2018年03月29日

三度目に行ってきた

P_20180328_121758.jpg

ジード映画。
オーブは2度だったけど、あと一回くらいは行きそう
だってガイジャグ的に美味しすぎて
内容も、オーブがジードにゲスト出演というより、戦隊のVSみたいにどっちも立ててもらってるカンジ。

ジャグラーのピンチにオーブが現れた時の、インナーワールド的な素顔の会話シーンが1番の萌えポイント。
オーブ最終回のオマージュだってのもあるし、「勝手にしろ」と微笑んだガイに、ちょっと拗ねたような態度を取るジャグラーがもうね〜

ラストシーンで、去っていくガイに少しだけ振り向くジャグラーの切なげな表情も……たまらん

ちなみにグッズ売り場にはリアルタイプのフィギュアも展示されてて。

こっちはオリジン。
P_20180314_153604.jpg

こっちはジャグラー。
P_20180314_153513.jpg

どっちも6、7千円代だけど、ジャグラーの方がちょっぴり高いのは造りが細かいからか、制作個体数の差か?


posted by 風見零 at 20:21| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

言葉狩りかよ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000007-jct-ent&p=2

去年公開された実写版銀魂の監督が、平昌後に金メダリストの言動を「リアルでフィクションを演じてるみたいで恥ずかしい。ちょっと苦手」と評したコラムを掲載。
翌週「あちこちから叱られました」と謝罪しました。

それが先日ツイに「こう思ってる人、結構いるよね」的に紹介されたら、ユヅリストが気付いて監督に凸。
監督はツイで謝罪する羽目に。



どんだけ非常識なんだユヅリスト




あくまでもリサイクルマンを持ち上げてる上で、個人の感想を書いてるだけじゃん。
世界中の人間全員がリサイクルマンを崇め奉るまで、全方位に凸るつもりか?
バカじゃない?

最後「高橋大輔くんは好きだったんだけど」と書いたのも気に入らなかったんだろ。
とっくに引退した人間に、どこまで粘着するんだよ気持ち悪い。

そしてこいういう騒ぎになって「どうせ羽生ファンが悪く言われるんだから、謝罪なんかして欲しくなかった。ゆづの悪口を言ったのは一生許さない」とか言い出す手合いも出てきて、もうカオス。
アンチが利用したとかの被害妄想も広がってます。

自分たちが非常識だからって、一緒にするな。

しかし、ありとあらゆる言論統制を行ってるリサイクルマンの背後って、どれだけ真っ黒なんだろう。
ちょっと怖いわ。




posted by 風見零 at 21:12| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

2018 世界選手権 終了

シングルは最後までハラハラさせられる展開でした。

女子フリーは明け方のライブだったので、録画してから寝て、起きてネットで結果だけチェック。
「え?新葉ちゃん銀!?すげえ。知子ちゃん銅か〜、じゃあ優勝はザギトワだな」と思ったら……


オズモンドかよ!?


朝っぱらから?が頭の周囲に飛びまくりました。

何にせよ、新葉ちゃんノーミスでリベンジ成功おめ。
知子ちゃんはミスありでも表彰台死守。
めでたく来年3枠復活しました。

ザギは、ジャンプ全部後半ブッ込みのリスクがもろに出たカンジ。
一旦負のスパイラルにハマると、抜け出せずにずるずると……まあ、まだ15だし、でもオリンピック金メダル獲れたし、ドンマイ


男子は最終グループが、悪夢のような自爆大会に

その前に友野くんが、若さゆえに怖いものなしな攻め攻めの演技でPBを20点近くも更新。
演技の最中に観客のボルテージがどんどん上がってって、友野くんと一体化していくかのような高揚感が素晴らしかった。
イタリア人って、そういうあけっぴろげなところはいいね。選手もやりやすそう。

でも上位陣はオリンピックに出場した選手も多かったからか、転倒が続出。
しょうまも、最初の4loと4Fで転倒。
足の事もあって、構成どうするんだろうと思ってたら、オリンピックと難度は変えませんでした。
ショートのインタビューで「怒られるかもしれないけど…」って言ったのは、転倒ありきでとにかく難度をそのままにしようという戦略の事かな。
その後も転倒があって、前半終わった時点でコンボ無しに。
でもそれからが凄かった、4T-2T、3A-1lo-3F、3S-3Tと、全部をコンボに。
三連が成功した時は叫びそうになったし、最後のSにTを付けた時はガッツポーズしたよコンボ券使い切りおめ。

終わった後、やっぱり足を痛そうにしてたのが胸に迫った。


本当に足に故障抱えてたらそうなるよねえ?


自己ベストからは遠く及ばないまでも暫定トップ。

その後ボーヤンくんが登場したんだけど……いやあ、ディダクション9なんて初めて見た
どうしちゃったんだ?ショートで4TがUR取られたのに心折れたとか?
こっちもドンマイ。

そしてそのまま、自爆大会で終わろうかというところに登場したのが、ショートトップのネイサン。


凄かった


ぶっちゃけ2位のしょうまとの点差を考えれば、安全策で行ってもあっさりワールドチャンプになれたはず。
でも彼はそんな低い方へ流れるような選択はしませんでした。

本人にも再現は不可能では?と思われてた6クワドに、再びチャレンジ。
しょうまとの点差が50点近いという、圧倒的な強さで優勝。
おめ

けどその構成でも、歴代得点では2位なんだよね。
そして一応1位の記録を持ってるリサイクルマンのオタが「2位じゃないもん、数字的には4位だもん!マスコミの捏造!悪質!」と暴れてます。

アホか。

何度言われりゃ、歴代最高得点が個人ベースだって判るんだ。
ていうか、元々違う試合の得点比較に意味なんてないっつーの。

そいうや、リサイクルマンのオタ、今実写版銀魂の監督に凸ってるんだよね。
「羽生ファンは怖いって噂が流れちゃう」とか言ってるけど、自分たちの行為がそもそも悪質なんだってt自覚持てよ。

ともあれ、しょうまの銀と友野くん5位のおかげで来年も無事に3枠確保。
刑事くんは13位。ライブ放送後に演技が流れたけど、最終グループの自爆大会の後に見ると、結構いいじゃんってカンジ。
お疲れ様でした。

ラベル:宇野昌磨
posted by 風見零 at 21:54| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

今週のジャンプ 2018 17号

●ワンピース

ナチュラルに「なんであいつ、サンジのいいところを並べだしたんだ?」と言っちゃうルフィがオトコマエです。

●鬼滅の刃

あれ、あの浪人が戦国時代の人なら、炭次郎の記憶にあるってなんなんだろう?
炭次郎パパも実は謎の人だったりする?
でもその疑問も解けないうちに、特訓モードに突入しそう。

●Dr・STONE

わたあめかあ……しばらく食べてないな。
そりゃラーメンで釣られるなら、わたあめでも釣られるだろう。

そして意外と女子のことも考えてる千空でした。

●ハイキュー

烏野先攻で始まるも、そこは音駒、一筋縄では行かなそう。
この組み合わせだと、ドラマ的にどっちが勝つか分らないからな〜。

●食戟のソーマ

そっか、鹿肉は以前ソーマとやったんだっけ。
しかし薊パパの「おさずけ」って……

●約束のネバーランド

ゲームって何なんだ?
そしてやっぱりだが、何人かは犠牲が出そう……

●ZIGA

能力によって変形する銃って、ちょっとサイコパスのドミネーターを思い出した。

●ロボレーザービーム

銀狼くんのイメージは、そのまま嗅覚の鋭い狼なのね。
ウルフオル……いやなんでもない

そしてボールがモグラ穴に引っかかることもあるというの、初めて知りました。

●銀魂

やっぱり先週末に登場したの沖田か。
薄い本的には沖田と神楽のファイナルファンタジーもあったらしいが、本編では違ったのか。

●トマトイプーのリコピン

これ、先週読み飛ばしてたら、ネタがカーリングっぽいスポーツネタだったらしい。
そして、何故かストーンを投げるポーズや表情に芸術点が付くと言う設定に。
しかもその芸術点は、ジャッジの好みや好き嫌い、一緒に食事をしたり金銭が絡んだりすることで高く出るという……って、カーリングには芸術点なんて無いから、これぶっちゃけフィ●ュアを揶揄してるんだよね。
大丈夫かそんなネタブッ込んで!?
コミックスに収録される時、この回だけ欠番になったりしませんように。
ラベル:少年ジャンプ
posted by 風見零 at 20:22| Comment(2) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

今週のスーパーヒーロータイム(3月25日)

●仮面ライダービルド

沙羽がウサギ×2の情報を西都に渡したのは、鍋島の家族を人質に取られてたから。
それを一海くんが助け出し、戦兎はタンク×2を使って幻徳に逆転勝ち。

幻徳って、どうにもオレが好きな人生貧乏くじの匂いがプンプンして、嫌いじゃないんだよな〜
一応都民の事も考えてるし。

そんな彼に、パパも「帰って来い」と言ってくれました。


でもここでめでたし×2にしてらドラマは続かない、って訳で難波会長が御堂を消し、スタークの力で自分の顔を御堂に変えちゃいました。
あれ、あくまでも顔を変えるだけで、身体の中身は一緒なのかな?
若返る訳ではなくて、おじいちゃんの顔がおじさんになったって事か。

御堂に成りすまして裏切る気満々です。
さて、どうするどうなる?

●ルパンレンジャーVSパトレンジャー

仲間が敵に取り込まれて、一人残ったメンバーが奪還のために頑張るっていうのは、戦隊あるあるネタ。
ダイレンの壷同人の回もそうでした。
あれは陣の初登場回でもあるから、よく覚えてます。
亮はそのために大リーグボール養成ギブス(違)着けて特訓したっけ
ちなみに昨日は、そのリュウレンジャー、天火星・亮役の和田圭市くんのバースデーでした。おめ

一人残された初美花は、自分に気のある咲也を利用して他の2人を救出。
後ろめたさからした親切を誤解して、咲也は初美花にガチ恋モード。
一方つかさは、初美花たちの仕種から不審を抱いて…そろそろバレ来る?
でも序盤だし、一旦疑惑を持ったもののしばらくはそのままの路線かもね。

細かいんだが、レッド達を助け出した時の初美花の「助けれて良かった」ってセリフが気になりました。
ら抜き言葉が気になる、年寄りの悪い癖(爆)
posted by 風見零 at 21:09| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 12話「大変!ママが来た! 復活のマガオロチ」

今日、本当なら青柳くん福岡の映画館で舞台挨拶やるはすでしたが、福岡空港のトラブルで飛行機が飛ばす行けなかったそう。
そんなことあるのね……

中ボス登場回。
でもこのサブタイだと、ママがマガオロチみたいに読めるぞ(爆)
まあ、ママはある意味オーブワールドで最強だから

ベストセレクションの放送時でも書きましたが、この回の「……で、何だっけ?」「あ、ああ」とか「おい、聞いてんのか?」「悪い」っていうガイとジャグラーのやり取り見て「ん?この2人、以前はこんな軽口叩き合う仲だったんだ」と思ったのが、オーブ沼にハマる第一歩でした。
ママに振り回される2人、ほんとにすき

ただ、ママを誤魔化そうと一生懸命なとこに場違い感満載で登場したジャグラーへ、ガイが「お前、死んとばかり……!?」って言うとこ、「ジャグラー死す」をやってないせいで初見さんには?だったよね。
後、タマユラ姫も「入らずの森」を飛ばされたせいで「どなた様?」状態。
いきなり巨大化して現れるし。
まあ、なんとなく察してください的な?

前半はギャグテイストですが、後半は一転どシリアス。
そういやリアタイでは3分割されてた本編、今回は2分割で、より前半と後半のギャップが凄かった。
レストランではガイに嫌味かます余裕のあったジャグラーも、いざマガオロチが復活するとなると流石にシリアス。


「……お前と直接やり合うのも、これが最後か」


何度聞いてもこの呟きに、決着が付けくっていう喜びの欠片も無いのが……

封印していたゾフィのカードをべリアルのカードで破壊し、マガオロチを目覚めさせるジャグラー。
オーブに変身して、全てのフォームチェンジで挑むも歯が立たないオーブ。
バーンマイトの自爆攻撃にも耐えられて、逆に自分が変身解除になりました。

気を失ったガイに近付き「……これで本当に終わりだ」というジャグラーの呟きも、決してマガオロチがオーブを倒した事を喜んでる訳じゃないんだよね。
僅かに震える指先でカードホルダーに触れ、取り上げて狂ったように高笑いするジャグラー。

全編を視聴し、前日譚のオリサガを経て二度の劇場版を見た後だと、この2人が今ああして一緒に戦ったり、手を貸したり貸されたりする仲にまで戻れたのが、すごく感慨深いっす。

来週はジード劇場版でリクから「似てる!?」と不思議がられたサンブレ登場。
ここからオリジン復活まで、怒涛の展開で何度見てもワクワクするわ
posted by 風見零 at 20:29| Comment(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

2018世界選手権男子ショート

しょうま、欠場も考えたらしい
 
でも彼、責任感強いからな〜。リサイクルマンが逃げた以上、自分に枠取りがかかってるの嫌ってほど判ってるだろうし。
ジャンプ構成は、最初の単独を4Tにして、コンボを3S-3Tにする予定…だったけど、オーバーターンが入って後半が2Tに。
最後の3Aは綺麗に決まりました。
Sにしたって事は、トゥをつく時に痛むのかな。本人は痛み止めとアドレナリンのせいで痛みは感じてなかったから、もっと攻めても良かったかも、フリーは攻めたいと言ってましたが……


無理しないで〜



順位は5位。
クワドひとつアンダー取られたボーヤンくんの下です。
トップはオリンピックの悔しさを晴らしたネイサンくん。
友野くんは11位、刑事くんは14位でした。
刑事くん、得点知った時はどんな失敗したんだと焦りましたが、3Aが2回転になっただけで他は良かったよ。

今回は仕方ないから、2枠になっても構わないよ。無理だけはしないで。
デースケも言ってたように、しょうまにはまだまだ先があるんだから。
その上で、みんなが満足する結果で終われますように(祈)

ラベル:宇野昌磨
posted by 風見零 at 20:40| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする