2018年04月25日

ウルトラマンR/B(るーぶ) 情報解禁

https://m-78.jp/news/post-4795/

ネット見てるとどうしても喰らうネタバレでちょっぴり知ってはいましたが、7月からの新作ウルトラマンの情報が解禁に。
初の兄弟変身だそうで。

レオとアストラはどうなんだ?って説もあるけど、アストラは人間態無かったよね確か。

メインライターがオーブの中野さんで、しかも敵にオーブダークなんてのがいるらしい。

https://pbs.twimg.com/media/DbJ0PlhVMAI-I5i.jpg

え?ガイが闇堕ちしたの?それとも何か別の設定?
ジャグラーは必死でガイを闇堕ちさせようとしてましたが、ここにきてそれが叶うのか?なんてね。
後半でガイとかジャグラーとか、出してくれてもいいのよ?

posted by 風見零 at 20:21| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

今週のスーパーヒーロータイム(4/22)

●仮面ライダービルド

龍我の出征の秘密をどう扱ったものか悩む女子たちに対して、あっさり「お前、人間じゃないぞ」と言ってしまう戦兎。
まあ、彼にとって龍我の正体が何かはどうでもいいんだろうけど。

そして、みんなに好かれすぎな一海くん。
最近BS朝日で再放送が始まった暴れん坊将軍のファーストシーズン見てるせいか(宮内さんの助八がものごっつカッチョええ)、なんか時代劇テイストだな〜と思ったっす。
流石は東映。

そして、もう間違いなくフラグ立っちゃった幻徳。
来週ですかね……

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

特撮では不定期に登場する女装(今回は男装も)回。

同じ警察戦隊のデカでのテツは、レベル高かった……ゴーオンの範人も違和感無かったな。
女装ではないが、ゴセイで海に行った回での浴衣姿、アグリとハイドが男性用のを着用する中、女物の浴衣をフツーに着こなしてたアラタがなんとも……

パトレンメンバーは、予想してたよりもイロモノ感は薄かったです。
圭一郎がショムニの江角マキコっぽかったぜ。

今回のギャングラーの名前はピッチコックで、元ネタはもちろんヒッチコック。
作品はほとんど見てると思うっす。マイナーかもしれないけど「白い恐怖」好きだったな。
そして飛ばされる時のセリフが「サヨナラ×3」これも懐かしい……淀川さんってテレ朝の日曜洋画劇場の担当だったっけ?


posted by 風見零 at 20:29| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 16話「ハードボイルドリバー シブカワの長い一日」

ビートル隊の隊員ながら、思春期の娘には振り回される渋川さんの、実はカッチョいい姿が垣間見える一作。

前回で100年越しのトラウマから解き放たれ、食いしん坊キャラを満喫してるガイ。
たい焼き美味しそう
娘の徹子に渋川さんを見直させるべく、ナオミたちと一緒に尾行するけど、残念な結果に。

イラつく徹子(ガイはキャサリンだと思ってる)に、ガイが差し出したのはラムネと「見えない所で輝いている光もある」という言葉。
まあそれは渋川さんの暗喩ではあるけど、メタ視点で見ると、ジャグラーも見えない場所で光として輝いた過去を持ってるんだよね。

実は任務としてシャプレー星人を追っていた渋川さん。
彼がシャプレー星人を相手にしてる一方、ガイは呼び出されたベムラーとバトル。
手前で等身大、奥で巨大戦という図はウルトラならではだよね。基本的にライダーは等身大だし、戦隊は敵も味方もどっちも巨大化しちゃうし。
そして今回渋川さんは、止めを刺した後確認せずに振り向いて、その背後で爆発が起こるというヒーローだけに許されたシチュを演じました。
最後の「あばよ!」が、サイコ―にかっちょ良かった

ちょっとだけ父親を見直したキャサリン改め徹子。それでもまだ素直にはなれなくて。
ナオミの「ケンカするほど仲がいいって言うし」というセリフにガイが返したのは、「信じあえる人がいるって、いいもんだな」という言葉。

誰を信じたいんだ?と、またちょっと深読みしちまったぜ

もしかしたら、ガイから信じたいと想われてるかもしれないストーカー氏は、ダークリングに見放されてすっかりやさぐれてます。
かろうじて逃げ延びてたシャプレー星人を、腹いせのようにばっさり辻斬り
まあ、悪い宇宙人の被害の拡大を防いだとも言えるか。
思わせぶりに耳元のイヤーカフが光ったりしちゃったけど、結局怪しさの演出以上の意味はありませんでした(爆)

来週は「地図にないカフェ」
いい話ではあるんだが、「復讐の引き金」は飛ばされるんだよねえ……くそう
posted by 風見零 at 21:05| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

ダークリング再販

https://www.amazon.co.jp/%E9%AD%82%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E9%99%90%E5%AE%9A-%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96DX%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4/dp/B078GXVYRG/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1524137434&sr=8-3&keywords=%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0+%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96

ジャグラーのダークリングがまた発売されました。

オーブリングとカリバーの再販はまだ判るけど、ダークリングもか。
やっぱ人気あるなジャグラー。ふふふ



そして7月から始まる新ウルトラマンのネタバレ、ちょっと見ちゃって……マジだとしたら嬉しいな

オーブが人気あるってことだよね、それ。
楽しみだ
posted by 風見零 at 20:34| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

今週のスーパーヒーロータイム(4/15)

ちょっと、リサイクルマンの信じられない言動の数々に、背すじ凍ってます
普通の感覚してたら、言えないよあんなセリフ。
それで信者が暴挙に出たらどうするんだよ。今でもあちこちに凸ってんのにさあの連中

●仮面ライダービルド

美空には、火星の王妃の細胞が取り憑いて、今はそれは滅びてるけど意識だけが残ってる状態。
龍我は別の細胞が胎児と一体化して、一応人間として生まれてきた状態。

ってことでFA?

スタークの目的は、その別種の遺伝子が混ざり込んだ龍我の肉体を強化することだったらしい。
今マスターに憑いてるモノ(火星の王?)が、最終的には龍我の身体を自分のものにして蘇る予定とかですかね。
仮面ライダーSpiritsの村雨くん的な?

幻徳くんは、もういろいろフラグ立ちまくりでしょっとトホホなカンジ。
若手連中は無事だろうから、盛り上げ役としてはやっぱり彼かなあ

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

シリアスに圭一郎と魁利が演技してても、先週のミラクル9のへっぽこぶりが脳裏を過って、どうしても笑いが……

落ち込む魁利を、警察官として気に掛ける圭一郎。
ベタだけど、正体を知らずに距離を詰めていくって美味しいネタだ。
あだ名まで付けちゃうし。

そしてキカイダーの氷野郎は、タコの本性を現しました。
ちょっと去年の、やられるたびに人格が変わるタコ娘を思い出した。
脚をやられてもまた生えてくるし、銃は使い捨て。
いろいろチートだね。

posted by 風見零 at 20:33| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 15話「復活の聖剣 覚醒せよ!オーブオリジン」

ついにオリジン登場。

ここで1話からの伏線が半分回収されます。
残りの伏線は最終回で。

青柳くんがどっかのイベントで「ジャグラーはナオミがナターシャの子孫だと知ってた」とコメントしてたらしい。
なんだかんだと、ナターシャの血族を見守り続けてたんだね。
流石は筋金入りのストーカー(爆)

だから、あそこでナオミを斬るつもりはもちろん無かったし、個人的にはマトリョーシカを最後の一個だけ残してたのも意図的かなと。
ガイがナターシャとナオミの繋がりを知っても、それはそれで構わないと思ってたとか。
ガイに、闇に堕ちて欲しいというのも、立ち直って欲しいのも、どっちもジャグラーの中にある感情だったような。

オーブカリバーがゼッパンドンの尻尾から出て来た件については、いろいろ考察されてます。
まあ、ヤマタノオロチの伝承に寄せただけって気もするけど、個人的にはルサールカで暴走した時にガイから離れた光の一部が、ナターシャを救ったジャグラーに宿ったんじゃないかと妄想。
ジャグラーが、オーブの方へ飛んでいくカリバーの光に手を伸ばした時の必死さが、以前光に拒まれた時と重なって切なかったよ。

オリジンの姿を取り戻したガイが、初めて自分を「ウルトラマンオーブ」と名乗るシーンは感動的だが、ジャグラーは最初からずっと彼をウルトラマンとして認めてたんだよね……

そしてオリジンに敗れたジャグラーの前から、姿を消すダークリング。
ダークリングの設定が「宇宙で一番邪悪な心を持つ者のところへ現れる」だから、この時点でジャグラーは一番邪悪な人間ではなくなっていた。
それに関して、復活したオリジンを見て自分がかつて戦士の頂を目指してた頃を思い出したからとか、オリジンへの感情が嫉妬ではなく羨望だったからじゃないかとか、結構どれも頷ける説を見てにやにや出来るのも、ネット時代のいいところ。

そして次は、渋川さんがただのあばよおじさんじゃない事が分る「ハードボイルドリバー」です。

posted by 風見零 at 19:16| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

今週のスーパーヒーロータイム(4/8)

玄徳と書いてげんとくとは読まない、某プロフェッサーの中の人が……
ヒーロー番組は教育番組なんだから、経験者は気を付けて欲しいよ。

●仮面ライダービルド

宇宙船に、武田くんのインタビューが載ってました。
最初は金色のフォームに違和感あったけど、ガンダムで百式が好きだったから、メカっぽくてカッコいいと思ったそう。
確かにアレも金色だ。


火星の王妃様の解説によると、いつもは美空のバングルに魂が宿ってて、出現する時には美空に憑依するらしい。
彼女は龍我が最後の希望だと言ってて。
もしかして火星の誰かさんが、龍我に憑依してる?と思いましたが、最後に「人間じゃないかも」と言われてたんで、また別のネタなのかな。
人造人間的な?中の人が次の番組に出てるし(関係ねえ)

そしてマスターもローグに憑依されてて、本人の意識はまだある事が判明。
正体不明系大杉。

とにかくパンドラボックスを取り戻そうと、わざと軍籍から抜かれる行為をした戦兎。
それを知って、首相からの命令だと追いかけて協力する龍我と一海。
仲好きことは美しきかな。

個人的に、やっぱりクローズは最初のシンプルなデザインが一番いいなあ。
来週はマグマになっちゃうけど

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

人造人間の中の人が演じる氷野郎とすれ違う圭一郎。
「春になると変な奴が出てくる」…って、ちょっと違う意味を想像してしまう。
一応警察官なんだから、職質した方がいんじゃね?

ジュエリーデザイナーの持つペンダントがルパンコレクションだと目星をつけ、ギャングラーと奪い合うルパレン。
そこへ駆け付けるパトレン。

結局どっちも取り逃がすんだけど、おびき寄せるために偽のペンダントを展示。
この時観客にコスプ…もとい変装しますが、圭一郎が一番いつもと雰囲気違ったな。
咲也はそのまんまっぽい。チャラ男はそんなに変わらないか(偏見)

一方、デザイナーから姉との確執をきかされた魁利は、コンプレックスを抱いてたお兄ちゃんとの事を思い出してちょっとブルーに。
新しくコレクションをゲットするも、もう一つのコレクションはパトレンに破壊されて。
すっかり落ち込む透真と初美花。

来週は氷野郎との遭遇もあって、魁利がいろいろキレそうです。


posted by 風見零 at 19:35| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 14話「忘れられない場所 大苦戦!ゼッパンドン」

いきなりギャラクトロン編すっ飛ばして、オリジン復活編です。
うーん、やっぱりちょっとモヤつく。大事でしょう、ギャラクトロン編は。

けど、OPが2番に変わるのに合わせて新撮された画像には萌えた
いきなりガイの横顔のアップから始まって全身へ。
ちょっとうろたえたよ。石黒くんてホントにキレイな顔してるよねえ。

そして、マガタノオロチに並び立って立ち向かうオーブとジャグラー。



いいのか、盛大にネタばれしてるぞ




まあ、既に味方ポジのオーブ劇場版放送してるし、ジードの劇場版では思いっきり共闘してるから、今さらではあるんだが。

ガイとナターシャとのラブラブな回想シーンですが、あの二人をねっとりとストーカーしてるジャグラーが、どっかの木陰にいるかと思うと笑いを禁じ得ない

今回はガイジャグ的にもポイント多めの回でした。
ナオミを傷つけたことで自分の古傷を抉られてるガイに向かって「昔の自分には戻れない」とか「お前は闇に堕ちるしかないんだ」と言葉攻めするジャグラーの真意は、自分と同じ闇に堕ちてきて欲しいっていう無意識の願望の現れなんじゃないかと。
そして、オレも「太陽と月に背いて」で使わせてもらった、ガイは大事なものほど壊したくなるってセリフ。
某所で「じゃあ俺のことも壊せよ」と思ってるとか書かれてて、まあ皆さん考えることは一緒だねと
ツンデレ最強

zeppan.gif

オーブ劇場版のブルーレイが出た時に描いたネタですが、今週の回を見返すとやっぱり笑える。
そういうや劇場版ではマガオロチ要素の無いフュージョンアップだったから、そっちは魔王獣のくくりには入らない、普通の合体獣ってことになるのかな。
しみじみ見てると、ゼッパンドンって結構可愛くない?
短い手をばたばたしてるとことか、あと、ちっちゃいけどつぶらな瞳してるし

来週は遂に、オーブオリジンの復活です。
ゼッパンドンとも来週まで。
負けちゃうのは分ってるが、頑張れよジャグラー
posted by 風見零 at 13:43| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

今週のスーパーヒーロータイム(4/1)

●仮面ライダービルド

パンドラボックスを奪還し、ボトルを嵌めた事で発動した力が、スカイウォールの中心に円形の壁を出現させて。

一瞬「……巨人から人類を守るの?」と思いましただ

御堂の顔になった難波氏は、ノリノリで第九を指揮してます。
第九といえば思い出すまっちー。プログラムの完成形を見たかったな。

東都との約束はまるっと無視。
西都が勝ったことにしてガンガンと侵攻。
結局北都の解放はならず……ってことで、一人でも帰ろうとする一海くん。
美空が目の前に立っても、いつもみたいにみーたんとはなりません。
一海くんが何故みーたんLOVEになったのか、その理由が泣ける
マジ具合に、龍我も戦兎も動きます。

それまではあくまでも北都のために頑張って来た一海くん、ここでやっと、戦兎と龍我と一緒に戦うことを決意。
一海と戦兎の背中を、今は亡き3バカがそっと押すとこは涙なくしては見られません。

でも一海くんを慰めようと、握手券や写真撮影券を抱えてやって来た美空が人質に取られて。
ライダーたち危機一髪のシーンで、美空に何かが降臨。火星の王妃サマらしい。
ちょっと鎧武っぽくもなってきたな。

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

先週、魁利たちの正体に不審を抱いたつかさが計画を立案。

ギャングラーが現れたという偽情報を流し、店を見張ってルパレンたちが現れるかどうかを確かめようと言う作戦です。
この時のつかさはかなり不自然だったけど、咲也はごく自然に店を出る演技をやってました。
やはりチャラ男は自然に振る舞えるのか(偏見)

ギャングラーに扮したのはジム・カーター。
圭一郎が見守る前にルパレンたちが現れるも、店からは誰も出て来ず。
つかさたちが店に突入したら、全員揃ってました。

実は魁利が分裂して他の2人を演じ、店の魁利はコグレの変装。
……コグレさん、無理があるのに頑張った

そんな中、ジムがギャングラーに拉致され台の上に鎖で縛りつけられます。
この時のセリフが「おのれギャングラー、ぶっとばすぞー」…これって、あれだよね。仮面ノリだー
そういや先週かな、ロボでヨーヨーを武器として使った時の「刑事とヨーヨーって相性がいいですよね」ってセリフはスケバン刑事か。
親御さん世代向けのネタですな。

結局、ルパレンたちの正体はパトレンにはバレませんでした。
しばらくはこのノリで行きそう。

posted by 風見零 at 20:39| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

ウルトラマンオーブTHE CHRONICLE 13話「黒き王の祝福 誕生!サンダーブレスター」

オーブのフュージョンアップ態では、おそらく一番人気のサンブレ誕生回。

やっぱり問答無用で強そうなカンジっていうの、ヒーローものでは受けるよね
怪獣愛に溢れた田口監督の本気度合いが偲ばれます。

最初べリアル閣下がガイの言う事聞いてくれないの、先週呼び捨てにされたから説がなんとなくありそうな気もするのがね。
そしてジャグラーの「一度くらい俺に勝たせろよおおおおおおおおお!」の、名セリフもこの回。

個人的には「お前カッコ悪いよ」と言った後、闇の力でサンブレになったガイに「カッコ良かったよ。オレは潔く負けを認める」と言うジャグラーの意味不明さが、ガイをどうしたいのか、自分がどうなりたいのか判らなくなってるジャグラー自身の揺れ動く内面を映してるのかなって。
もしマガオロチにガイが倒されてたら、ジャグラーも生きる意味を失いそうだし。
ガイが闇の力を使って自分と同じ場所へ来たことが、むしろジャグラーには嬉しかったのかもね。

結局この後のギャラクトロン戦で、ガイはとことんボロボロになる訳だし。

って、次はそのギャラクトロンすっ飛ばしてゼッパンドンです。
今やってる映画のメインの敵なのに、ギャラクトロン。
エンディングでさらっと、ガイさんのナレーションに合わせてギャラクトロンと戦ってるシーンやナオミが倒れてるシーンがインサート。
クロニクルが初オーブの人は、結構???になること多そう。
その後は、渋川さんとブラック店長回。
どっちも本筋には直接かかわらずとも、珠玉のエピソードではあります。が……

なんで「復讐の引き金」を飛ばすかね?

うーん、「ジャグラー死す」も飛ばされちゃったし、なんかガイとジャグラーの因縁を描くのに重要な回がことごとくスルーされてて切ないぜ
メトロンから「こいつを野放しにして、手を焼くのはキミだぞ」と言われたのに「手ならとっくに焼いてるさ」ってガイが返すとこ、すんごい萌えたんだけどな。
そして会話の最中にしれっと姿を消すジャグラーが

最後は恒例の、ジード劇場版宣伝で締め。
一旦消えたガイさんが、画面の左端から右端にだーーーーーっと走り抜けるシーンは爆笑しました
posted by 風見零 at 20:36| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

三度目に行ってきた

P_20180328_121758.jpg

ジード映画。
オーブは2度だったけど、あと一回くらいは行きそう
だってガイジャグ的に美味しすぎて
内容も、オーブがジードにゲスト出演というより、戦隊のVSみたいにどっちも立ててもらってるカンジ。

ジャグラーのピンチにオーブが現れた時の、インナーワールド的な素顔の会話シーンが1番の萌えポイント。
オーブ最終回のオマージュだってのもあるし、「勝手にしろ」と微笑んだガイに、ちょっと拗ねたような態度を取るジャグラーがもうね〜

ラストシーンで、去っていくガイに少しだけ振り向くジャグラーの切なげな表情も……たまらん

ちなみにグッズ売り場にはリアルタイプのフィギュアも展示されてて。

こっちはオリジン。
P_20180314_153604.jpg

こっちはジャグラー。
P_20180314_153513.jpg

どっちも6、7千円代だけど、ジャグラーの方がちょっぴり高いのは造りが細かいからか、制作個体数の差か?


posted by 風見零 at 20:21| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

今週のスーパーヒーロータイム(3月25日)

●仮面ライダービルド

沙羽がウサギ×2の情報を西都に渡したのは、鍋島の家族を人質に取られてたから。
それを一海くんが助け出し、戦兎はタンク×2を使って幻徳に逆転勝ち。

幻徳って、どうにもオレが好きな人生貧乏くじの匂いがプンプンして、嫌いじゃないんだよな〜
一応都民の事も考えてるし。

そんな彼に、パパも「帰って来い」と言ってくれました。


でもここでめでたし×2にしてらドラマは続かない、って訳で難波会長が御堂を消し、スタークの力で自分の顔を御堂に変えちゃいました。
あれ、あくまでも顔を変えるだけで、身体の中身は一緒なのかな?
若返る訳ではなくて、おじいちゃんの顔がおじさんになったって事か。

御堂に成りすまして裏切る気満々です。
さて、どうするどうなる?

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

仲間が敵に取り込まれて、一人残ったメンバーが奪還のために頑張るっていうのは、戦隊あるあるネタ。
ダイレンの壷同人の回もそうでした。
あれは陣の初登場回でもあるから、よく覚えてます。
亮はそのために大リーグボール養成ギブス(違)着けて特訓したっけ
ちなみに昨日は、そのリュウレンジャー、天火星・亮役の和田圭市くんのバースデーでした。おめ

一人残された初美花は、自分に気のある咲也を利用して他の2人を救出。
後ろめたさからした親切を誤解して、咲也は初美花にガチ恋モード。
一方つかさは、初美花たちの仕種から不審を抱いて…そろそろバレ来る?
でも序盤だし、一旦疑惑を持ったもののしばらくはそのままの路線かもね。

細かいんだが、レッド達を助け出した時の初美花の「助けれて良かった」ってセリフが気になりました。
ら抜き言葉が気になる、年寄りの悪い癖(爆)
posted by 風見零 at 21:09| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 12話「大変!ママが来た! 復活のマガオロチ」

今日、本当なら青柳くん福岡の映画館で舞台挨拶やるはすでしたが、福岡空港のトラブルで飛行機が飛ばす行けなかったそう。
そんなことあるのね……

中ボス登場回。
でもこのサブタイだと、ママがマガオロチみたいに読めるぞ(爆)
まあ、ママはある意味オーブワールドで最強だから

ベストセレクションの放送時でも書きましたが、この回の「……で、何だっけ?」「あ、ああ」とか「おい、聞いてんのか?」「悪い」っていうガイとジャグラーのやり取り見て「ん?この2人、以前はこんな軽口叩き合う仲だったんだ」と思ったのが、オーブ沼にハマる第一歩でした。
ママに振り回される2人、ほんとにすき

ただ、ママを誤魔化そうと一生懸命なとこに場違い感満載で登場したジャグラーへ、ガイが「お前、死んとばかり……!?」って言うとこ、「ジャグラー死す」をやってないせいで初見さんには?だったよね。
後、タマユラ姫も「入らずの森」を飛ばされたせいで「どなた様?」状態。
いきなり巨大化して現れるし。
まあ、なんとなく察してください的な?

前半はギャグテイストですが、後半は一転どシリアス。
そういやリアタイでは3分割されてた本編、今回は2分割で、より前半と後半のギャップが凄かった。
レストランではガイに嫌味かます余裕のあったジャグラーも、いざマガオロチが復活するとなると流石にシリアス。


「……お前と直接やり合うのも、これが最後か」


何度聞いてもこの呟きに、決着が付けくっていう喜びの欠片も無いのが……

封印していたゾフィのカードをべリアルのカードで破壊し、マガオロチを目覚めさせるジャグラー。
オーブに変身して、全てのフォームチェンジで挑むも歯が立たないオーブ。
バーンマイトの自爆攻撃にも耐えられて、逆に自分が変身解除になりました。

気を失ったガイに近付き「……これで本当に終わりだ」というジャグラーの呟きも、決してマガオロチがオーブを倒した事を喜んでる訳じゃないんだよね。
僅かに震える指先でカードホルダーに触れ、取り上げて狂ったように高笑いするジャグラー。

全編を視聴し、前日譚のオリサガを経て二度の劇場版を見た後だと、この2人が今ああして一緒に戦ったり、手を貸したり貸されたりする仲にまで戻れたのが、すごく感慨深いっす。

来週はジード劇場版でリクから「似てる!?」と不思議がられたサンブレ登場。
ここからオリジン復活まで、怒涛の展開で何度見てもワクワクするわ
posted by 風見零 at 20:29| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

今週のスーパーヒーロータイム(3/18)

密林でオーブの超全集が今、10000円で売ってると知ってビックリ
元々他よりも分厚くて3000円越えの、若干お高めの価格設定ではありましたが、3倍になっとる……もう版元でも絶版なのか?
実は購入した後、原稿用によく開くからもう一冊保存用に買っとこうかとも思ったんだよね。
でもちょっとお高めだったからさー、まあいっかとパス。
ぐぬう、やっぱり購入しとくべきだったか。

●仮面ライダービルド

自分が負けたら弟が処刑されるって、あからさまな嘘だけど信じちゃうのが龍我だよね。
そしてそれを知っても「騙された俺が悪かった」と言えるあたりが、やっぱり龍我だ。

まあセオリー通りに勝負の行方は戦兎VSローグへと持ち越されました。
一応2人とも、日本のためにという行動原理は一緒なんだが、その目指すところが違い過ぎてどうにもこうにも

ビルドの新兵器、うさぎ×2のデータは紗羽の手で敵陣に渡ったけど、彼女も一海くんに何か頼みごとをしてるし、それが今後の展開に影響を与えそう。
しかし、美空にまったく意識してもらえてない一海くんカワイソス

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

なんかアミーゴ的なカッコした、キカイダー・ジローが登場。
ルパレンたちの大切な人を氷にしちゃった敵の人間態です。
でも、ちゃんとした出番はもうちょっと先そう。

先週魁利に負けて、もやもやを抱えたままの圭一郎は、警察官としても自分を見失いそうに。
今回のサブタイ「守るべきものは」って、神戸卒業シーズンにやった「守るべきもの」を思い出した。
神戸くんの同期だったオーブルーが、警察を退職した後警備会社に勤めて、警護対象者を守ろうとして亡くなる話。
あの時も、神戸がオーブルーの行動に、自分の警察官としての姿勢に思いを馳せるおハナシでした。

つかさのビンタで目を覚ました圭一郎に、魁利も今回はお宝を譲ってあげる締めに。
パトレン側にバイク、ルパレン側にヘリが渡って痛み分け。

コグレさん、お茶は飲むのね……
posted by 風見零 at 20:46| Comment(2) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 11話「ババルウの心 ニセモノのブルース」

劇場版が一段落ついて、また本編に戻りました。

今週は馬場先輩回。オーブファンの間でも名作と名高い回です。
ただその分、次週の「ジャグラー死す」がカットされるのが残念

ニセモノネタっていうのは、ヒーローもののお約束。
ウルトラマンは多いですよね。
逆にライダーはあんまり無いかな。マフラーが黄色い6人の偽ライダーが有名で、それ以外はV3の時の偽ライダーマンと、スカイの時もあったっけ?
ウルトラマンは存在が周知されてるから、ニセモノを使ったイメージ操作もアリだけど、ライダーの方は人知れず戦ってるパターンが特に昭和では多かったし、偽物出す意味があんまり無いのかもね。

人間との絆がオーブの強さだと進言するジャグラーに乗って、ババルウ星人に偽オーブになるよう命ずるドン・ノストラ。
クロニクルだけ見てる人には、惑星侵略連合のみなさんは「どなたさま?」状態ですね

ジェッタにおごってもらったハンバーガーをぱくつくガイさん。
そこへ偽オーブが現れ、思わず手にしたポテトを取り落します。
偽オーブは命令のままに暴れようとするも、偶然現れたテレスドンに焦り、戦う羽目に。
そこでナオミの「オーブってあんなだったっけ?」という疑問に「いやっ、そんなことはない!……と、思う」と、食い気味に速攻で否定するガイさんが笑える

結果論として子供たちを救う形になったババルウ星人ババリュウは、ジェッタに見られとっさに馬場竜二と名乗ります。
彼をオーブだと信じ込んだジェッタや子供たちから、馬場先輩と慕われ困惑するババリュウ。
ガイも、「ホントはガイさんがオーブじゃないかと思ってた」と言われて焦ったり、ババリュウをオーブだと紹介され「そっとしておいてやらなきゃ」と言いつつ子供たちにバラしまくるジェッタに「おまえ全然そっとしてないじゃないか」と思わずツッコんだり
今回、ガイは基本的にババリュウを見守る傍観者ポジですね。
このあたりは8話で披露した、破壊や侵略目的でない怪獣や宇宙人には基本ノータッチというガイのスタンスの元に描いてるカンジ。

最初はただ調子いいだけに見えたジェッタも、実は父親から受け継いだ、確固たるヒーロー像があることが判明。
嫌われるより好かれる方が嬉しいと、揺れるババリュウ。

ノストラから、オーブとして子どもたちを踏みつぶせと強制された時「出来ません、オレは今ウルトラマンオーブですから!」と、ついに反旗を翻して。
怒ったノストラが怪獣を差し向けて正体がバレ、呆然とする子供たちとジェッタ。
「済まねえ、オレは偽物なんだ……」と告白するババリュウでしたが、そんな事には関係なくババリュウに声援が送られます。
このあたりが泣ける

そこで満を持して、ガイのオーブが登場。
あっさり片付け「やっぱりホンモノはすげえな……」とババリュウは呟きました。
そのままジェッタたちの前から姿を消すババリュウと、行かせてやれというガイ。
このあたり、風来坊を続けてるガイさんの内面がちらっと覗く感じかな。

ノストラに対して「あなたのやり方は古いんですよ」と鼻で笑うジャグラー。
今週は彼にしては比較的大人しめ。まあ一応連合にいる間は、猫かぶってたしね。

公園でぼんやり、馬場先輩に思いを馳せるジェッタ。
傍らにいたガイは公園で働く男がババリュウなのに気付きますが、あえて知らないふりを。
このラストが良かったな。
1本の作品としてキレイにまとまってました。

んで来週は、ヒロインのママが上京してくるという定番話+中ボス登場が合体した、かなりのジェットコースター回です。
この時の、ガイとジャグラーのやり取り見て「あ、もしかしてこの作品は好みかもしれん」と思った記念回でもありました。

そして今もなお、オーブ沼に……
posted by 風見零 at 20:31| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

ウルトラマンジード 劇場版 つなぐぜ!願い!!

いやあ、ごちそうさまでした
とりあえず、そこまでのネタバレは書かないつもりだけど、気になる方は避けた方がいいかもです。












坂本監督が「ゲストとして手伝いに現れるというよりは、オーブたちがいないと成立しないようなストーリー」と語ってましたが、ぶっちゃけジャグラーなんて去年のオーブ劇場版より出番もガイとの絡みも多いよ
ていうか、出番自体はガイよりジャグラーの方が多いっす。
最初から最後まで出ずっぱり

まずAIBのメンバーの前に現れる初登場のシーン、しゃがんだスーツの後姿だけで場内がざわついたもん
今回両隣とも男性の大きなお友達だったんだけど、そこで二組とも反応してました。

ジャグラーは本編では主にナオミにセクハラしてたイメージだけど、今回は男女問わずセクハラするキャラだったと判明。
レイトさん、ご愁傷様
しかし「パパさん」呼びといい、からかいやすいタイプは好きなんかねジャグラー。
あの数々のセクハラ、後でガイにバレたらちょっと揉めるかも、と余計な事を考えたよ。

ガイとの再会シーンもらしくて
ガイもジャグラーも中の人がアクションバッチリだから、キレッキレの動きがカッチョいい。
リクと初対面のシーンで「ジードさん……って、俺の方が先輩なのか?じゃあジード?」と、呼び方に迷うガイに「どっちでもいいだろ!」とツッコむとこは笑えた
しかしガイさん、すっかり先輩の風格身に着けてたな。
トラウマ持ちのウルトラマンという点では同じでも、それを乗り越えた経緯と重ねてきた年の差か。

そういや赤き鋼に選ばれなかったジャグラーが「……今回もこのパターンか」と吐き捨てるとこは、ちょっと心が痛みました。
ドンマイ★
ギルバリスを探ってるシーンの背景が、ファイズ最終決戦の地下放水路だったのにも心が痛んだよ。
よくロケで使われるしね、あそこ……

中盤で戦えなくなったリクに「この臆病者が」と言いつつ、彼の代わりに巨大化して戦うあたりが、ジャグラーの本来の面倒見のよさが垣間見えたカンジ。
アイルのペンダントの力を借りたってことは、以前巨大化したのはマガタノオロチの闇の力を取り込んでたからか。で、今はもうその闇の力は失われたと。
なんだかんだと、宇宙の平和を守ろうとしちゃうジャグラーさんです。
そんな彼の元に、オーブ最終回とは逆パターンでガイが現れるとこは、バックに流れる主題歌と共に鳥肌の立つ素晴らしさでした。
もう、あのシーンだけでごはん何杯行けるか?みたいな
ありがとう

最後の最後まで、ガイとジャグラーらしさ満載のやり取りで終わってくれて満足。
おみやげのぬいぐるみ、シュミでなくとも捨てられないジャグラーが素晴らしい。
やっぱりあの二人はキャラが立ってるから、他の人が扱ってもブレないよね。
今後、どの作品に客演しても使い勝手いいだろうな。どんどん出してあげてください。


ともかく、メインじゃないのに去年よりも満足度は高かったです。
オーブでは、結構ギリギリまでジャグラーの立ち位置がどこなのかが伏せられてたけど、今回は最初から最後まで正義の味方ポジだったし。
本人は絶対に認めないだろうけどね。

さて、また見に行くか
posted by 風見零 at 21:07| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

今週のスーパーヒーロータイム(3/11)

ジード映画、オーブの時より全然ジャグラーの出番多いよ。
そしてガイとの絡みが美味しすぎて萌え死ぬ……

あと何度か見に行っちゃいそうです

●仮面ライダービルド

3バカのお墓を作る一海くん。
そこらへんに適当なお墓を作っちゃうのって、東映特撮の伝統なんだよね。
だから、ズバットで飛鳥さんのちゃんとしたお墓が出た時には、ちょっとビックリしたな。
まあ彼は普通にお葬式してもらっただろうし。

西都とのライダーファイトに挑むビルド、クローズ、グリス。
ハザードトリガーを制御しようと、美空の力を借りて新しい発明に取り組む戦兎。
それを手伝う紗羽だけど、実は彼女は難波チルドレンで……ってことで、情報は筒抜け。
でも龍我が盗聴器に気付いたから、何か手は打ってると思うんだけど。

先鋒のグリスは、圧倒的不利から3バカの想いを背負って逆転。
次は龍我。
でもドラマ的に、最後の戦兎まで回さないとならないから、龍我は負けちゃうんだろうな(爆)

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

ブンドルトの人間態が、最初の方で「ジーっとしてても〜」と言ってて「え?」と思ったんですが、中の人がジードにも出てたんですね。
東映と円谷の垣根を越えたネタか。
だからリクが「ベストマッチ」とか言ってたの?でもそれ、戦隊じゃなくてライダー……

敵の幹部も登場。
強そうだ。

そして、ぶつかり合う赤対赤。
「怪盗という手段を取った時点で間違っている!」うーん正論。
判っていても、そうせざるをえない自分の立ち位置に苛立つ魁利。辛いとこですな。

そういや今週は、ライダーも戦隊も「内部に通報者がいる!?」というネタでしたね。
摺合せ…した訳でもないんだろうけど。

posted by 風見零 at 20:57| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 10話 「絆の力、おかりします! 第3章 新たなる世代」

劇場版のラスト。





ガイとジャグラーの入浴シーンがカットされたあああああ



って、正確に言うとラストの銭湯のシーンなんだが。
くそう、実は結構(かなり?)楽しみにしてたのに。

先週ラストでトリニティにフォームチェンジしたオーブ。
サデスは撃退するも、デアボリックに二体の宇宙人も追加されて押され気味。
必死に応援するSSPメンバーの後ろに笑いながら現れたのは……

「さあ、クライマックスだ!」

ジャグラーです。
取り戻したダークリングを取り出し、ゼットンとパンドンのカードをリードさせて

「ゼットンさん、パンドンさん、闇の力、おかりします!」

ガイと全く同じポーズと角度でフュージョンアップ。
飛び出し方もウルトラヒーローと同じ構図。
ここ、劇場では爆笑の嵐だったな。

やってみたかったんだね、ジャグラー

オーブの背後から近づくゼッパンドンに不審の目を向けるナオミ。オーブつーかガイも一瞬戸惑った雰囲気に。
けれどゼッパンドンは「邪魔だ、どけ」とオーブに言い捨てて敵を攻撃。
「ジャグラー…」
ガイさん、ちょっと嬉しそう。
「お前を倒すのはこの俺だ。こんな奴らに横取りされてたまるか」

はい、デレ来ました―――――――

共闘するオーブとゼッパンドンに「行っけーー、ジャグラー!!」と声援を送るSSP。
でもそんな彼らを、ガッツ星人が人質に。
「動くな」と言われたのはオーブだけなんだけど、しっかりジャグラーも動きを止めて、自分が攻撃を受けちゃった。
変身が解除され、倒れ込むジャグラー。
「……正義の味方って、面倒くせえ……」
まあ、仕方ないよ。うん。

押されるオーブだけど、渋川さんがSSPメンバーを助け出して、逃げる途中でダークリング発見。
ガッツ星人に奪われそうになったところを、ジャグラーが一発殴って取り戻します。

「ダークリング、愛してるぜ」

そう告げるジャグラーの表情がちょっと切なげ。
それでもオーブというか、ガイのために自らダークリングを異空間に葬りました。
リングで増幅されてたムルナウの力が解けて、宝石にされてたニュージェネレーションズ復活。
それを見届け、去って行くジャグラー。
テレビだとここで出番おしまい。

4人のウルトラマンと4体の宇宙人のバトルの中、また復活したサデスがデアボリックと合体して発射したキャノン砲に吹っ飛ばされるオーブ。
「……お困りのようだね」
の言葉と共に現れたのは、元祖風来坊。
ここで劇場では、小さいお友達の「うるとらぜぶんのひとだー」って声が上がりました。
ちゃんと判別つくんだなと、結構驚いた。

OPのメロディーに合わせた「セブン」×7のセリフは、何度聞いても笑う

セブンも加わって、ラストバトル。
サデスが弾いたオーブの光線がムルナウの館に直撃、彼女もジ・エンド。

他のウルトラマンと別れたガイが、ムルナウの最期を看取り、オーブニカ吹きつつ去ってくところでTVでの劇場版はラスト。
実際はその後、鶴の湯で戦いの疲れを癒してるガイたちが出てきます。
ガイがオーブだと知ったジェッタたちがはしゃいで、隣で浸かってた男にお湯がかかり、慌てて謝るガイ。
湯船から立ち上がり、振り向いた男の顔は―――ジャグラー。
驚くガイににやりと笑ってみせると、湯船を出て店長に一礼し、そのまま去って行きました。
この時の、ジャグラーのギリギリ具合がなんとも絶妙でね

外で待ってたナオミのとこに渋川がやって来て、銭湯から出たジェッタとシンが合流。
でもガイは既にまたさすらいの旅へ。
1人になったところへゼロが現れ、新たなる戦いへ誘うところで劇場版ENDです。


来週は本編に戻って「ニセモノのブルース」
ベストセレクションではカットされたけど、オーブファンの間でも評価の高い名作。
だから放送されるのは嬉しいんだが、その次がママ回なんだよね。
「ジャグラー死す」はまた飛ばされるのか……あれも重要なエピソードなのにさ。
ジャグラーが死んだと思い込んで呆然とし、その後キレるオーブとかね
posted by 風見零 at 19:10| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

ウルトラマンジード スペシャルステージinアリオ橋本

日曜に、ジード映画のイベントがありました。
顔出し出演は、ジードの濱田くんとジャグラーの青柳くん。

ジャグラーとしての青柳くんを見られる機会はもうそうそう無いだろうと、行って来ました。

午前と午後の二回で、二回目狙いで一回目が終わるころを見計らって会場入りしたんだけど、一回目のハイタッチがまだ続いてて。
会場の周囲はすごい人だかりでちょっとビビる

「これが終わったら、案内しますから待っててください」と言われ待機。
人垣の隙間から、リクとジャグラーがチラ見え。
終わった後リクから「どうでした?ジャグラーさん」と感想を聞かれ「ん〜……久しぶりにやると……心が洗われるねえ」とジャグラーっぽい返しをする青柳くんでした。

で、午後の部の案内がアナウンスされるやいなや、走り出す大きなお友達。
慌ててあと付いてったけど、列の折り返しあたりにしか並べなかったよ。
それでも場所的には、前から3分の1くらいの真ん中に座れました。
待つこと1時間半。イベント開始。

まずはリクくん登場。
何故か「ベストマッチ」と、他局ネタぶっこみいや確かにちょっと変身の仕方似てるけどさ。

明るく映画のCMしてるとこに、バルキー星人(らしい)登場。
「お前もいずれ、父親のようになる」とねちねち嫌味言われて落ち込むリク。
そこへ―――

「何を動様してる?」と、例の口調でジャグラー登場。
ちゃんと蛇心剣も持ってます。
再会の挨拶を交わした後、おもむろに映画について語ろうとするジャグラーを慌てて止めるリク。
「ネタバレすると、観客動員とか、興業収益とかに影響が出ちゃうから!」って、リアルだな
では、地球人の闇を知ろうという事になり、以前のイベントでもやってた「ジャグラーのお悩み相談室with浅倉リク」開始。

お子様たちのお悩み相談を受け付けます。
オモチャが後二つでコンプリートなのに買ってもらえないとか、ウルトラマンになりたいとかのカワイイお悩みにも真摯に対応するジャグラー。
中の一人が「レイくん」という名前で、ジャグラーが「レイくん」と呼ぶたびにちょっとドキドキしました

地球人も闇を抱えていると知って、立ち直るリク。
そこへバルキー星人が怪獣引き連れて現れ、ジード&ジャグラーとのバトルに。
前半は青柳くん本人が立ち回りを見せますが、流石にキレッキレでした。運動神経のいい人ってすばらしい……

無事に撃退した後、2人揃って劇場版のCMを見ます。
ガイさんがオーブニカ吹きながら現れるシーンで、こめかみを押さえ苦しそうに倒れるジャグラー。
そんなジャグラーに手を合わせて、焼香の真似するリク。いいコンビだ。
ジャグラーは「恐ろしいことに、もうすぐみんながこいつを吹くようになるんだぜ……」と呻きますが、要するにオーブニカ発売になるから買ってねってことか。
ガイさんのためにCMしてあげるなんて、優しいなあ(爆)

イベントも終了し、ハケていくジャグラーが舞台のそでで立ち止まって観客に顔を向け、投げキッスしながら最後に一言。

「愛してるぜ、地球人

ぐはあ
ただ、そこで終われば問題無かったんだけど、その後リクが「あの人ツンデレなんですよねー、それでコミケとかで薄い本が……」みたいなことを言い出して頭まっしろに。
ちょっと待て、何言ってやがるんですかリクくん!?

なんか動揺し過ぎて、正確にはどんなセリフだったかは覚えてないんだが、勘弁して……


でもその後さらに、ハイタッチコーナーに突入し、ご本人と対面。
なんかもう……ものすんごくいたたまれなかったです。
いや、青柳くん本人は素晴らしくカッチョ良かったんだが、オレ自身の心の闇がね
本当に済みません。


でもジード映画のガイジャグは、死ぬほど楽しみだ(コラ)


posted by 風見零 at 20:08| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

今週のスーパーヒーロータイム(3/4)

アリオ橋本での、浅倉リク&ジャグラスジャグラーのイベントに行って来ました
生ジャグラーは初。カッチョ良かった〜

そしてリクくんは「ベストマッチ!」とか、違う会社のネタを振ってました。
いいのか

●仮面ライダービルド

あああ、最後の三バカが……一海くん、かわいそすぎ

東都にスパイがいると判って、パンドラボックスを囮にカイザーブラザースを釣ったものの、本物のボックスの方にローグが現れ赤羽くんアディオス。
これでカシラは一人ぼっちだよ。

でも初めての3人ライダーの同時変身は燃えた

けどローグを押さえようとトリガーを使った戦兎は暴走、ボックスは奪われた上、助けようとかけつけた美空にも手をかけて……ってとこで以下次週。
ビルドの目の色が美空のバングルの発動で変わってましたが、両目が同じ色になったりするのか?来週は。

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

人間密室消失事件を追うパトレンジャー。

彼らを見張ってればギャングラーに辿り着くだろうと、動向を探るルパンレンジャー。
ちょっとだけ、互いの立ち位置に寄り添う雰囲気も生まれたり、産まれなかったり。

つかさの可愛いモノ好きの現場を見かけて、でも誰にも言わず、バレで慌てる彼女を揶揄したりもしない圭一郎はいいやつだー

今回のラストに、コグレさんが一度も食事をした事がないというネタが出たけど、もしかして人間じゃないのか?とか、ちらっと思いました。
さて?

posted by 風見零 at 19:42| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする