2017年10月30日

今週のジャンプ 2017 48号

●ワンピース  

餅で生き埋めにされたら、食べて脱出するルフィすげえ
そして走ってたら、すぐに痩せられる……なんてうらめし、いや羨ましい。

●鬼滅の刃

刻まれても刻まれても復活する禰豆子。
完全に鬼の血が覚醒してます。
そして鬼の本能に負けそうになる彼女を、必死に止めようとする炭次郎。
その危機に現れたのは―――宇髄。美味しいとこ持って行きすぎでしょ。

●ハイキュー

おだや影山の威力継続中。

スポーツは本来頭脳戦でもあるんだってのが、よく判るカンジですね。

●ロボレーザービーム

3年後、無事にプロになったロボは初試合になんとか間に合いました。
それは朱雀くんのヘリのおかげ。
性格はアレだけど、結構朱雀くんのキャラは好きかも

そして今週も、ちらっと頭文字○が混ざってました。

●Dr・STONE

とても正義の味方をは思えないタイプの言動するキャラ多いな、このマンガ。
最後のパーツである酒を手に入れるべく、戦いに参加する千空。
その名を聞いて動揺するルリ。
彼女が伝えられた物語の中にいるのかな、千空が。

●約束のネバーランド

エマたちは頭は良くても、場数が圧倒的に足りないよね。
ガンバレ★

●銀魂

実は人間キャラが死ぬのはそれほどでもないけど、動物が死ぬのはすっげーイヤ
だから駆け付けてくれて嬉しかったよ、銀さん。

●斉木楠雄のΨ難

おっと、今までサザエさんワールドだったのに、時間が流れ始めた?
これって……

●食戟のソーマ

あー、最近ピザ食べてないなー。
食べたくなったなー。

●ゴーレムハーツ

SFでのアンドロイド設定を、ファンタジーワールドでゴーレムにしたカンジ?
もう少ししたら、あの博士アディオスしそう
ラベル:少年ジャンプ
posted by 風見零 at 19:11| Comment(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

今週のスーパーヒーロータイム(10/29)

●キュウレンジャー

ラッキーは実は王子様だった!!!

以前の回想シーンでそれっぽい伏線はありましたが、本人がそれっぽくないキャラなのがちょっと笑える
今回はお父上の顔はぼかされてたけど、予告見たら山崎銀之丞さん?渋いチョイスっすね。
名前のアスラン王って、ナルニア国のライオンの王様ですな。
個人的には、某種ガンダムのキャラが浮かんでしまったり。

子ライオンロボのシーザーが、ラッキーの唯一の友達だと聞いて動揺するガル。
なんで?と思ったら「じゃあ自分は友達じゃないのか」と焦ってたのね。
カワイイな

●仮面ライダービルド

葛城の遺したメモリの中に、仮面ライダーシステムの紹介映像がありました。
狼と携帯のボトルをマッチング、しかもそれをやってるのが巧……一瞬別の物に変身するんじゃないかとドキドキした。バカか

科学技術の発展と、それを使う人間側の倫理に関して対立する戦兎と龍我。
まあ、いつの時代も繰り返されてきた命題ですな。

ライダー技術を利用しようとする影の黒幕の社長さんとして、百目タイタン登場。
銭湯好き?ってことは、ガイと気は合いそうだ。その一点に関しては。

そしてコウモリ男こと幻徳は、パンドラボックスの奪取を画策。
そのために誘い出された戦兎に告げられたのは「葛城巧は生きている」という、衝撃の事実?
うーん、どこまでもミステリアスな男だぜ、葛城巧。

posted by 風見零 at 18:56| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

2017 スケートカナダ ショート

今日の横浜は、デースケのイベントの間までは天気持ちこたえて、無事に開催されたそうです。
あう
流石は晴れ男……

グランプリシリーズ2戦目のカナダ。
ショートが行われました。

ますはしょうま、トップ発進おめ

4戦連続ショート100点越えと、安定した成績を残してます。
今回はコンボの後半が2ダブルになったけど、だんだん修正していくといいよ。
選手紹介の時に、デースケに憧れてるってアナウンスが流れたらしい。ブレないな。
そして解説してたリプちゃんが大興奮だったそう
クールっぽく見えてはいたけど、やっぱ女子だね。
そしてこっちも内面は女子なジョニーが、しょうまに「平昌の金メダルの候補筆頭」とコメしたらしい。
だいじょぶか?そんな事言って。
手のひら返したリサイクルマンのオタから凸られるよ

無良くんは、クワド1本の上に回転不足取られたりして、あんまり点が伸びませんでした。
大変だろうがフリーガンバレ★

2位がPちゃんで、3位がブラウン。
滑りのいい選手が上位に来てます。やっぱり見ごたえあるわ

女子は本郷理華ちゃんと真凛ちゃんが登場。
理華ちゃんが6位で、ジャンプミスが相次いだ真凛ちゃんは10位。
シニアの洗礼受けちゃった感じかな。あんまりマスコミも騒ぐなよとは思うけど、真央ちゃんが引退したから次のスター作りたくて必死なんだろうね。

地元のオズモンドが、歓声に相応しい演技で一人だけ70点超えしてトップに。
カナダの観客はPちゃんとかに別格の声援は確かに送るけど、他の国の選手でもいい演技者はちゃんと讃えるんだよね。
デースケが先週のふしぎ発見で言ってたとおりに。

まあ先週のロシアの観客が悪い訳じゃなくて、単に集団で客席を埋めてたアジア人連中が悪質なだけなんだけど。

ともあれフリーも頑張って
posted by 風見零 at 18:40| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

高橋大輔in僕らはマンガで強くなった

11月からNHKのBSでデースケが「僕らはマンガで強くなった」のナレーションを担当します。

http://www4.nhk.or.jp/P4415/21/

ZEROでも回によってはナレーションやってるから、それが好評だったのかな?
マンガ好きだし、オレ的にもwinwinな企画です
楽しみ

そのデースケ、明日ZEROでも取材に行った横浜トリエンナーレで、トークショウの予定。
整理券ゲット出来れば誰でも見られるので行こうかと思ったんですが、雨だと一般の観覧が出来ないんだよね。
どうも明日の天気が不確かだし、空振りの危険もあるので今回は見送ろうかな

月末に向けて、ガイジャグのハロウィンイラスト描いてるので、それを仕上げるか。
ジャグラーがドラキュラで、ガイが狼男のコスプレしてるやつ。
オレ自身は一切コスプレしないんだけどね。
でもパンプキンシフォンとパンプキンプリンは買いました




ラベル:高橋大輔
posted by 風見零 at 20:51| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

相棒シーズン16 2話

輿水御大の前後編って、前編は「お、イケるかも?」と思っても、後編でグダるってのが最近デフォになってて残念

今回のポイントは三人目の事件だけが突発的なもので、それに弁護士女子が手を貸したというとこなんだろうけど、フジ系浅見光彦の過去やキャラがもっと関係してくるかと期待してたので、なんか肩透かしなカンジ。

そして特命係を潰す気満々だったフジ系初代浅見光彦と画伯の野望は、光のお父さんの暗躍により、脆くも崩れ去ったのでした。


ていうか、ラスト大河内さん出てきたよ



副総監ってば、さりげなく手を握っちゃったりして、神戸くーん大河内さんピンチだよ
なんてね。

そういや公式の人物相関図が更新されてて、神戸くんが無事に警視に戻ってた事が判明しました。
多分そうだろうなとは思ってたけど、ちゃんと明記されてて良かった

あとキャストにガオブルーの名前あったが、どこにいた?
もしかして青木くんの同僚かな?
彼の小芝居には笑わせてもらいました
ラベル:相棒
posted by 風見零 at 18:44| Comment(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

民衆の敵〜世の中おかしくないですか?〜 1話

千葉くん出演の月9ドラマが始まりました。

彼だけでなく、脚本が黒沢久子さんなのも注目ポイント。
普通のドラマだとどんな作風なのかな?

主人公の篠原涼子さんが市議になって、理不尽な今の社会に一石を投じていくというドラマみたい。
当選までしばらく使うのかと思ってたけど、1話のラストで無事に当選できました。
ていうか、ビーファイの向井博士が体調不良で辞退したからなんだけど。
ここはもうちょっと、ドラマチックな逆転劇が見たかったかも。

千葉くんは、市長お気に入りの新人。
実年齢と同じ28歳の設定です。珍しいな(爆)


ミッチー出演の「明日の約束」は2話。
ここで気が付きましたが、自殺した生徒のクラスメイトにジュウオウのタスクがいたのね。
ジュウオウはコスが派手だったから、学生服だと判らんかった。

仲間由紀恵さんの毒親ぶりもなかなかですが、個人的には手塚里美さんが嫌すぎる。
ちょっと……似たタイプのキャラ知ってるんで

posted by 風見零 at 20:26| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

ロステレコム杯 2017

ネイサン優勝おめ

地上波は余計な煽りがウザいんで裏番組のデースケ出演「世界ふしぎ発見」見てたら、ネイサンが優勝してました
デースケも1問正解おめでとう。

ネイサンの今季のショートはむっちゃカッコいいっす
フリーは不思議な採点で2位だったけど、総合で1位。
4Tがダブルに抜けた時、直前に演技した選手のオタが喜びのあまり奇声をあげるという非常識な真似をしてましたが、動じずに演じ切りました。
ただ一人5種類のクワドを跳び、バレエに裏打ちされた美しい所作で演技し、クレバーでクール。
素敵すぎる……

女子は珍しく転倒があったけど、予定調和でメドベ優勝。
ソチには年齢制限で出られなかったラジオノワが出場してたけど、彼女でさえ今はロシアのトップには届かないんだよね……おそロシア。
樋口新葉ちゃんが3位に入りました。坂本花織ちゃんはショートからひとつ順位を落として5位。
2位に入ったのは今やベテランのコストナー。
他の小娘たち(爆)との、格の違いを見せつけてくれたっす。あの手の選手が今でも頑張ってるのは嬉しいな。

ただ今回は…というか、今回も一番盛り上がった?のはリサイクルマンの場外乱闘
ショートで2ミスし、心ここに非ずだったのかどうかは知らんが、フラワーボーイの渡した絵を受け取ったもののすぐにリンクにポイ捨て。
そのままキスクラへ向かいました。

なにやってやがんだてめえ

その動画が出回って騒ぎになると、案の定オタが「直接フラワーキッズから物を受け取るのはルールで禁じられてる!(ねえよ、そんなルール)」「あの子1人から受け取ったら、不公平だから!!(騒ぎになったのを知ったからか、フリー後にその子1人をバックヤードでもてなすという特別扱い)」「下手に受け付ける前例を作ったら、危険物が彼の手に渡るかもしれないし!!(そんなめんどくさいマネ、誰がやるかっつーの)」
いくら擁護しようが、リサイクルマンが子供が届けてくれたものを、あっさり捨てて顧みなかったって事実は消えて無くならないから。

流石にこの行為を見て「ずっと応援してきたけど無理になった」って人もいました。
テンくんへの故意の妨害発言やら、全プロリサイクルさえ乗り越えたのになんで?と思ったら「彼が自分のことしか考えてなくて、ファンの気持ちなんてどうでもいいと思っていることを、形として見せられてしまったから」だそう。
うん、まあ目が覚めたのは良かったけど、もうちょっと早く気付こうね

他にもオタが、ネイサンのフリーの得点が出た瞬間に拍手も歓声もせず、悲鳴を上げて集団で泣き崩れたとか、エキシでネイサンの登場時も演技の間もフィナーレでも全く無反応(当然ご本尊の出番にはぎゃーぎゃー大騒ぎ)だったりとかのイタい行動を思いっきり映像として残してました。
日本の恥だからマジでやめて
本人たちは「被り物やコスプレしてるのは中国ファンだから」と他人事だけど、ユーロの実況では「Japanese fan」と言われちゃってるんだよ

来週はカナダ。
しょうまが登場します。
間違いなく清々しい試合になることが判ってるだけでもほっとするな。


posted by 風見零 at 20:27| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする