカンジかな?
この時の、サインをもらうまでの一連の流れがちょっと「ん?」だなと思ったら、BOXには1〜4までディレクターズカット版が収録されるそう。
そのあたりは補完されるんでしょうか。

オーブ劇場版のCMも流れてにやり

posted by 風見零 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ウルトラマンオーブ 1話「夕陽の風来坊」

ベストセレクションでオーブの再放送が始まりました。

んでリアタイでは出来なかった感想をアップしていこうかと。

まずは白く発光する巨人の映像から。
そこを引いて行くとナターシャの瞳に映っていることが判明。
さらに引いて行って、マガゼットンとのバトル。
その戦いの余波に飲み込まれるナターシャ。
気付いて、怒りを爆発させオーブカリバーを振るうオーブ。
マガゼットンを倒すもルサールカの地は炎に飲み込まれ、焦土にはナターシャが持っていたオーブニカが転がっている。
絶望に絶叫するガイ。

このアバン部分だけで、最終回へ続く伏線が全部貼られてるんだよね。
オーブのストーリー構成って、全話通すとかなりきっちりしてるんだよな。

100年後、北極から日本に異常気象が起こっていると知って上陸したガイが、冷凍トラックに乗り込んで東京に向かうってのが、クロニクルに書かれてた本編の序章でした。
まずはSPSメンバーが、竜巻に絡んだ怪鳥の影を追う。
そこに現れて「悪魔の風が吹く」とか、巻き込まれたSSP-7のフロントガラスからさかさまに顔を出して「早く逃げた方がいいぞ」とか忠告するガイ。
この時点ですでに怪しい人ではあるな。

ガイの「悪魔の風」という言葉から、太平風土記にマガバッサーの記述を見つけ調査を始めるSSP。
待ってる間にナオミがコーヒーを買いに行き、黒いスーツの男とぶつかります。


ウルトラ史に残る変態キャラ登場の瞬間でした


スーツにコーヒーをかけたことを謝るナオミに「大丈夫です。では」と微笑んで去って行こうとするジャグラー。
この時の笑顔がもう

死ぬほどうさんくさい(爆)

その後、遠雷を聞きながら「僕は嵐が好きですよ。退屈な世界から心を解き放ってくれますからね」と語るジャグラー。


ポエムキタ――――――


1話で既にキャラ完成してるな。
そして更に「雷の一撃、出会い頭の一目惚れです」なんて、心にもないセリフをドン引き気味のナオミにぶつけて、さっさと消えちゃいました。
この時、一瞬の雷光に浮かび上がるジャグラーの魔人態。
でもその姿は10話までおあずけ。オリジンも登場まで17話かかったな。

そして竜巻に巻き込まれたナオミを、文字通り飛んで来て救うガイ。
お姫様だっこで地上に降りた後、現れたマガバッサーを戦うため渋川さんに彼女を預けて、自分は証明写真機のブースに入って変身。
今の時点で持ってるカードはウルトラマンとティガの2枚。それを使ってスペシウムゼペリオンへ。
突然現れて怪獣と戦う巨人を呆然と見上げるナオミたち。
その傍らに、こっちも突然現れて「ウルトラマンオーブ。輝く銀河の星、光の戦士ってやつさ」と告げるジャグラー。

今になってこのシーンを見ると「ウルトラマンオーブ、光の戦士ってやつさ」だけでもセリフとしては通じるのに、あえて「輝く銀河の星」というフレーズを入れたジャグラーの内面に関して、穿った見方をしちゃうんだよね。
ガイとの小競り合いを繰り返しながら、ジャグラーはずっと「お前カッコ悪いよ、がっかりだ」「とか「カッコいいよ」とか言うんだけど、どこかで光に選ばれた存在であるガイには輝いていて欲しいという願望を持ってたんじゃないかと。
でも同時に、自分同様闇に堕ちて来いって昏い欲望も抱えてたんじゃないかな。

マガバッサーを倒して、封印していたメビウスのカードをゲットするガイ。
メビウスもウルトラ戦士の中じゃかなりの若手?っぽいけど、彼にも敬語で話す礼儀正しいガイさんでした
その後、照明写真に変身シーンをしっかり撮られてて、必死に取り出そうと焦るも良く判ってないというシーンが笑えた

ナオミから竜巻に飛ばされかけたオーブニカを受け取り、「どうせ地球は丸いんだ。またそのうちどこかでで会えるだろう、あばよ」というセリフを残して、夕陽に向かいオーブニカを吹きながら去っていくガイ。
いやー、昭和臭全開ですな。
オレがハマるわけだ。

しかもその次のシーンは一転、マガバッサーのカードをゲットして「オーブ、お前は希望の光か、それとも底知れぬ闇、かな」と呟くジャグラーの怪しい場面に。

実はこの作品の2本の柱であるガイとジャグラー、1話ではまだ顔を合わせてないんだよね。
ジャグラーが先にちょっかいを出したのはナオミの方。
もしかしてだけど、ジャグラーはナオミがナターシャの子孫なのを知ってたんじゃないかって気がする。
運命の再会は2話ですが、次の放送はバーンマイト登場の3話。
うぬう、大人の事情で仕方ないな。

まあでも感想は順番に上げて行こうかと。

1話ネタで描いてみた↓

best1.gif
posted by 風見零 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

今週のスーパーヒーロータイム(7/9)

昨日シャーロックに気を取られてたら、フィギュアスケートTVを録画し損ねました
うう、デースケのロクサーヌ……

●キュウレンジャー

サソリ兄弟の決着+追加戦士登場の2本立て。

そのせいか、サソリお兄ちゃんのラストが若干駆け足っぽかったような。
せっかくなんで2週に分けても良かったんじゃないかな。

ともあれ、毒が回って瀕死になり、追い詰められたスティンガーのピンチに駆け付けたのは……


まあ、誰でも判ってた復活のチャンプ。


「待たせたな」って、お約束のヒーローセリフだけどやっぱり燃える

強さを手に入れて歪んだお兄ちゃんでしたが、倒されてもその死を悼んでくれる弟の姿に最後で改心。
地球を救ってアディオス。
アルゴ船復活のためのキュータマが3つ揃って、無事に蘇りますが……中にはちょっとアレな人が眠ってました

鳳ツルギことホウオウソルジャー。
ダイレンのホウオウはピンクだったけど、こっちは紺色?
長い眠りから醒めて変身するシーン、全身が炎に包まれて髪とか上着とかがさっぱりします。一瞬、下も!?と焦ったけど、流石にそれはマズかったか
自分で自分を伝説だと連呼し、強いっちゃあ強いんだが……って感じのキャラ。
ちらっと、眠ってたのは来たるべき時に備えてとかじゃなく、単にめんどくさがられただけじゃ?とかおもいましたまる

そして復帰したチャンプのお祝い会で、小太郎が例のUFOキャッチャー的な人形を作ったのがスティンガーだと暴露。
針仕事はサソリの男のたしなみらしい。凄いな、オレ正直そっちは苦手なんだよね

順調にデレてたスティンガーですが、ここにきて本格的にデレモードに。
ふふふ

●仮面ライダーエグゼイド

瀕死の重傷を負ったブラックジャックを救えるのは、飛彩せんせーの腕だけ。
でも社長パパは、恋人のデータと引き換えに手術をわざと失敗するよう、せんせーに強要します。
病院に現れたせんせーに喜ぶみんなだけど、その事実を知って動揺。果たして……


それにしても、平成ライダーはちゃんと病院で手術受けられて良かったよ。


昭和は、死にかけたところを先輩二人からいきなり全身改造されたり、負けちゃったとこを助けてくれた先輩から、新しい回路を勝手に埋め込まれたり(しかも先輩自身の血を輸血しながらなもんで、途中貧血でふらついたり)とかのトンデモ手術されちゃってたしねー

それはともかく、ドクターとしての矜持を恋人の復活より優先させた飛彩せんせー。
消滅した彼女を思って雨に打たれるシーン、実際に天候が悪化して雨が降ったそうな。
持ってるね。

そしてこっちでもせんせーがデレました。
それまで無免許医と呼んでたブラックジャックを名前呼びして、「非礼をお許しいただきたい」と頭を下げて。
ブラックジャックもちゃんと謝ったし。

今週はデレ大会か

posted by 風見零 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

ウルトラマンジード 1話

去年のオーブは開始時期に気付かず、2話まで見逃してました

んで、今回はちゃんとチェック。

脚本の安達寛高って、シリーズ構成の乙一の本名なのね。
脚本を手掛ける時は本名で出るそうな。
ちなみになんでジードのオファーが来たのかについては、息子がXでウルトラマンと初遭遇して衝撃を受けたのを見て、オーブの感想なんかをツイで呟いてたかららしい。
ただ一番ビックリしたのは、彼の義父が押井守だってこと
そうだったんだ……あ、だから音楽担当が川井憲次さんだったのかな

本編に関しては、まずやっぱり「デカくなったな濱田くん」でした。
赤ん坊の頃に発見され普通に地球人として成長してたけど、怪獣が出たことでべリアルの遺伝子を持つと認定され、ウルトラマンに。
相棒にペガッサ星人いるのに「ウルトラマンなんて都市伝説」とか言ってたとこ見ると、宇宙警備隊の存在が知られてない設定の世界なのか。
ガイは2枚のカードで変身してましたが、リクは2個のカプセルで変身。
そのあたりは既視感バリバリだったよ

ちなみにジードは「じーっとしてても、どーにもならねえ」というリクの口癖から。
いいのかそれで
あと、去年のライダーをうっかり思い出す口癖もありました

小説家がシリーズ構成のせいか、1話完結じゃなくずっとストーリー的には繋がって、引っ張っていく展開に。
そのうち他のウルトラマンも出てくるらしい。

でも多分、最後まで母親が誰かは判らない気がする(爆)


ところで、今まで土曜日の放送を流してた火曜日17時からのBSジャパンで、来週からは『ウルトラマンオーブベストセレクション』をやるらしい。
11日は1話「夕陽の風来坊」ひゃっほう
セレクションだからどれだけやってくれるかは判らないが、それでも楽しみ
オーブで重要な回はほぼジャグラー出てるし、期待しちゃうぜ
posted by 風見零 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

さらばニチアサ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000002-jct-ent

昨日、ニチアサ枠移動のニュースが出て、あちこちでいろんな悲鳴が上がってます。

個人的には時間移動そのものより、裏がドラゴンボールにワンピースという、東映&バンダイで視聴層も丸被りしているコンテンツと重なる事が気になる。
大丈夫か?

確かライダー枠はメタルダーが金曜の夜から、戦隊はメガレンが金曜の夕方から移動してきて、今のニチアサ形態になったんだよね。
もう20年固定してたとこが変わる訳だから、そりゃ阿鼻叫喚あるわな。
ただ、大きいお友達の叫びと、小さいお友達の親御さんの叫びが微妙に違うのがちょっと笑える。

あとは「題名のない音楽会」の移動に怒ってる層もいるみたい。

土ワイの後を報道番組にしたテレ朝ですが、ニチアサの後も報道番組になるらしい。
そんなに報道って需要あるんだろうか……ていうか、ワートリアニメやってた枠が消滅するのが地味にショック。
いつかまたワートリやって欲しかった。
でもまずは原作が再開しないとね。

ところで次のライダーが「仮面ライダービルド」っていう噂は本当だろうか?

posted by 風見零 at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

今週のスーパーヒーロータイム(7/2)

昨日の芋焼酎、ロックで飲んでみました。
微かにお芋の香りがして美味しかったです。ありがとうピット星人

●キュウレンジャー

サソリお兄ちゃんに対抗するため、死を覚悟して自分の毒を自分に打つスティンガー。
スカーレットニードル的な?

それでもお兄ちゃんには敵わず、助けに駆け付けたみんなの前で連れ去れれちゃいました。
でもナーガの働きで、アルゴ船のキュータマは一個取り戻せましたが。

お兄ちゃんが力に溺れるきっかけになったのは、幼いスティンガーを助けようとしたから。
行き過ぎた兄弟愛がヤバいのは、ジュウレンの昔から戦隊のお約束です(ちょっと違う)
スティンガーを操るために自分の毒を更に注入し、自我を喪わせるお兄ちゃん。

そんなスティンガーを救おうと、小太郎も駆け付けて。
ひとつの兄弟愛が崩壊する一方、別の兄弟愛が地球を救う。
24時間テレビにはちょっと早いけどね

そして修理中のチャンプの目にも光が……来週はサソリブラザースの決着が着きそう。
宇宙船のインタビューで、お兄ちゃんの中の人が「僕が仮面ライダーとスーパー戦隊を通じて伝えたいのは「兄弟仲良く」っていうことです」と語ってました。

実感籠ってるな

●仮面ライダーエグゼイド

一番過去に囚われて前を見ることが出来なかったのは、実はブラックジャックでしたとさ。

小姫を救えずグラファイトを生み出してしまったことをずっと抱えてて、飛彩せんせーが彼女を取り戻すための手助けを。
でも生身でグラファイトの攻撃を受けて瀕死に

来週は、彼を救うためには飛彩の外科医としての腕が必要になるという展開みたいね。
先週の予告では、いかにもブラックジャックがアディオスしそうだったけど、こうなったら無事に生還しそう

ラストの劇場版の予告、社長がキレッキレでした。
このまま最後まで生き延びて欲しい
posted by 風見零 at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

謎の芋焼酎のひみつ

という、まさに謎の焼酎を近所のお店で見つけました。

P_20170701_172920.jpg

中身はこう。

P_20170701_173259.jpg

「ピット星人の円盤が人知れず山中の芋畑に着陸した。ウルトラ警備隊に見つからないように、芋の苗を植えていたのだ。
この芋を、ウルトラセブンの生みの親 円谷英二の故郷から程近い酒蔵に運び、芋焼酎を仕込み始めた。
中略
しかし何故ピット星人がこんなに旨い芋焼酎の造り方にたどり着いたのだろう
そもそも何故ピット星人が『芋焼酎』を?
まさか地球侵略か!謎は深まるばかりだ」

みたいな解説文が付いてます

パッケージの側面には

P_20170701_172958.jpg

の写真の反対側に

P_20170701_173026.jpg

が。細かいな演出

この焼酎はウルトラマン基金との協賛で、売上の一部が基金を通じて子供たちの未来のための活動に役立てられるとのこと。
あまりお酒には強くないけど、それならと思い買ってみた。
ピット星人はオーブの「地図にないカフェ」で、ガイとやり合おうとして店長に止められた、最後のお客さんとして登場してました。
お仲間は芋焼酎作ってたのね。

さて、どんな味だろう?

posted by 風見零 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

宇宙船 vol・157

宇宙船の最新号が発売されました。

6月11日のオーブグランドフィナーレのレポート目当てにゲット
くそう、行きたかった……最後を「あばよ!」で締めたのが、いかにもオーブらしかったな。
ちょっと驚いたのが、ジードの濱田くんが石黒くんとあまり身長が変わらなかったこと。
マジでデカくなってたのね。
リクは、実年齢より上の19才設定らしい。
ケイってライバルがいて、こっちは33才。ガイとジャグラーに比べたらえらい年の差あるな。
いよいよ来週から放送開始です。

そのレポートだけでも良かったけど、7月末に出るオーブ劇場版のメモリアルBOX特典が「ジャグラス ジャグラー 闇のメイキング部屋」とのことで、青柳くんのインタビューも。
おのれ…そんな真似されたらメモリアルの方買うしかなくなるだろーが

P_20170630_192612.jpg

石黒くんからは「ほんっと腹立つなオマエ」と言われたそう。
みんなが積み上げたものを、横から突然出てきて全部かっさらっていく。「ああ、これがジャグラーだな」と思いながら、楽しく演じさせていただきましたと語ってたっす

ジャグラーに関して「またいつか、彼を演じる日が来ると僕は信じています。信じてますよ!」と、大事な事なので2度言ってくれました。
青柳くんもだけど、オレも信じてるよ。
ていうか心から願ってるよ


この号は夏季なんで、戦隊とライダーの劇場版の情報とかも掲載されてます。
そこまでネタばらししていいのか?ってのも結構あったな。
パワーレンジャーつながりで、ジュウレンでティラノだった望月くんのインタビューも載ってました。
あとゴレンジャー特集も。新命さんやっぱりカッチョええわ〜

オーブの記事はこれで一段落だろうから、当分宇宙船を買うこともなくなるかな。
特撮とフィギュアのムックは値段高いから、あまり需要無い方が個人的には助かるぜ(爆)
posted by 風見零 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

今週のスーパーヒーロータイム(6/25)

●キュウレンジャー

アルゴ船を復活させるために必要な最後のキュータマ、リュウコツキュータマを目指すラッキーたち。
それを守ってる森の精霊エリス。
キュウレンジャーを信用せずに渡そうとしないけど、スパーダのビジュアルが好みだったらしくぐらついてました。
でもラッキーからリュウコツキュータマを犠牲にしてもスコルピオから助けられると、あっさり乗り換え(爆)

そう、スコルピオもアルゴ船復活を狙ってました。
先に復活したタコは、今回はヅカ風味。そう来たか

一方まだ復活には遠いチャンプに対して自責の念を募らせるスティンガーは、ホとトモのキュータマを奪ってお兄ちゃんの元へ。
「あんたに協力する」と言いつつ、お兄ちゃんにも視聴者にも真意はバレバレで、ラストは兄弟対決で以下次週。
予告が小太郎だったってことは、兄弟つながりでスティンガーを救う鍵が小太郎になるってことか。


ところで、最初のシーンに並んでたキュウレンメンバーのお人形、なんだったんだろう?
UFOキャッチャーの景品ぽかったが。

●仮面ライダーエグゼイド

社長が自信満々で作り出したムテキガシャットだけど、永夢はパラドを分離したせいで天才ゲーマーではなくなってしまったため使えず。
んで社長が使うも、使用時間は10秒。
主人公補正が無いと無理なんだ
結局それも社長パパに盗られちゃった

天才ゲーマーの力を取り戻すべく、パラドを引っかける永夢。
そして貴利矢くんも社長パパを引っかけて、ムテキガシャットとプロトガシャットを奪還。

海辺での耳打ちは、やっぱり聖伝形式?でした。
そこで仲間割れを装ってた貴利矢くん。味方に戻ったらちゃっかりジャケットの色も元通り
自分を殺した社長のことも受け入れて。心広いな。

けれどまだ飛彩せんせーの問題が。
来週は彼に絡んで、ブラックジャックがヤバそうな予感……貴利矢くんの代わりにそっちが、な展開なのか


posted by 風見零 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

今週のスーパーヒーロータイム(6/11)

今日はオーブのグランドフィナーレイベントが開催されました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000023-nataliee-movi

チケットは瞬殺で手に入らなかったんだけど、ちらっとチケキャンやオク覗いたら、元々は1500円のものが数万円台で出品されてました。
今やってるアイスショーも、完売してるはずなのに4000枚を超えるチケットがチケキャンに流れて、引き取り手が無いまま会場はあちこちが空席だとか。
バカヤロウ


ともあれ、これでホントにオーブは一段落なんだな。
でもクロニクルとかのおかげでこっちの萌えは鎮まる気配ありません。
夏に向けて、もしかしたら……かも

●キュウレンジャー

ギャバン&デカレンジャーとの宇宙つながりコラボ回。

なんでラッキーとナーガのコンビなのかと思ったら、赤×2、銀×2の組み合わせをやるためだったのね。
確かにナーガの言うとおり、ギャバンのピカピカ具合が際立ってました。

ガルとドギーの兄弟コントも笑った

リュウボイジャーとドルの並びは燃えたけど、頭のとこに立つ意味は?と言われて苦笑い。
亮も龍星王の頭んとこに立ってたっけ。
まあ要するにアレだ。


カッコいいからだ



最後は、センちゃんとウメコの結婚式がさぞかしドタバタするんだろうなというノリで〆。
デカから13年、とうとうなのね。オメデトウ

●仮面ライダーエグゼイド

オールアップの花束贈呈が無かったっぽいんで、そのうち復活するだろうとは思ってた貴利矢くん。

けど思ってたより間が開いたな。
そして敵として復活したら、ジャケットの色が黒くなるという判りやすさ(爆)

永夢になんか呟いたら、永夢がキレてたけど……ちょっとCLAMPの聖伝を思い出した。
先代の阿修羅王が帝釈天に耳打ちするシーン。懐かしすぎる

これで、ドクターサイドとゲンムサイドとバグスターサイドの、三つ巴の構図がきっちりしてきました。
今後のカギは、社長の作り出した黄金(若干シュミ悪いぞ)のガシャットなのか?
メインキャラの人間関係が殺伐としてきた中、社長のぶっ飛び具合がむしろ癒しです
最後までそのままでいてね
posted by 風見零 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

今週のスーパーヒーロータイム(6/4)

今日は半田くんの誕生日。
おめ
これからもずっと、わが道を行ってください

●キュウレンジャー

一日2時間しか寝られないなんで死んでしまう
なんて過酷な……!←個人的感想

な状況をなんとかしようとする今回のおハナシ。

ヒカリキュータマが登場して、シシレッドをタイヨウモードとツキモードに。
タイヨウモードは天津飯の技みたいな光を発してバランスをアゲアゲに、ツキモードはガルを狼男モードに変えました。こっちは丸い物見ると獣化するサイヤ人っぽい。
流石は東映。

ハードだった前回からすると軽めの展開だけど、合間にまだ修理がおぼつかないチャンプと、すっかりどん底モードのスティンガーの現状が報告されたり、サソリお兄ちゃんがマーダッコに密命を下したりと、シリアスモードも続いてます。

そして来週は『スペーススクワッド』公開に合わせて、ギャバン&デカレンとのコラボ回。
なんか凄そう……

●仮面ライダーエグゼイド

社長役の岩永くん、先週のQさまに出て2位になる大活躍
流石はメンサ会員。
その姿にカズレーザーが「カッコいい〜」と盛り上がってました。
でも確か彼、バイだったよね。
しかもカズレーザーの好きなライダー俳優……大丈夫か?

ともあれ、岡崎徹、金子昇に続く同郷ヒーロー役者として岩永くんは応援したいと思います。

さて、恋人のためにすべてを捨てた飛彩せんせー。
社長パパにデータを復活させてもらうけど、バグったみたいな状況に。
本当に本人として復活出来るのか疑心暗鬼な飛彩せんせーに、パパが見せたのは……って、まあこれはラストに出て来た彼しかいないよね。

レーザーの中身は果たして!?と煽ってはいますが、ネットや雑誌ですっかりネタバレしちゃってます(爆)

でもまあ、一人だけ扱い悪かったから復活して良かったよ貴利矢くん



posted by 風見零 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします! 最終回

レイバトスとの最終決戦に臨むオーブ。

先週宣言したとおり、再生が追いつかない勢いでスラッガーでの連続攻撃を繰り出します。
水木アニキの唄うオーブ主題歌がバックに流れていいカンジ
「俺達に勝とうなんざ、2万年早いんだよ!」
時々ガラ悪くなるな、ガイ。

止めの攻撃を仕掛けた後、結果を見ずに振り向き、その背後で敵が爆発するお約束だけどカッチョいい演出でオーブの勝利。
それを満足げに見てたゼロですが、レイバトスの爆発直前にギガバトルナイザーが異空間へと消えていくのを目にして不審感を抱きます。

光の国で、レジェンドたちから称賛されるオーブ。
スターマーク勲章なんての、あったんだ。
ゼロから「このまま宇宙警備隊に入っちまえよ」というお誘いを受けるも、ガイの姿に戻って「俺は銀河の風来坊。流れ者が性に合ってますから」と答え、去って行きました。
ファイトではガイとしての出番はないかもと思ってたんで、ラストに人間態になってくれて嬉しかったっす

これで宇宙に平和が……と思いきや、ぼろぼろになりながらも生きていたレイバトスがべリアルを復活させようと企てて。
でもそれには失敗「まさかべリアルは生きて……!?」と驚愕するところに近づく人影。
ここで一瞬べリアルが出てくるかと思ったけど、登場したのは来月に先駆けて顔見せのジードでした。
レイバトス、今度こそアディオス。


……でもやっぱ、あのデザインではいいもんには見えづらいよ



超全集によるとこのウルトラファイトがオーブのエピソード9、その後ガイとジャグラーのすったもんだがエピソード10なので警備隊のお誘いを断るのは分ってたけど、それでもちょっとドキッとしちゃった

そういや超全集のインタビューでも田口監督「ガイが一発殴って抱き締めることで、完全にジャグラーが落ちるのをやりたくて」と熱く語ってらっしゃいました
本当に思い入れあるんだな、あのシーン。
なのにグラビアにはそのシーンの写真が無いのはどういうこっちゃ?
まあ1ページに2話分詰め込んでるから、スペース割けないのは仕方ないかもだけどさ……


ともあれ、ウルトラマンの50周年記念の年にウルトラマンの力を借りることで始まったオーブの物語が、ウルトラセブン50周年記念の年に、セブンの力を借りる話で終了しました。
これでオーブは一区切りかな。
一応初期から見てはいたけど、おっ?となったのが最終回、完全にハマったのが劇場版だったという周回遅れぶりだったので、いろいろと取りこぼしてて残念
でもしばらくはこの余韻に浸ってたいと思います。

キャスト、スタッフのみなさま、お疲れ様でした
posted by 風見零 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ウルトラマンオーブ 完全超全集

P_20170602_123111.jpg

オーブの超全集が発売になりました

表紙にジャグラーいてビックリ
過去のウルトラマン超全集でライバルが表紙に載ってるのってあったのか?
生身の二人もいいですが、裏帯のポージングが無茶苦茶カッチョええ

P_20170602_122944.jpg

久々に買ったんで値段の高さに驚いたんだけど、その分盛り沢山でした。
個人的に楽しみにしてたのは、田口監督と脚本の中野さんによるオーブクロニクル。
全10エピソードが、あらすじとはいえ全部紹介されてます。

ガイが「クレナイ ガイ」と名乗るようになったきっかけとか、ペンダントやジャケットの由来なんかの、細かい設定が拾われててニヤリと出来ますだ
ジャグラーの元にダークリングが現れた経緯も語られてました。
一部ではジャグラー自作設があって、さすがにそれは…と思ってたから助かった

そしてテレビシリーズではガイのストーカーだったジャグラーにも、ストーカーの女の子がいたことが判明。
彼を「私の王子様」と思い込んで付きまとう、じゃじゃ馬の能力者。
「ガイがいなければジャグラー様は私に振り向いてくれるわ!」と、ガイに向かっていったりしてるそう。
そうか、彼女にもジャグラーがガイしか眼中に無いのは判ってるのか(爆)

そういや石黒×青柳対談で、青柳くんが「オレ三回は英雄に告白してるかもしれない」ってバラしてたな
他にも
石黒「口うるさい空っぽな役者なだけですよ」
青柳「空っぽなのはいいよね。あんまり詰め込み過ぎてるとうまく飛べないし」
石黒「あのさ、ちょいちょいポエム入れるの止めてくれない?」
ってやり取りに笑った
二人の掛け合い楽しそう。
巻末にオーブ関係のイベントが紹介されてたけど、ハマるの遅くて結局1度も行けなかったよ……

対談以外にも、二人の撮り下ろしでクロニクルのワンシーンを再現したポスターが付いてます。
ジャグラーのせいでアニキと慕ってくれてた少年を亡くしたガイが、自分に殺意を向けたのを見て「そうだ、その目が見たかった」と高笑いする一幕。

その前にもガイと一騎打ちして追い詰められ「さあ、早く終わらせろ」と挑発するシーンもあったし、なんとなく闇に堕ちてガイとは並び立てなくなったジャグラーが、せめて彼の手で終わることを望んでたみたいな印象を受けたんだよね。
でも少年が死んで哀しんだガイをみて、ナターシャは思わず助けちゃったのかも。

テレビシリーズの最終回でガイから「ありがとう」と告げられ、やっと自分の存在を認められたんじゃ、とか妄想が止まりません

エピソード10は宇宙でミッションを挑むガイと、彼に絡むジャグラー、そしてそのジャグラーを追っかけるストーカー少女とで冒険は続く的な締めでした。
なんだかんだと、ガイとジャグラーは変わらない腐れ縁コンビ(+お邪魔虫)で行くんだな。
うう、幸せ
戦隊とライダーのイチ押しカプは、どっちも悲恋エンドだったし

いつかどこかで、どんな形でもいいから、ガイとジャグラーの新しい姿が見たいです。
来年のジードの映画(あるよね)に期待しとこう
posted by 風見零 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします! 7話

エメリウムスラッガーになったオーブは、ゼロ、セブンと共にゾフィ&ジャックのピンチに駆け付けます。

10年の特訓の結果、セブン親子との無意識の意思疎通が出来るようになったオーブは、3人揃って敵を撃破。
残る敵はレイバトス、ってことで宇宙を渡れる力を持つゼロと一緒に旅立つオーブ。
力を使ってカラータイマーが点滅するゼロは、オーブに後を託して。

やられても再生する身体を持つレイバトスに、「だったら再生が追いつかないほどの攻撃を刻み込んでやる!」と、アイスラッガーを構えるオーブ。

とうとう来週が最終回です。
3分間とはいえ、毎週オーブの新作を見られるのは楽しかったんで、終わるのは淋しいぜ……
グランドフィナーレのチケットも取れなかったし
結局ガイとしての石黒くんや、ジャグラーとしての青柳くんを生では見られずに終わるのね。くすん

まあ来月1日にはオーブの超全集出るし、それを楽しみにしとこう。

そういや先週から「小さな巨人」に石黒くんが所轄刑事役で登場してます。
「緊急取調室」には、警視庁の捜査一課の刑事として青柳くんが出演中。
合同捜査やったら、2人が顔合わせるのねとか、無意味な妄想にふけったオレはたぶん悪くない。

posted by 風見零 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする